ステージナタリー - 舞台・演劇の最新ニュースを毎日配信

凰稀かなめ主演ミュージカル「花・虞美人」ユナクと清水良太郎が劉邦と項羽に

832

「花・虞美人」制作発表より。左からユナク(超新星)、凰稀かなめ、清水良太郎。

「花・虞美人」制作発表より。左からユナク(超新星)、凰稀かなめ、清水良太郎。

ミュージカル「花・虞美人」が、2017年3月から4月にかけて東京・赤坂ACTシアターほかにて上演される。主演を務めるのは、本作が宝塚歌劇団退団後の初の主演作となる凰稀かなめ

紀元前3世紀の中国を舞台に、美しい娘・虞姫(ぐき)にスポットを当て、項羽と劉邦を新たな視点で描く本作。虞姫を凰稀が、劉邦をダンスボーカルグループ・超新星のユナクが、項羽を清水良太郎が演じる。「朗読劇 私の頭の中の消しゴム」や「若様組まいる」を手がけた岡本貴也が脚本・演出を担当する。

本日8月24日には都内にて制作発表が行われ、岡本、凰稀、ユナク、清水に加え、韓信役の石橋直也、懐王役の小野健斗、樊かい役の岡田亮輔が登壇した。登壇者たちは本日が初顔合わせ。凰稀は岡本に「項羽と劉邦の間で揺れ動く、女性の思いを強く描きたい……んですよね?」とその場で演出意図を確認しつつ、「見守る女性の温かさであったり、せつない気持ちを表現できたら」と意気込みを語った。

岡本は記者から戦闘シーンの有無について尋ねられ、「やらない訳にはいかないなと思っています」とニヤリ。「先ほどキャストの方にも聞かれました」と明かし、「中華風の殺陣って難しいんですよね……」と悩ましい表情を浮かべつつも「ご期待ください」と宣言した。

これに対し石橋は、「この時代設定なので、おそらく使うのは両刃の直刀になると思います。所作も侍とは異なりまして、武道、いわゆるカンフーに近い身のこなしになると思う。上演される機会も少ないので、見どころの1つになると思います」と時代劇への出演で培ってきた知識で見どころを解説。

すると清水は「石橋さんが何を言ってるのか、正直さっぱりわからない状況でございまして」と吐露し、場内の笑いを誘う。「僕、殺陣のシーンが無いってことはないですかね?」と岡本にすがるも「そんなわけないでしょ(笑)」と笑って突き放される一幕も。これを受けて清水は「殺陣は得意ではないので、人一倍練習して、チームワークでカバーしてがんばっていきたいです」と決意を語った。

ユナクは「剣道もボクシングもやってたので、上半身は結構使えるんです。でも下半身は動かないんですよ。足を上まで持ってくのとかできない」と現状を正直に明かし、「でも、がんばります。素晴らしい殺陣になるように」と決意を述べる。小野は「殺陣の出演シーンがあったら、怪我のないように全力を尽くします」とコメント。殺陣の経験が無いという岡田も「呼吸が大事なんだろうなと思うので、チームワークでがんばりたい」と意気込みを語った。

一方の凰稀は「宝塚時代に素手も剣も槍も、たくさんの殺陣をやらせていただきました。今回、私の出番はあるんですかね?」と意気揚々と岡本に尋ねるも「ありません(笑)」と一蹴される。「ですよね」と笑い、「男性陣のかっこいい立ち回りを楽しみにしています」と微笑んだ。

なお趙高役の桑野晃輔、宗義役の今井ゆうぞう、子規役の松田凌からはメッセージが到着。桑野は「演出の岡本さんとは2度目のお仕事となり、とてもうれしいです。『花・虞美人』という作品の1つのピースになれるように精進してまいります」、今井は「東京、大阪、名古屋でお会いできるのを楽しみにしております」、松田は「本日登壇できないこの残念な思いもすべて力に変えて芝居に歌につなげていけたらと思います。尽力してまいりますが、その分、先輩方に存分に甘えていきたいと心に決めております(笑)」とコメントが寄せられた。

ミュージカル「花・虞美人」は、2017年3月26日から31日まで東京・赤坂ACTシアター、4月15・16 日に愛知・愛知県芸術劇場 大ホール、4月22・23日に大阪・森ノ宮ピロティホールにて上演。チケットは本日8月25日12:00より、先行予約を受け付ける。

ミュージカル「花・虞美人」

2017年3月26日(日)~31日(金)
東京都 赤坂ACTシアター

2017年4月15日(土)・16 日(日)
愛知県 愛知県芸術劇場 大ホール

2017年4月22日(土)・23日(日)
大阪府 森ノ宮ピロティホール

脚本・演出:岡本貴也

キャスト

虞姫:凰稀かなめ
劉邦:ユナク(超新星)
項羽:清水良太郎
子規:松田凌
韓信:石橋直也
趙高:桑野晃輔
宗義:今井ゆうぞう
懐王:小野健斗
樊かい:岡田亮輔
ほか

ステージナタリーをフォロー