八代亜紀×小西康陽=ジャズ?「夜のアルバム」対談

137

10月10日にリリースされ大きな話題を集めている、八代亜紀の本格的ジャズアルバム「夜のアルバム」。ナタリーではこのアルバムの魅力を探るべく、八代亜紀とアルバムプロデューサー小西康陽による対談を行った。

八代亜紀(写真左)と小西康陽(右)のツーショット。

八代亜紀(写真左)と小西康陽(右)のツーショット。

大きなサイズで見る(全2件)

10代で熊本から単身上京し、ジャズを歌うクラブシンガーとして歌手活動をスタートさせた八代亜紀。現在は日本を代表する“演歌の女王”として不動の地位を築いた彼女が、原点に立ち返って制作したのがこの「夜のアルバム」だ。小西との対談では、静謐なムードに満ちたアルバムの世界観とは裏腹な八代のキュートな側面が全開。笑いの絶えない1時間となった。

なお11月9日には、東京・ブルーノート東京にて一夜限りのスペシャルライブ「An Evening with AKI YASHIRO」が開催される。前売チケットは1stステージ、2ndステージともに完売。ブルーノートオフィシャルサイトにはジャズシンガー、ヘレン・メリルから八代へのメッセージコメントが寄せられている。

この記事の画像(全2件)

関連する特集・インタビュー

関連記事

八代亜紀のほかの記事

リンク

関連商品

このページは株式会社ナターシャの音楽ナタリー編集部が作成・配信しています。 八代亜紀 / 小西康陽 の最新情報はリンク先をご覧ください。

音楽ナタリーでは国内アーティストを中心とした最新音楽ニュースを毎日配信!メジャーからインディーズまでリリース情報、ライブレポート、番組情報、コラムなど幅広い情報をお届けします。