ステージナタリー - 舞台・演劇の最新ニュースを毎日配信

国分寺大人倶楽部「ラストダンス」で解散、河西裕介「どうか忘れないで」

158

「国分寺大人倶楽部 最終公演『ラストダンス』」チラシ表。

「国分寺大人倶楽部 最終公演『ラストダンス』」チラシ表。

国分寺大人倶楽部が、「最終公演『ラストダンス』」を7月6日から12日まで東京・シアター711で上演。本公演をもって国分寺大人倶楽部は解散となる。

2007年の旗揚げより、愛、青春、死をテーマに作品を発表してきた国分寺大人倶楽部。2012年「ハローワーク」で活動を休止して以来、今回の最終公演が4年ぶりの本公演となる。上演に際して主宰の河西裕介は「最後だからといって、特別なことはありません。最後まで、ただただ丁寧に、人間を描くだけです」とコメントしている。

河西裕介コメント

4年ぶりの公演が、解散公演になってしまいました。
ごめんなさい。

最後だからといって、特別なことはありません。
最後まで、ただただ丁寧に、人間を描くだけです。

あ、一つだけお願いがあります。
国分寺大人倶楽部という劇団があったこと、たまに思い出してやってください。
たまにでいいんです。

いつか、どこかの劇場で、河西の脚本、後藤、加藤、大竹の演技、井上の美術を見かけた時、
ほんの少しだけ、国分寺大人倶楽部のことを思い出してやってください。

どうか。
どうか忘れないで。

今思うことはそれだけです。

国分寺大人倶楽部 最終公演「ラストダンス」

2016年7月6日(水)~12日(火)
東京都 シアター711

脚本・演出:河西裕介
出演:後藤剛範、加藤岳史、大竹沙絵子、河西裕介 / 林竜三、松本亮、前田昴一、笠井里美、望月綾乃 / えみりーゆうな、藍屋奈々子

ステージナタリーをフォロー