meiyoが「なにやってもうまくいかない」でメジャーデビュー、サカナクション草刈愛美とコラボ

388

meiyoのメジャーデビューシングル「なにやってもうまくいかない」が本日9月26日に配信リリースされた。

meiyo「なにやってもうまくいかない」配信ジャケット

meiyo「なにやってもうまくいかない」配信ジャケット

大きなサイズで見る(全3件)

meiyoはワタナベタカシ名義での活動を経て、2018年から現名義での活動を開始したアーティスト。 「なにやってもうまくいかない」は「TikTokで伸びるものにはいろいろ要素があり、研究をするも、TikTokで売れる曲に合わせると中々曲がつくれない」「売れる曲わからん。ダメだ。何やってもうまくいかない」という感情をそのまま曲に落とし込んだという1曲で、今年7月にTikTokに投稿されると総再生数1億回を超えるヒットを記録した。

meiyoはシングルリリース直前にYouTubeでライブ配信を行い、シングルにサカナクションの草刈愛美(B)が参加していることを発表。ベースラインが印象的な楽曲ということもあり、meiyo本人の希望でオファーしたところ、草刈が快諾し、コラボレーションが実現したという。また、エンジニアとして一連のサカナクション作品を手がける浦本雅史が参加している。

本日20:00にはYouTubeでミュージックビデオがプレミア公開されることも決定。MVはシングルのジャケットも手がけたアニメーター・トキチアキが制作した。meiyoはMV配信直前の19:30から生配信を実施する予定で、ジャケットに描かれているキャラクターの名前をこの配信で発表する予定だ。

meiyo コメント

meiyo

meiyo[拡大]

生まれて30年。音楽始めて約12年。
遅咲きにも程があるけど、ついにメジャーデビューです。
これまで僕の音楽を応援してくれた人達、これから出会うであろう人たち、一人一人挨拶して回りたいぐらいです。これからはなるべく"なにやってもうまくいく"といいなと願ってます。
なんと、早くも一つうまくいきました。
発表になっている通り、今回リリースとなった『なにやってもうまくいかない』では、僕が高校生の頃から敬愛するサカナクションの草刈愛美さんに演奏参加して頂きました!
元々の"宅録で作りきった機械的なサウンド"に物足りなさを感じ、ベースを生に差し替えると決めて最初に僕が名前を出したのが草刈さんでした。
お話したことすらなかったのですが、駄目元でラブレターまがいのメッセージを送らせて頂いたところ快諾頂き、嬉しいお返事まで頂きました(内緒!)
草刈さん、極めて人間的で痺れるグルーヴでベース弾いてくれました。嬉しい…
何倍にもブラッシュアップされた気持ち良すぎるサウンドにも是非ご注目下さい!

この記事の画像・動画(全3件)

関連記事

meiyoのほかの記事

リンク

このページは株式会社ナターシャの音楽ナタリー編集部が作成・配信しています。 meiyo / サカナクション の最新情報はリンク先をご覧ください。

音楽ナタリーでは国内アーティストを中心とした最新音楽ニュースを毎日配信!メジャーからインディーズまでリリース情報、ライブレポート、番組情報、コラムなど幅広い情報をお届けします。