ステージナタリー - 演劇・ダンス・ミュージカルのニュースを毎日配信

ブラナー・シアター・ライブで水谷八也、ジョン・オズボーンを語る

28

現在上映中の「ブラナー・シアター・ライブ」の関連企画として、1月7日にシネ・リーブル池袋にて、英米文学研究を専門とする翻訳家の水谷八也によるトークショーが行われた。

俳優・映画監督のケネス・ブラナーが率いる劇団の舞台を、世界で上映する「ブラナー・シアター・ライブ」。今回の企画では「冬物語」「ロミオとジュリエット」「エンターテイナー」の3作品が上映された。7日のトークショーは、「エンターテイナー」の上映後に開催。第二次世界大戦後のイギリスを舞台に、廃れゆくミュージックホールに立つコメディアン、アーチー一家を描く。

トークの冒頭で司会進行役の演劇ライター・大堀久美子は、ケネス・ブラナーがなぜ昨年2016年に「エンターテイナー」を上演したのか、その背景について水谷に疑問を投げかける。水谷は「エンターテイナー」の初演が1957年だったこと、その前年にスエズ動乱があったことに触れ、「イギリスはそれを機に、ヨーロッパの列強の中から本格的にダメになっていきました。ジョン・オズボーンはその時代背景の中でこの作品を書いたわけです」と解説。また「昨年イギリスはEUを離脱して、これからどうなっていくのか、さっぱりわからなくなりましたよね。そのわからなさが、イギリスの50年代半ばの空気と似たものがあったのではないかと思うんです」と、2つの時代を重ねたケネス・ブラナーの目線を指摘する。

作者のジョン・オズボーンは、「怒りをこめてふり返れ」で知られる、イギリス現代劇を代表する作家。水谷は今年2017年7月に新国立劇場 小劇場にて上演される「怒り~」の新訳を手がけており、オズボーン作品を考える上で、彼が労働者階級の出身である視点は重要だと指摘する。「それまでのイギリスの演劇界では、ノエル・カワードやテレンス・ラティガンのような、中産階級とか上流階級の、“茶の間劇”と言われるものばかりだったんですね。その中で『怒り~』は、労働者階級出身の夫ジミー・ポーターが、中産階級出身の妻アリソンを四六時中罵るという、まったく毛色の違う芝居だった。規制のものや先行世代に対して、若い人が怒りをぶつけるという芝居です。オズボーンはそういう苛立ちを、ずっと持ち続けていたのだと思います」と語る。「ただそれと同時に、ミュージックホールのような民衆の芸術の中にこそ、信頼し得るものがあるのだという目線もある人物だった」と続け、そんな彼の複雑さが、膨大なセリフと熱量で綴られる作風に反映されていると指摘した。

またトークの最後には、ローレンス・オリヴィエが出演した舞台「エンターテイナー」初演の話題に。水谷は、オリヴィエが「怒り~」終演後の楽屋を訪れ、オズボーンに「何か私に書いてくれないか」と語ったエピソードを披露する。「そのときオズボーンはすでに『エンターテイナー』の1幕を書いていて、オリヴィエはそれを読んでやると決めたんです。これ、すごいことですよ。駆け出しの作家の作品を、国宝級の俳優がやったわけですからね」と水谷が言葉に力を込めると、大堀も「それを今回上演したケネス・ブラナーも、オリヴィエ同様、常に新しいことを求めている人物だと言えますね」と続け、時代を超えて共鳴し合うクリエイターたちの姿に思いを馳せつつトークは終了した。

ブラナー・シアター・ライブ「エンターテイナー」

作:ジョン・オズボーン
演出:ロブ・アッシュフォード
出演:ケネス・ブラナー

「怒りをこめてふり返れ」

2017年7月
東京都 新国立劇場 小劇場

作:ジョン・オズボーン
翻訳:水谷八也
演出:千葉哲也
出演:中村倫也、中村ゆり、浅利陽介、三津谷葉子、真那胡敬二

ステージナタリーをフォロー