日食なつこが1000枚限定シングル発売、コロナ禍についてつづった68ページのブックレット付き

152

日食なつこが3月10日にシングル「音楽のすゝめ」をリリースする。

日食なつこ

日食なつこ

大きなサイズで見る

本作は配信および1000枚限定のスペシャルパッケージで発売される。表題曲「音楽のすゝめ」は2020年4月時点で書き上がっていたが、現在の状況に合わせて歌詞が書き直された。カップリングにはパセリホールディングスのタイアップ曲「ダンツァーレ」のフルバージョン、日食によるサンプリング音源を使用した新曲「峰」が収録される。また本作ではアレンジを武部聡志が手がけた。なおCDには、コロナ禍についてつづられた68ページのブックレットが付属する。

日食なつこ コメント

2019年夏。某大型フェスに出演した際、自分の出番が終わった後に一番大きなステージの大トリのライブを観に行きました。そのステージがそれはもうひっくり返るくらい素晴らしくて、この記憶は絶対忘れたらダメだと思いフェスから帰宅したその夜のうちに衝動に任せて4行だけの歌詞を五線譜の裏に書き殴りました。それが「音楽のすゝめ」サビ部分です。

あれから1年半。音楽の居場所がすっかり限られてしまった今、あの大トリのステージを観られたことは僥倖だったと感じています。音楽業界総員が停滞した市場に苦しみまくっている今、改めて「音楽ってなんか役に立つのか?」ということを冷静に考えた時、あのステージの光が音が、真っ先に蘇ってきたからです。「理屈じゃねえ。手放せるわけがねえ。音楽が好きだからこんな苦境でも直感で音楽にしがみつくしかないんだ悪いか!」という、音楽馬鹿として超優等生な答えが腹の底から跳ね返ってきました。業界総員、そう逆ギレしていてほしいと願いました。

音楽を鳴らす者、売る者、浴びる者…全ての音楽人に必ず再び訪れるべき夜明けの時まで、幻でもいいから夢を見続けることだけはやめずに続けていてほしいです。そして、そのための1本の旗のような目印が今は必要な時です。
今作「音楽のすゝめ」、その1本の旗として、世の中に堂々提示します。

大変な状況の合間を縫って原曲にすばらしき錦の衣を着せてくださったアレンジャー武部さん、及びレコーディングメンバーの皆様、スタッフの皆様のご尽力に改めてお礼申し上げます。

日食なつこ「音楽のすゝめ」収録曲

01. 音楽のすゝめ
02. ダンツァーレ
03. 峰

全文を表示

日食なつこのほかの記事

リンク

関連商品

    日食なつこ「音楽のすゝめ」

    日食なつこ「音楽のすゝめ」

    [CD+ブックレット] 2021年3月10日発売 / 344-LDKCD

このページは株式会社ナターシャの音楽ナタリー編集部が作成・配信しています。 日食なつこ の最新情報はリンク先をご覧ください。

音楽ナタリーでは国内アーティストを中心とした最新音楽ニュースを毎日配信!メジャーからインディーズまでリリース情報、ライブレポート、番組情報、コラムなど幅広い情報をお届けします。