ステージナタリー - 演劇・ダンス・ミュージカルのニュースを毎日配信

「RENT」20周年ツアー来日公演開幕!オリジナル演出版で新たに刻む525600分

1038

「レント20周年記念ツアー来日公演」公開ゲネプロより。

「レント20周年記念ツアー来日公演」公開ゲネプロより。

「レント20周年記念ツアー来日公演」が本日12月15日に東京・東京国際フォーラム ホールCにて開幕した。

本公演はブロードウェイミュージカル「RENT」の初演から20周年を記念したツアー。2009年の来日公演以来7年ぶりのオフィシャルツアーとして、トニー賞を受賞したマイケル・グライフのオリジナル演出版で上演される。

ニューヨークのイーストヴィレッジに暮らすシンガーソングライターのロジャーと、映像作家志望のマーク。夢を追い求める人生に現実は厳しく、2人はシェアしているアパートの家賃も払えずにいる。ロジャーは共にHIVポジティブであると知った恋人が自殺を遂げて以来、半年間ロフトに引きこもったきり。一方のマークは、女性弁護士ジョアンとつきあい出した元恋人のパフォーマンスアーティスト、モーリーンに今も振り回されていて……。

ロジャーとマークの親友であるコリンズ、その恋人のエンジェル、階下の住人ミミと、プッチーニのオペラ「ラ・ボエーム」を下敷きに、エイズ、ドラッグ、同性愛、友人の死などさまざまな問題を抱えながらも、夢を諦めず懸命に生きる若者たちの姿を描いた本作。2幕のオープニングを飾る劇中曲「Seasons of Love」の歌詞にある、1年(525600分)の時を経て彼らがたどり着いた居場所を劇場で確かめよう。

公演は12月31日まで。当日券は各開演の約1時間前から販売される。なお日本公演限定のスペシャル企画として、12月24日21:00開演の“クリスマスイブ9PM公演”、12月31日22:15開演の“ニューイヤーカウントダウン公演”を開催。前者は「December 24th 9PM eastern standard time~」の歌詞で始まる劇中曲「Tune Up」の歌い出しにちなみ、後者は2幕目の劇中曲「Happy New Year」が流れるタイミングに合わせて開演時間を設定。どちらも世界初の試みとなる。

「レント20周年記念ツアー来日公演」

2016年12月15日(木)~31日(土)
東京都 東京国際フォーラム ホールC

作詞・作曲・脚本:ジョナサン・ラーソン
初演時演出:マイケル・グライフ
再演出:エヴァン・エンサイン

キャスト

ロジャー:カレブ・ウェルズ
マーク:ダニー・コルンフェルト
トム・コリンズ:アーロン・ハリントン
エンジェル:デイビッド・メリノ
ベニー:クリスチャン・トンプソン
ミミ:スカイラー・ヴォルペ
ジョアン:ジャスミン・イースラー
モーリーン:ケイティ・ラマーク
ほか

ステージナタリーをフォロー