北乃きい主演ドラマ「おじ恋」オープニングは宮川愛李、エンディングは荒井麻珠

75

TOKYO MXで2月14日(月)より放送される連続ドラマ「おじさんが私の恋を応援しています(脳内)」のオープニング主題歌を宮川愛李が、エンディング主題歌を荒井麻珠が担当する。

「おじさんが私の恋を応援しています(脳内)」ビジュアル (c)井野ジュン・COMICポラリス / TOKYO MX

「おじさんが私の恋を応援しています(脳内)」ビジュアル (c)井野ジュン・COMICポラリス / TOKYO MX

大きなサイズで見る(全6件)

「おじさんが私の恋を応援しています(脳内)」は井野ジュンによるマンガを原作としたラブコメディ。引っ込み思案なOLの主人公・宮下まつりと彼女が思いを寄せる取引先のイケメン営業マン・樹、ひょんなことからまつりの脳内に憑依してしまう52歳のサラリーマン・誠一郎の“三角関係”が描かれる。まつり役は北乃きいが、樹役は笹森裕貴が、誠一郎役はアキラ100%が演じる。

宮川愛李が歌うオープニング曲「キミトソーダ」は、恋愛の楽しさと悲しさの両面を表現した明るくキュートなナンバー。この曲について宮川は「今の私が考える『恋とは』の問いに対する私の答えは楽曲の中に潜んでいます」とコメントしている。「キミトソーダ」はドラマ初回翌日の2月15日より配信がスタートする。

荒井麻珠によるエンディング曲「I n f i n I t y」は優しくも力強い荒井の歌声が印象的な楽曲。荒井は曲に込めた思いを「この曲を聴いて下さる方々の明日が今日よりもキラキラになりますように。そんな願いも込めて歌いました」と明かしている。本日1月25日にYouTubeで公開されたドラマの予告編60秒動画では「キミトソーダ」「I n f i n I t y」の一部を試聴できる。

この記事の画像・動画(全6件)

宮川愛李 コメント

今回タイアップのお話をいただいて、何かひとつ「恋とは」という問いに関する答えを見つけることを目標に作詞しました。
想う誰かに怒ったり笑ったり、人を愛することに全力でいる姿は、誰しも美しいものだと感じます。
今の私が考える「恋とは」の問いに対する私の答えは楽曲の中に潜んでいます。
また、恋が始まる瞬間、ソーダの炭酸のように湧き上がる興奮感を感じるイメージを楽曲に取り入れるため、タイトルは「キミトソーダ」に決定しました。

荒井麻珠 コメント

聴く度に心に光が差し込まれるような気分になって、聴く度にどんどん好きになる。そして私にとっては、素直に泣ける楽曲です。
この曲を聴いて下さる方々の明日が今日よりもキラキラになりますように。
そんな願いも込めて歌いました!

北乃きい コメント

今回のオープニング主題歌「キミトソーダ」は“愛されていたいってそんなにズルくて悪いことですか?”という歌詞が印象的でワクワクドキドキする音楽と、作品のイメージがぴったりでとっても可愛らしいです。
宮川さんの可愛い歌声にキュンキュンします。

荒井さんのエンディング主題歌「I n f i n I t y」を初めて聴いた時、優しい歌声の中に芯があってまつりがだんだん前向きになっていく姿が楽曲から想像出来て嬉しかったです。
こちらも荒井さんのどんな事があっても突き進んでいくぞというメッセージが込められているような気がして聴いているとパワーをもらえる一曲です。
お二人の素敵な楽曲で更に素敵な作品になりましたので、是非お楽しみに!!!

TOKYO MX「おじさんが私の恋を応援しています(脳内)」

初回放送:2022年2月14日(月)22:00~22:30
※以降毎週月曜日22:00~22:30放送

全文を表示

宮川愛李のほかの記事

リンク

このページは株式会社ナターシャの音楽ナタリー編集部が作成・配信しています。 宮川愛李 / 北乃きい の最新情報はリンク先をご覧ください。

音楽ナタリーでは国内アーティストを中心とした最新音楽ニュースを毎日配信!メジャーからインディーズまでリリース情報、ライブレポート、番組情報、コラムなど幅広い情報をお届けします。