エアロ×B'z「AEROSONIC」で11年ぶり競演実現

319

AEROSMITHとB'zによるライブイベント「AEROSONIC」が昨日8月8日、千葉・QVCマリンフィールドにて行われた。

「Mama Kin」で競演した稲葉浩志&スティーヴン・タイラー(左)、ジョー・ペリー&松本孝弘(右)。 (c)Creativeman Productions all rights reserved.

「Mama Kin」で競演した稲葉浩志&スティーヴン・タイラー(左)、ジョー・ペリー&松本孝弘(右)。 (c)Creativeman Productions all rights reserved.

大きなサイズで見る(全5件)

AEROSMITH(8月8日の「AEROSONIC」より) (c)Creativeman Productions all rights reserved.

AEROSMITH(8月8日の「AEROSONIC」より) (c)Creativeman Productions all rights reserved.

大きなサイズで見る(全5件)

B'z(8月8日の「AEROSONIC」より) (c)Creativeman Productions all rights reserved.

B'z(8月8日の「AEROSONIC」より) (c)Creativeman Productions all rights reserved.

大きなサイズで見る(全5件)

「AEROSONIC」は10回目となるジャパンツアーを行うAEROSMITHが、ツアーの関東公演として実施したもの。2組が競演するのは、2002年6月に東京・東京スタジアム(現・味の素スタジアム)で開催された「2002 FIFA WORLD CUP KOREA / JAPAN OFFICIAL CONCERT」以来約11年ぶりとなる。

晴天に恵まれたこの日、トップバッターを務めたのはB'z。昼間の熱気も残る17:30にステージに立った彼らは、最新ベストアルバムに収録の新曲「Q & A」からライブをスタートさせた。その後もB'zはヒット曲の数々や豪快なロックチューンを立て続けに披露し、全16曲を演奏してステージを降りた。

30分のインターバルを挿んで、いよいよAEROSMITHのライブがスタート。ステージ中央から延びる花道に現れたスティーヴン・タイラー(Vo)とジョー・ペリー(G)は、「Draw The Line」から演奏を開始し、年齢を感じさせないステージングで観客を圧倒した。AEROSMITHは昨年秋に発売された最新アルバム「MUSIC FROM ANOTHER DIMENSION!」の楽曲や、70年代、80年代、90年代の代表曲を次々にプレイ。ライブ中盤ではスティーヴンが稲葉と松本孝弘(G)をステージに呼び込み、「Mama Kin」で競演を果たした。AEROSMITHはライブ後半でも大ヒット曲の数々で観客を魅了し続け、全17曲を披露して「AEROSONIC」の幕を下ろした。

なおAEROSMITHは8月11日に愛知・日本ガイシホール、8月14、16日に大阪・大阪市中央体育館で日本単独公演を行う。

※記事初出時より、見出しおよび本文の内容を一部変更しました。

この記事の画像(全5件)

B'zのほかの記事

リンク

このページは株式会社ナターシャの音楽ナタリー編集部が作成・配信しています。 B'z の最新情報はリンク先をご覧ください。

音楽ナタリーでは国内アーティストを中心とした最新音楽ニュースを毎日配信!メジャーからインディーズまでリリース情報、ライブレポート、番組情報、コラムなど幅広い情報をお届けします。