音楽ナタリー - 最新音楽ニュース

SKE48中西、卒業メンバーに約束「誇れるグループにする」

228

SKE48の桑原みずき、高田志織、平松可奈子、矢神久美が昨日4月18日、愛知・栄のSKE48専用劇場にて卒業公演を行った。

公演は「恋を語る詩人になれなくて」からスタート。この日は北原里英がSKE48の兼任メンバーとしてチームSに所属してから初めてのフルメンバー公演となった。

最初のMCでは「チームSについて」というお題でメンバーそれぞれがチームの思い出などを語る。メンバーたちが何度も言葉に詰まり、必死に涙をこらえる中、矢神は「チームS公演は楽しいことだらけでずっと笑っていた。だからこれからはチームSのことを思い出して笑っていきたいと思います!」といつものように満面の笑顔を見せた。

その後は担当のユニット曲をそれぞれ披露。平松は松井珠理奈、木下有希子とともに「思い出以上」で渾身のダンスを見せ、矢神は木崎ゆりあとの最後の「狼とプライド」を笑顔のまま終える。そして桑原と高田は「女の子の第六感」で軽やかなパフォーマンスを展開し会場を沸かせた。

全体曲「仲間の歌」では会場のファンも小さなメガホンを持ち、メンバーと一緒に曲を盛り上げた。そして最後は「水のないプール」で桑原がセリフ部分を担当し、感動に包まれたまま公演本編を終えた。

この日のアンコールでは「みずき! しーたん! かなこ! くーみん!」というコールが起こり、ステージに登場したメンバーは「楽園の階段」「ピノキオ軍」の2曲を披露。ここで卒業メンバーによる特別プログラムとして、まずは高田が出口陽、中西優香とともに「ハート型ウイルス」をかわいらしく歌い上げ、続いて平松はソロで「夜風の仕業」をしっとりと歌唱した。

そして矢神は須田亜香里、木下とともに「抱きしめられたら」をセクシーにパフォーマンス。最後に登場した桑原は通称「桑原ダンサーズ」と命名された加藤るみ、木崎、市野成美、江籠裕奈、新土居沙也加、藤本美月、二村春香、宮前杏実とともに「オキドキ」をオリジナルのダンスで披露した。このダンスや歌割りはすべて桑原が考案したもので、それを知ったメンバーたちは驚きの表情を見せた。

続いて中西から卒業メンバーに向けた手紙が読まれる。中西は「みんながいなかったら私はここまでやってこれなかったって思います。本当にかけがえのない存在で出会えたことに感謝していますし、一緒に同じ時間を過ごせてよかったです。卒業は寂しいですけど、みんなが望んで夢に向かって選んだことだから寂しい気持ちのぶんだけ全力で応援したいと思います。これから歩む道は分かれてしまうけど、心はともにあると信じてます。ありがとう、大好き! ……いや、愛してます!」と泣きながらも、最後は笑顔で卒業メンバーに気持ちを告白した。

卒業メンバーからも1人ひとり最後のメッセージが語られる。高田は「今日が最後って思わないくらい楽しくて、終わりたくなくて、もう1回公演をやりたいくらい。こんなに素敵な卒業公演ができて本当に幸せだなって思います。SKE48に入ってたくさんの人に出会えて、たくさんの人にパワーをもらうことができました。これからは違う形で皆さんを笑顔にしていきたいです。本当にありがとうございました」とコメント。続けて矢神は「SKE48に入って楽しいこともつらいこともいっぱいありましたが、みんながいつも温かい言葉をかけてくれて、たくさん救われました。私はSKE48で活動しているときが一番笑顔でいられました。そして私は“きっと明日もにゃはっぴー”でいると思うので皆さんも“にゃはっぴー”でいてください。ありがとうございました!」と最後はいつもと変わらぬ笑顔を見せた。

そして平松は「私は正直、最初は公演が好きじゃありませんでした。ダンスもうまくないし公演でファンの人を増やすことは私にはできないって思ってました。でもあるときから公演というものは自分の成長を見せることができる最高の場所なんだっていうことに気付いて。それからはつらいことやへこむことがあっても、この場所があればがんばれるって思いながらやってきて、いつの間にか公演が大好きになっていました」と告白。さらに平松は「明日からSKE48じゃないなんてすごく嘘みたいで、メンバーともっと一緒にいたいって思ったりするんですけど、でも自分には叶えたい夢があるので皆さんにいい報告できるように私は前向きにがんばっていきたいと思います。約4年半、皆さんから1番をもらうことが何よりも幸せでした」と涙を流しながら感謝の気持ちを語った。

最後に桑原は「私は本当に公演が一番好きでした。選抜でも選抜じゃなくてもこの舞台には踊る場所があって、しゃべる機会があって、本当に私はここでずっとがんばっていきたいと思うくらい好きでした。だから卒業を決めたときにもスタッフさんに『公演だけは出れませんか?』と聞いたくらい心残りです。でもそれを自分で終わらせてまで夢へ向かって一歩進むことを私は決めたので、そんなに甘い決心ではないです」と自身の強い思いを告白した。

続けて桑原は「これからはこれまでの経験を糧にして1人でがんばっていきたいと思います。あとSKE48で(加藤)るみをはじめ、たくさんのかわいい後輩が昇格してうれし泣きするところを見られてよかったです。この4人がこのステージにいたことを忘れないでください。ありがとうございました!」と力強く語った。その言葉を受けて中西は「4人が明日からいなくなるのは想像できないけど、SKE48にいてよかったって誇れるようなグループにしていくのでこれからも見守っていてください」と大粒の涙を流しながら4人に最後の言葉を贈った。

そして最後には「手紙のこと」を全員で歌唱。卒業メンバーは4人揃って「ありがとうございました!」と叫びステージをあとにした。なおナタリーでは公演終了後、桑原、高田、平松、矢神に加えてリーダーの中西、そして松井珠理奈に卒業公演の感想を聞いた。

桑原みずきコメント

最後の「オキドキ」は人選から歌割り、立ち位置まで私プロデュースです! みんな一緒に踊れてうれしいって言ってくれたので感激しました。時間がなくて厳しくレッスンしたんですけど、今日すごくいいパフォーマンスができたので感動しましたね。

これからはメンバーみんなで切磋琢磨しながら劇場と公演を守り続けてほしいです。みんなで力を合わせていろんなところを補い合いながらがんばってください。

高田志織コメント

今でも終わった感じがしなくて、最初から最後まで楽しかったです。この最後の公演は笑って終わりたかったので泣くのはずっと我慢しました。

チームSのメンバーは特別な存在で、組閣でチームはバラバラになってしまうけど、絶対にこの4年半のことは忘れないと思うし、その気持ちを持ってがんばってほしいです。みんな強いのできっと大丈夫。本当に頼もしいですから!

平松可奈子コメント

公演中、ずっと泣くのを我慢してたけど「思い出以上」でいろんなことがフラッシュバックして泣きました。実は「思い出以上」はずっと苦手だったんですけど、今日までやってきて本当によかったなって思いました。

私は引っ張っていくタイプではなくて後輩の指導とかできなかったんですけど、みんなに分け隔てなく優しくしたいという気持ちは伝わっていたんじゃないかなと。だからこれからも悩みがあったら卒業生に助けを求めてきてくださいね。

矢神久美コメント

卒業した実感がまだ沸かないです(笑)。来週にも自分が公演に出てるような気がしますね。私は本当にいい仲間とファンの方に出会えたなっていうのを実感しました。

本当にチームSのみんなと出会えてよかった。みんながんばり屋さんだから無理をしないで、まずは自分が楽しむことを第一にがんばっていってほしいです。私はこれから自分なりにがんばっていきます!

中西優香コメント

4人が最後に卒業衣装でステージに出てきて本当にきれいでした。最後まで彼女たちらしかったですよね。今日の公演は本当にいい形で終われたと思います。正直、4人がいなくなって不安もあるんですけど、彼女たちが不安にならないようなSKE48を作っていかないといけません。私がキャプテンになったことを誰よりも喜んでくれたのが卒業した4人だったので、本当にがんばります。

これからは“いい意味で変わらないSKE48”、そして“いい意味で変わっていくSKE48”にしたい。グループとして進化した姿を彼女たちにも、そしてファンの方々にも見せていきたいと思います。

松井珠理奈コメント

最初から最後まですごく楽しかったんですけど、卒業する4人とはこれで最後っていう感じがしません。きっと次の公演でいなくなったことを初めて実感すると思います。だからその日を迎えるのがちょっと嫌なんです。でも今日とてもいい言葉をみんな言っていたので私も前を向いていかないといけませんよね。

今のチームSはもちろん最高にいいチームですけど、新しいチームSも楽しそうです。踊れてしゃべれるメンバーが集まっているから公演には最適だなと思いました。だからダンスナンバーがたくさんある公演にしたいですね。元気でパフォーマンス力のあるチームを目指します!

音楽ナタリーをフォロー