音楽ナタリー - 最新音楽ニュース

「劇場版BAD BOYS J」に乃木坂46白石&生駒が出演

164

11月9日から全国公開される映画「劇場版BAD BOYS J」に、乃木坂46の白石麻衣と生駒里奈が出演することが決定した。

「劇場版BAD BOYS J」は今年4月から6月にかけて日本テレビ系で放送されたドラマ「BAD BOYS J」の続編。中島健人(Sexy Zone)がテレビドラマ初主演を務めたほか、二階堂高嗣(Kis-My-Ft2)、橋本良亮(A.B.C-Z)、橋本奈々未(乃木坂46)、松村沙友理(乃木坂46)、板野友美(AKB48)、トリンドル玲奈などの共演で大きな話題を集めた。

今回白石は元極楽蝶で少年院から戻ってきた圭太(重岡大毅 / 関西ジャニーズJr.)の恋人・奈緒役を熱演する。白石は初の映画出演について、「役に近づけるように何度も何度も台本に目を通し、自分なりの『奈緒』を表現しました。初めての演技は戸惑うことも多かったですが、とても勉強になることが多く、今後は女優としても挑戦していきたいと思っています。この作品をたくさんの方に観ていただけたらうれしいです!」と意気込みを語っている。

また生駒はテレビドラマの最終回でサプライズ出演した際に演じた、極楽蝶の陽二(岩本照 / Snow Man)が思いを寄せるお好み焼き屋「たみちゃん」のアルバイト・愛莉役として再び登場。生駒は「ドラマのほうに出演させていただいたときもすごく緊張して、またたくさん勉強させていただきました。なのに映画にも出させてくださって正直うれしいし、チャンスだと思って一生懸命がんばりました。私は演技経験があまりないので、多分ぎこちないかもしれませんが、楽しんで観てくださったらうれしいです!」とコメントしている。

なお日本テレビプロデューサーの植野浩之は白石の起用について、「今回の白石さんの役は、複雑な思いを背負った男・圭太を支える女性。怜悧で圧倒的に目立つルックス、しかもミステリアスな雰囲気を持つ女性をイメージし、この役を白石さんにお願いしました。白石さんのとび抜けた存在感が、映画からの新キャストとして『BAD BOYS J』の世界に入ったとき、新しい何かを生み出してくれると期待しています」と説明。

生駒についても「生駒さんは、ドラマの最終回に少し登場していただきましたが、とても大きな反響を呼んでくれているようです。乃木坂46の顔と言える生駒さんの登場は、ドラマ版よりも一層乃木坂46キャスト陣のインパクトを強めてくれるはずです」と話しており、さらに「白石さん、生駒さん、演技初挑戦のお2人ですが、とてもフレッシュな魅力を放ってくれているので、乃木坂46新旧センターの共演をぜひ楽しみにしていただければと思います」と2人の演技に期待を寄せている。

音楽ナタリーをフォロー