音楽ナタリー - 最新音楽ニュース

AKB48仙台握手会イベントでラッピングバス贈呈式

112

本日4月14日、宮城・日本製紙クリネックススタジアム宮城にてAKB48が「『フライングゲット』『風は吹いている』全国握手会イベント 東北エリア」と題したイベントを開催した。

AKB48はこれまで東日本大震災の復興を願い、被災地訪問や義援金寄付などを行ってきたが、今回は「被災地に元気を届けたい」という思いのもと、震災後2回目となる東北エリアでのイベントを実施した。

イベントには板野友美、大島優子、河西智美、柏木由紀、北原里英、倉持明日香、小嶋陽菜、指原莉乃、篠田麻里子、高城亜樹、高橋みなみ、前田敦子、峯岸みなみ、宮澤佐江、横山由依の計15人が参加。昨年リリースされた「フライングゲット」「風は吹いている」のシングル購入者約6000人が詰めかける中、AKB48は最新シングル「GIVE ME FIVE!」をバンドの生演奏で披露した。彼女たちは続く「ヘビーローテーション」も、そのまま生バンドで演奏。AKB48の熱演に、東北のファンは大きな声援を送った。

演奏を終えると、大島優子が「5カ月ぶりに東北の皆さんに会いにきました。今日は久しぶりの東北ということで、皆さんと一緒に盛り上がっていきたいと思います」と笑顔で挨拶。その後もAKB48は震災復興応援ソング「風は吹いている」をはじめ、「フライングゲット」「誰かのために -What can I do for someone?-」など全9曲を歌唱した。

その後、ステージ上では被災地の送迎用マイクロバス「AKBus」の贈呈式も実施された。これは被災地で送迎用車両として、宮城、岩手、福島の東北3県に各10台ずつ、全30台のラッピングバスを贈呈するというもの。高橋みなみは「このバスが皆さんの足に少しでもなってくれればいいなと思っています。AKB48はこれからも被災地復興支援活動を続けてまいりたいと思います」と挨拶すると、宮城県山元町の副町長・平間英博に目録を手渡した。平間副町長は「今回、頂戴したこの車を町民バスとして活用させていただきたいと思います」と、AKB48のメンバーに向けて感謝の言葉を贈った。

なお、AKB48は明日15日にも同会場でシングル「GIVE ME FIVE!」の握手会イベントを行う。

音楽ナタリーをフォロー