木村了嘆く、浦島太郎役ながらも我が子に「お椀で鬼ヶ島に行くんでしょ?」

156

ミュージカル「TARO URASHIMA」が、本日8月11日に東京・明治座にて開幕。前日の10日にはゲネプロが行われ、出演者の木村了上原多香子、斉藤暁、崎本大海和泉元彌とよた真帆が囲み取材に応じた。

左から、斉藤暁演じるカメ、木村了演じる浦島太郎。

左から、斉藤暁演じるカメ、木村了演じる浦島太郎。

大きなサイズで見る(全75件)

「TARO URASHIMA」フォトセッションの様子。左から崎本大海、和泉元彌、上原多香子、木村了、とよた真帆、斉藤暁。

「TARO URASHIMA」フォトセッションの様子。左から崎本大海、和泉元彌、上原多香子、木村了、とよた真帆、斉藤暁。[拡大]

個性的なメンバーが多い中、座組のムードメーカーは誰だったかと聞かれた木村は、座長として「みんながムードメーカーで、まとまりに欠けるチームでしたね(笑)」と稽古を総括。記者たちを笑わせたあと、すかさず「でもそこが楽しいんですけど」とフォローする。また、自身の子供に浦島太郎役を演じると何度説明しても「お椀で鬼ヶ島に行くんでしょ?」という反応が返ってくるエピソードを披露。「一寸法師と桃太郎が絡まっちゃってるみたいで、どこにも浦島太郎が出てこないんですよ……」と今回の役どころである“世界一ツイていない浦島太郎”そのままに、嘆いてみせた。

木村了演じる浦島太郎。

木村了演じる浦島太郎。[拡大]

上原は、自身の役どころについて「ネガティブな乙姫ということで、今までに見たことのない面白いキャラクターに仕上がりました」と出来栄えに自信を覗かせる。ソロナンバーについて問われると「『なるべく少なく』と言ったら、たくさんいただいてしまったのでがんばります。ミュージカルですので、ただ歌うだけではなくお芝居もちゃんとできたら」と意気込んだ。

上原多香子演じる乙姫。

上原多香子演じる乙姫。[拡大]

「池鉄(本作の作・演出を手がけた池田鉄洋)ワールドの中を泳いでいます。とても泳ぎ甲斐のある作品。ぜひ観に来てください」と呼びかけたのは、乙姫のじいや・カメ役を演じる斉藤。ソロナンバーに対しては「戦々恐々ですけどね。でもせっかく池田さんが設けてくれた場面ですので、下手なりに楽しんでやっています」と笑顔を見せた。

斉藤暁演じるカメ。

斉藤暁演じるカメ。[拡大]

太郎の親友・ムサシ役の崎本は「太郎のことが好きすぎて(笑)」と自身の役どころについて紹介。「自分が太郎なんじゃないかと錯覚するくらい、『太郎、太郎』と言い続けています。彼に対する熱い気持ちと友情を表現できるようにがんばります!」と抱負を述べた。

左から木村了演じる浦島太郎、崎本大海演じるムサシ。

左から木村了演じる浦島太郎、崎本大海演じるムサシ。[拡大]

和泉は「(自身の役に)『やんごとないスーパースター』という修飾語がついているので、なるべくそうなれるように。出番が少ない中でも自分の役割をしっかり果たしたい」と地上を治める帝役を演じる上での心構えを語る。一方で「通し稽古が始まってから『これ(僕らが)お金払わなきゃいけないんじゃないかな』っていうくらい、贅沢な遊び満載の舞台になっている」と作品全体の魅力についても触れた。

「TARO URASHIMA」ゲネプロの様子。

「TARO URASHIMA」ゲネプロの様子。[拡大]

とよたは乙姫をいじめる継母の鯱姫役にちなみ、頭に大きな黄金のシャチを載せて登場。「小林幸子さんからお借りしてきたんです」「口々に『歩く装置だね』と言われます」と衣装について冗談交じりに語ると、会見場は大きな笑いに包まれる。また、「ストレートプレイで歌わせていただいたことはあるんですが、ミュージカルは初めて。ですので、とても楽しいです」と出演の喜びを語った。

とよた真帆演じる鯱姫。

とよた真帆演じる鯱姫。[拡大]

ミュージカル「TARO URASHIMA」は、おとぎ話「浦島太郎」を池田鉄洋が新たな解釈でリメイクしたオリジナルファンタジー。物語は、木村扮する白髪の老人が若者に昔話を語りかけようとする海辺の場面からスタートする。「むかしむかし、あるところに……」というおなじみのフレーズで、時代は一気に過去へ。生来の運のなさでトラブルを引き寄せる浦島太郎と、引きこもりで卑屈な乙姫が繰り広げる恋物語を中心に、アンコー(土屋シオン)やヒラメン(碕理人)、ダイオウグソクムシ参謀(辻本祐樹)にタカアシガニ将軍(舘形比呂一)と、海の生物をモチーフにしたバラエティ豊かな人物が次々と現れる。

木村は、うだつの上がらない浦島太郎役をコミカルに造形。アイドルソングからバラードまで、さまざまな楽曲をたっぷりと歌い上げる。上原は、卑屈さたっぷりのソロナンバー「生まれてサーセン」からキュートな歌声やダンスを披露するシーンまで、役の魅力を幅広く表現した。

本編に続く第2部は「浦島太郎トリビュート・コンサート~鯛やヒラメの舞踊りSHOW~」。2050年に行われたコンサートという設定で、本作キャストの“末裔”たちによって劇中ナンバーが異なるアレンジで披露されるほか、コントや即興劇なども織り交ぜ、盛りだくさんの内容が繰り広げられた。ミュージカル「TARO URASHIMA」は、8月15日まで上演される。

この記事の画像・動画(全75件)

ミュージカル「TARO URASHIMA」

2016年8月11日(木・祝)~15日(月)
東京都 明治座

脚本:池田鉄洋
演出:板垣恭一

キャスト

浦島太郎:木村了
乙姫:上原多香子
カメ:斉藤暁
ムサシ:崎本大海

甲太子:滝口幸広
ダイオウグソクムシ参謀:辻本祐樹
深海王子:原田優一

アンコー:土屋シオン
ヒラメン:碕理人
丙姫:森田涼花
クロダ氏 / アイ鯛:竹内寿
ダテ氏 / キスシ鯛:中村太郎
ウエスギ氏 / ツメタクシ鯛:月岡弘一
カワイ氏 / チョーネク鯛:桝井賢斗
タケダ氏 / ウバイ鯛:香山佳祐
シタスギ氏 / ヘン鯛:塩川渉
海豚姫 / ムサシの彼女:角島美緒
貴族ヒダリ麻呂:二瓶拓也
コバンザ:高木稟
貴族ミギ麻呂:大堀こういち

タカアシガ二将軍:舘形比呂一
竜王:坂元健児

帝:和泉元彌

鯱姫:とよた真帆

全文を表示

関連記事

木村了のほかの記事

リンク

このページは株式会社ナターシャのステージナタリー編集部が作成・配信しています。 木村了 / 上原多香子 / 斎藤暁 / 崎本大海 / 和泉元彌 / とよた真帆 / 滝口幸広 / 辻本祐樹 / 原田優一 / 土屋シオン の最新情報はリンク先をご覧ください。

ステージナタリーでは演劇・ダンス・ミュージカルなどの舞台芸術のニュースを毎日配信!上演情報や公演レポート、記者会見など舞台に関する幅広い情報をお届けします