ステージナタリー - 舞台・演劇の最新ニュースを毎日配信

人外ヒロインがいっぱいの「実は私は」、大島崚「好きなタイプ?みんなです」

116

「舞台版 実は私は」公開ゲネプロの様子。

「舞台版 実は私は」公開ゲネプロの様子。

「舞台版 実は私は」が昨日5月11日に東京・新宿村LIVEにて開幕した。

本作は増田英二のマンガ「実は私は」が原作。隠しごとが苦手な男子高校生・黒峰朝陽(大島崚)は、ある日思いを寄せるミステリアスな美少女・白神葉子(飛鳥凛)の正体が実は吸血鬼だったことを知ってしまう。正体がバレると父親に学校を辞めさせられてしまう葉子。果たして朝陽は秘密を守り通せるのか。そんな彼と、彼の周りに次々に現われる、実は正体が宇宙人、未来人、悪魔といったヒロインたちとの絡みに注目したい。

公開ゲネプロ後に行われた会見では、演出のまつだ壱岱が「この『実は私は』はみんなキャラクターが濃くて、どう演出しようかという苦悩を続けてたんですけど、皆さんの演技に助けられて面白い作品になったんじゃないかと思います」と語り、作品の仕上がりに自信を見せた。

大島は「最初は女の子がいっぱいでどうしていいかわからなかった」と回想しつつ、「飲みに行ったり、話したりするうちにみんなの持ってる熱いものとかを聞いて、どんどん刺激をもらって今日に臨めたので最高のスタートを切れたんじゃないかと思います」とコメント。また見どころについて聞かれると「“痴女ダンス”(笑)。バカなことを本気でやるからホントに面白いです」と、カリスマ痴女役の尻無浜冴美らが何度も繰り出すセクシーなダンスと、「あとは白神との恋の結末がどうなるかという展開も見てほしいですね」という2カ所を挙げる。

さらにヒロインだらけの舞台ということで、「個人的にはどの子がタイプなんですか?」と聞かれると、大島は「何を言ってるんですか?(笑)みんな好きです!」と慌てながら答え、周囲の男性陣からは「話が違う」「(特定の名前を)言ってたじゃん」とツッコまれていた。

またブラジャー姿やスカート姿を劇中で披露することになる紫々戸獅狼役の田中彪は「どうなるかなと思ったんですけど、みなさんが『脚がきれいだ』っておっしゃってくれたので幸せです」と心境を語り、会場を笑わせた。

「舞台版 実は私は」は5月15日まで、東京・新宿村LIVEにて上演される。

「舞台版 実は私は」

2016年5月11日(水)~5月15日(日)
東京都 新宿村LIVE

原作:増田英二(「実は私は」秋田書店刊)
脚本・演出:まつだ壱岱

キャスト

黒峰朝陽:大島崚
白神葉子:飛鳥凛
藍澤渚:若林倫香
朱美みかん:永吉明日香
紫々戸獅穂:柴小聖
紅本明里:加藤智子
紅本茜:高木友梨香
銀華恋:三浦菜々子
藍澤涼:葉月ゆめ
黒峰鳴:藤本かえで
黄龍院凜:高橋果鈴
白神桐子:西口杏里沙
カリスマ痴女:尻無浜冴美
フクちゃん:河東杏樹
クール痴女:穂波ゆき

岡田奏:渡邊健太
嶋田結太:早川航太
桜田康介:矢島八雲

紫々戸獅狼:田中彪(特別出演)
白神源二郎:室龍規(特別出演)

(c)増田英二(週刊少年チャンピオン)/じつわた製作委員会

ステージナタリーをフォロー