ステージナタリー - 舞台・演劇の最新ニュースを毎日配信

巨大な円形客席が360°回転!豊洲に新たな劇場、来春誕生

10971

360°シアター StageAround TOKYOの劇場中央に設置される円形客席。

360°シアター StageAround TOKYOの劇場中央に設置される円形客席。

2017年春、TBSテレビが、東京・豊洲に新たな劇場「360°シアター StageAround TOKYO」をオープンさせる。

同劇場の特徴は、1300人の観客を乗せて360°回転する円形の客席。その周囲をステージとスクリーンが取り囲み、全方位型の劇空間を創出する。この劇場システムは2010年10月、オランダのアムステルダム郊外の飛行場跡地にある格納庫において、欧米のエンタテインメントカンパニー・Imagine Nationによって誕生。日本でのオープンが、世界で2番目となる。オランダではアクセスが不便な郊外に位置しているにもかかわらず、オープン以来上演されている「Soldaat van Oranje」はロングランを記録している。

「360°シアター StageAround TOKYO」の建設地は、ゆりかもめの市場前駅前。周辺には11月に豊洲市場がオープン予定で、2020年東京オリンピック・パラリンピックの競技施設、選手村の建設も計画されている。TBSテレビは 「豊洲進化計画」と命名し、劇場と絡めてさまざまなエンタテインメントとともに、豊洲の街を進化させていくことを目指すという。

ステージナタリーをフォロー