音楽ナタリー - 最新音楽ニュース

スマイレージ、小川紗季ラストステージでメンバー号泣

114

昨日8月27日、愛知・名古屋東別院ホールでスマイレージの6thシングル「有頂天LOVE」購入者特典イベントが開催された。

この日をもってメンバーの小川紗季が、スマイレージおよびハロー!プロジェクトを卒業。スマイレージには先日5人のサブメンバーが加わったばかりだが、今回のイベントは小川と和田彩花、前田憂佳、福田花音の初期メンバー4人で行われた。また、この日行われた3回の公演は、すべて異なるセットリストで実施。これまでの集大成と言えるような楽曲構成で、各回とも会場は終始大きな盛り上がりを見せた。

イベントは新曲「有頂天LOVE」からスタート。4人の登場で客席の熱気は一気にヒートアップしていく。曲間のMCでは、小川が「今までたくさんの応援、本当にありがとうございました。これからは普通の女の子としてスマイレージを応援します! 今日は最後の最後まで大盛り上がりでいきましょう!」と笑顔で客席に挨拶。続けてリーダーの和田は、「この4人でのスマイレージは今日で最後ですが、新しく加わったメンバーと一緒に、さらにパワーアップするように24時間年中無休笑顔でがんばります! スマイレージの第二章が始まりますので、応援よろしくお願いします」と意気込みを語った。

終盤のMCコーナーでは、それまで笑顔だった4人も最後には涙をこらえることができなくなり、客席からもすすり泣きが聞こえる状況に。そして、ステージ上で涙する小川に向けて、客席から小川の愛称「サキチィー」コールが鳴り響いた。

3回目のステージで実施されたアンコールでは、インディーズ時代の1stシングル「ぁまのじゃく」が披露され、これに合わせるかのように客席が小川のイメージカラーである黄緑色のペンライトで染まった。

こうして、小川にとってスマイレージでのラストステージは終了。イベント後にはファンとの最後の握手会も行われ、笑顔で来場者を見送った。

今後スマイレージは、サブメンバー5人を迎えた8人編成で稼働する。9月10日からは全国ツアーがスタートし、9月28日には7thシングル「タチアガール」をリリースする。

音楽ナタリーをフォロー