氣志團vsPOLYSICS、リキッド対バンでコスプレ合戦

266

氣志團の結成15周年およびメジャーデビュー10周年を記念した対バンライブシリーズ「極東ロックンロール・ハイスクール」の第17弾公演「~トイスで会おうぜ!~ 氣志團 vs POLYSICS」が、昨日10月4日に東京・LIQUIDROOM ebisuにて行われた。

アンコールで「Let's ダバダバ」を披露する氣志團とPOLYSICS。写真左のどこかで見たことがあるスタイルの人物は白鳥雪之丞(氣志團)。

アンコールで「Let's ダバダバ」を披露する氣志團とPOLYSICS。写真左のどこかで見たことがあるスタイルの人物は白鳥雪之丞(氣志團)。

大きなサイズで見る(全12件)

学生服姿でファンタの一気飲みをするハヤシ(POLYSICS)。

学生服姿でファンタの一気飲みをするハヤシ(POLYSICS)。

大きなサイズで見る(全12件)

「俺たちには土曜日しかない」を微熱DANJI、早乙女光とともに歌う綾小路翔(氣志團)。

「俺たちには土曜日しかない」を微熱DANJI、早乙女光とともに歌う綾小路翔(氣志團)。

大きなサイズで見る(全12件)

終演後に記念撮影を行う氣志團とPOLYSICS。

終演後に記念撮影を行う氣志團とPOLYSICS。

大きなサイズで見る(全12件)

先攻のPOLYSICSのライブでは「Heavy POLYSICK」に乗ってメンバー3人が登場。いつもどおりのつなぎ姿を想像していたオーディエンスの前に現れた3人は、ハヤシ(G, Vo, Syn, Programming)、ヤノ(Dr, Vo)だけでなくフミ(B, Vo, Syn)まで学生服に黒ブチメガネ姿。どよめきと歓声が起こる中、ハヤシは礼儀正しくフロアに向けて一礼し、最初のナンバー「How are you?」を鳴らし始めた。

メガネが飛んでいきそうなぐらい激しい演奏でオーディエンスの熱気を急上昇させた後は、「Beat Flash」へ。ヤノのドラムが時にタイトに、時にどっしりと響き渡り、会場の空気を自在に操っていく。その後も「Mach肝心」「Shizuka is a machine doctor」と、強力なナンバーを立て続けに繰り出し、双方のファンを楽しませた。

「トイス! トイス! 2コ下の後輩、POLYSICSです!」とハヤシが挨拶。「今日は氣志團先輩に呼び出されたので、学ラン着てきました(笑)」とこの日の衣装について説明すると、フミは「……これさ、すっごいメガネが曇るんだよね(笑)」と、いつもと違う衣装に苦労している様子をうかがわせた。

ハヤシの「氣志團先輩、メジャーデビュー10周年おめでトイス!」という祝辞に続いては「ワチュワナドゥー」。間奏ではハヤシがいつものビール一気飲みではなく、ファンタ一気飲みを披露して会場を沸かせる。「Digital Coffee」ではハヤシの煽りに応えてオーディエンスが一斉に腕を振り、一体感を高めていく。強力なビートに乗せたハヤシ、フミのコーラスワークが冴えわたった「人生の灰」、複雑に変化するサウンドでフロアを翻弄した「ワトソン」と、幅広い選曲で会場を盛り上げた。

いつもどおり「トイス!」を連発していたハヤシは、KISSESに向けて「この『トイス!』っていうのはPOLYSICSが作った挨拶なので(笑)。乾杯のときとかタクシーを止めるときとか、久しぶりに会った友達とかに向かってぜひ使ってみてください」と解説。そして約10年にわたるという氣志團との親交について「もう10年ぐらい前に新宿JAMで共演したり、昔はレーベルメイトだったり。いろいろ懐かしいんだけど全部話すと持ち時間終わっちゃうんだよね(笑)。2001年に新宿リキッドルームでライブをやったときは翔やんと光ちゃんとユッキが学ランで来てくれて、めっちゃダイブしてたりして(笑)」と、昔の思い出を楽しそうに語っていた。

後半戦ではライブでおなじみのアッパーチューンをノンストップで披露。3人ともメガネを外し、アグレッシブなパフォーマンスでフロアを熱狂に導く。「シーラカンス イズ アンドロイド」ではハヤシの「暴れろー!」という絶叫に煽られ、激しいモッシュが起こる。「Let's ダバダバ」でフロアの全員が手拍子を鳴らした後は、ラストチューン「BUGGIE TECHINICA」へ。この日一番の熱気が渦巻く中、POLYSICSのライブが終了した。

続いて氣志團のライブが始まる。メンバーが順番にステージに登場し、綾小路翔(Vo)と早乙女光(Dance & Scream)が現れるとひと際大きな歓声が沸き起こる。「房総スカイライン・ファントム」で綾小路と早乙女の華麗な振り付けが決まり、続く「ゴッド・スピード・ユー!」「キラ キラ!」でオーディエンスも一気に踊り出す。KISSESだけではなく、POLYSICSファンもせっかくの機会を楽しむかのように同じ振り付けで踊っていた。綾小路は「ド平日からありがとう! みんな大丈夫、POLYSICSで疲れ果ててない?(笑) せっかくだから最後まで楽しもうぜ!」と挨拶。さらにステージ上とフロアが一体となってタオルを回した「DxDxD」、ダンサブルなビートで会場を揺らした「Baby Baby Baby」と、テンションが上がる強力チューンの連発でオーディエンスを踊らせる。

その後のMCで綾小路は、今回の対バンシリーズの趣旨を改めて語った。「メジャーデビュー10周年の今年を何に使おうかとみんなで話し合って『俺たちは何に重きを置いてやってきたか、GIGじゃないか。全身でぶつかる瞬間が一番大事だ』と思って、今回の対バン企画を決めました。今一番イケてるライブバンドとぶつかったらどうなるのか、俺たちにどのくらいの力があるのか確かめようと、ぜひ胸を貸してください!って果たし状を叩きつけるつもりでいろんなバンドに話したら、みんなビビることなく『あ、いっすよいっすよ』って受けてくれて(笑)」。その中でも10年来の付き合いであるPOLYSICSに対しては「出会って10年で初めての2マンライブで。今日は不思議なテンションなんだよね、だってデビュー前から今日までずっと同じ格好してるヤツなんてそんなにいないよ(笑)。でも俺たちとPOLYSICSは、あと10年後もこの格好してると思うぜ!」と、特別な思いを明かしていた。

ライブの後半では星グランマニエ(G)の柔らかく美しいボーカルが響いた「オールナイトロング」、さらに「俺たちには土曜日しかない」「One Night Carnival」を披露。「One Night Carnival」では綾小路が「お前らが歌わなければ、フミちゃんの家のポストに弱った鳩を2羽入れるぞ! そしたらフミちゃんちの猫がガブッといっちゃうかもしれない。まあフミちゃんはああいう性格だからあんまり気にしないで『うちで鳩が死んじゃってさー』って喋るだろう、そうしたらハヤシ君がショックを受けて音楽を止めるかもしれないぞ!」と、恒例の“鳩ネタ”を変化球でかまし、会場が一体となった合唱に導いていた。

アンコールで再びステージに登場した氣志團の6人は、「K」のマークが入ったオレンジのつなぎにバイザー姿。大歓声を受けた綾小路は「今日は1日これでやりたかった(笑)。夢でございました」とPOLYSICSのコスプレを楽しんでいる様子を見せる。その後登場したPOLYSICSの3人はいつものグレーのつなぎ姿で、綾小路は「本物だ!(笑)」と喜んでいた。

初の直接対バンを果たしたハヤシと綾小路は「こういうのなかったですよねえ。DJイベントとかではよく一緒になってるけど」「対バンやってる気がしてたけど、酒飲んでただけだったんだね(笑)」と振り返り、アンコール曲としてPOLYSICSの本編でも披露した「Let's ダバダバ」をセッション。10年来の付き合いならではの息の合ったパフォーマンスで、お互いのファンを熱狂させた。

氣志團 Presents 極東ロックンロール・ハイスクール

~ももクロちゃんに逢えちゃうよぉ~ウレPギャ~ス!!~ 氣志團 vs ももいろクローバーZ
2011年10月11日(火)東京都 SHIBUYA-AX
OPEN 18:00 / START 19:00

~魁!!クロマニヨン高校~ 氣志團 vs ザ・クロマニヨンズ
2011年10月25日(火)東京都 SHIBUYA-AX
OPEN 18:00 / START 19:00

~夢一夜(ワンナイト・ドリーム・カーニバル)~ 氣志團 vs 森重樹一
2011年11月6日(日)東京都 LIQUIDROOM ebisu
OPEN 18:00 / START 19:00
一般発売日:2011年10月8日(土)

~枕連(マクラーレン)~ 氣志團 vs the pillows
2011年11月8日(火)東京都 Shibuya O-EAST
OPEN 18:00 / START 19:00
一般発売日:2011年10月15日(土)

~3年B組金爆先生~ 氣志團 vs ゴールデンボンバー
2011年11月10日(木)東京都 Zepp Tokyo
OPEN 18:00 / START 19:00
一般発売日:2011年10月22日(土)

~サーチアンドデスとロイとグローリアとアレとソレとコレと恋しさとせつなさと心強さと部屋とYシャツと私~ 氣志團 vs The Mirraz
2011年11月16日(水)東京都 SHIBUYA O-EAST
OPEN 18:00 / START 19:00
一般発売日:2011年10月22日(土)

~10 PUNKS~ 氣志團 vs THE MODS
2011年11月21日(月)東京都 SHIBUYA-AX
OPEN 18:00 / START 19:00
一般発売日:2011年10月29日(土)

~呼ばれて 飛び出て ジェジェジェジェイ!!~ 氣志團 vs J
2011年11月24日(木)東京都 SHIBUYA-AX
OPEN 18:00 / START 19:00
一般発売日:2011年11月5日(土)

~さよならは11月のララバイ~ 氣志團 vs 吉川晃司
2011年11月29日(火)東京都 SHIBUYA-AX
OPEN 18:00 / START 19:00
一般発売日:2011年11月12日(土)

~星と屑達のステージ~ 氣志團 vs 藤井フミヤ
2011年12月7日(水)東京都 Zepp Tokyo
OPEN 18:00 / START 19:00
一般発売日:2011年11月19日(土)
オフィシャルサイト先行予約受付:2011年10月15日(土)21:00~23日(日)23:00

~三人の若者と六人のおじさんのすべて~ 氣志團 vs フジファブリック
2011年12月13日(火)東京都 SHIBUYA-AX
OPEN 18:00 / START 19:00
一般発売日:2011年11月26日(土)

~大きなフィートの木の下で~ 氣志團 vs 10-FEET
2011年12月14日(水)東京都 LIQUIDROOM ebisu
OPEN 18:00 / START 19:00
一般発売日:2011年11月26日(土)
オフィシャルサイト先行予約受付:2011年10月15日(土)21:00~23日(日)23:00

~おれがあいつであいつがおれで~ 氣志團 vs DJ OZMA
2011年12月21日(水)東京都 Zepp Tokyo
OPEN 18:00 / START 19:00
一般発売日:2011年12月3日(土)
オフィシャルサイト先行予約受付:2011年10月15日(土)21:00~23日(日)23:00

この記事の画像(全12件)

氣志團のほかの記事

リンク

このページは株式会社ナターシャの音楽ナタリー編集部が作成・配信しています。 氣志團 / POLYSICS の最新情報はリンク先をご覧ください。

音楽ナタリーでは国内アーティストを中心とした最新音楽ニュースを毎日配信!メジャーからインディーズまでリリース情報、ライブレポート、番組情報、コラムなど幅広い情報をお届けします。