加山雄三が活動再開、本人も記憶になかった未発表曲で1960年代の加山雄三とコラボ

1012

加山雄三が音楽活動を再開。自身の84歳の誕生日である4月11日に新曲「紅いバラの花」を配信リリースする。

加山雄三「紅いバラの花」配信ジャケット

加山雄三「紅いバラの花」配信ジャケット

大きなサイズで見る(全2件)

誤嚥と小脳内出血により昨年8月に入院し、治療と慎重な経過観察が必要であるとの診断から、11月の退院後も芸能活動を自粛していた加山。彼は自宅でリハビリやトレーニングを行う中、倉庫を整理していたところ、1960年代に録音した数十本のオープンリールを発見した。このオープンリールには加山も記憶になかった未発表曲も収録されており、その音源の中からアコースティックギター1本をバックに歌われていたナンバー「紅いバラの花」を再び自身の手でディレクションした。

「紅いバラの花」の制作に際し、加山は当時のボーカルを生かしつつ、バンドサウンドによるアレンジを施し、現在の歌声を追加。前半のAメロは1960年代、Bメロは現在の加山の歌声を使用した。さらに後半のAメロでは当時の歌声にハモリを加え、新旧2人の加山によるコラボレーションを実現させた。

この記事の画像(全2件)

関連記事

加山雄三のほかの記事

リンク

このページは株式会社ナターシャの音楽ナタリー編集部が作成・配信しています。 加山雄三 の最新情報はリンク先をご覧ください。

音楽ナタリーでは国内アーティストを中心とした最新音楽ニュースを毎日配信!メジャーからインディーズまでリリース情報、ライブレポート、番組情報、コラムなど幅広い情報をお届けします。