エビ中が総勢13名の女性バンドメンバーと大学芸会、吉澤嘉代子やたむらぱんも登場

17

2035

この記事に関するナタリー公式アカウントの投稿が、SNS上でシェア / いいねされた数の合計です。

  • 520 1479
  • 36 シェア

私立恵比寿中学の年末恒例のワンマンライブ「私立恵比寿中学 バンドのみんなと大学芸会2020 エビ中とニューガムラッド」が、12月18日に東京・東京国際フォーラム ホールAで、12月26日と27日に東京・東京ガーデンシアターにて開催された。

「私立恵比寿中学 バンドのみんなと大学芸会2020 エビ中とニューガムラッド」最終公演の様子。

「私立恵比寿中学 バンドのみんなと大学芸会2020 エビ中とニューガムラッド」最終公演の様子。

大きなサイズで見る(全90件)

開演直前のエビ中と参加メンバー。

開演直前のエビ中と参加メンバー。[拡大]

今回の「大学芸会」は昨年の「私立恵比寿中学 バンドのみんなと大学芸会2019 エビ中のフルバッテリー・サラウンド」と同様、大人数のバックバンドを従えてのステージ。さらに今年は総勢13名の全バンドメンバーが女性のみで構成され、タイトルに掲げられた造語“NEW COMRADE”(新たな同志)とともにエビ中のさらなる進化をアピールする公演となった。この記事では27日に行われたファイナル公演の模様をレポートする。

オープニングの様子。

オープニングの様子。[拡大]

開演時刻を迎え、バンドの生演奏による「ebiture」が始まると、エビ中ファミリー(私立恵比寿中学ファンの呼称)は一斉にペンライトを振ってその熱演に応える。緞帳が上がると真山りか、星名美怜、柏木ひなた、小林歌穂、中山莉子の姿が、ドミトリーをモチーフにしたというステージセットにシルエットで映し出された。

私立恵比寿中学

私立恵比寿中学[拡大]

銀色のコート姿の柏木の力強いアカペライントロから「Family Complex」を披露したあとは「キャンディロッガー」「ラブリースマイリーベイビー」をパフォーマンス。バンドが奏でる圧巻のサウンドと5人の確かな歌唱力が会場の熱量を高めていった。「ハイタテキ!」のイントロ、ベートーベン「交響曲第9番」のフレーズをストリングスカルテットが奏でる中、メンバー5人はコートを脱いで白と黒の形違いのドレス姿にチェンジした。曲が終わるとそれぞれが自己紹介し、会場のファミリー、さらにフジテレビTWO/TWOsmartでの生中継を楽しむファミリーに挨拶。真山は「全国のみんなと1つになれたら」と、ファイナルへの意気込みを明かした。

ついに共演を果たした小林歌穂(左)とオリビア・バレール(右)。

ついに共演を果たした小林歌穂(左)とオリビア・バレール(右)。[拡大]

「Go!Go!Here We Go!ロック・リー」をにぎやかに披露し、ワウギターが軽やかに響く中で「SHAKE! SHAKE!」の華麗なステップを踏んだあとは「EBINOMICS」へと突入。この曲では小林の口パク芸とアジテーションが恒例だが、ファイナル公演では音源で実際に歌っているオリビア・バレールがサプライズゲストとして登場し、小林との息の合ったコラボレーションでファミリーを沸かせた。エビ中とオリビアはこの日が初対面とのことで、オリビアは「ずっと楽しみに待っていました」と笑顔を見せ、柏木も「まさか来てくれるとは!」と大喜び。一方小林は「私のおじいちゃんは(『EBINOMICS』の音源で)歌穂が歌ってると思っているんですよ。今日観てほしかった(笑)」と苦笑いしていた。

吉澤嘉代子(右から3番目)とエビ中。

吉澤嘉代子(右から3番目)とエビ中。[拡大]

「I'll be here」「愛のレンタル」は、エレピとアコースティックギターの音色が印象的なアレンジに。5人の切なげなボーカルと相まって、楽曲の持つバンド感をしっかりと届けた。「自由へ道連れ」はホーン隊の4人をフィーチャーした華やかなパフォーマンスで会場の空気を変化させる。続く「曇天」では吉澤嘉代子がゲストとして登場。6人で美しいボーカルを響かせ、ファミリーを魅了した。吉澤は自身が着ていた白いワンピースについて、エビ中の5人の衣装に「合わせてきました(笑)」と告白。ステージでの共演は2016年開催の「GIRLS'FACTORY 16」以来という彼女たちは、さらにエビ中がコーラスで参加した吉澤の楽曲「ねぇ中学生」、そして吉澤が初めてエビ中に提供した2016年の楽曲「面皰」で見事なハーモニーを奏でた。

ミラーボールがまたたく東京ガーデンシアター。

ミラーボールがまたたく東京ガーデンシアター。[拡大]

私立恵比寿中学

私立恵比寿中学[拡大]

スモークが立ち込め、ミラーボールがきらめく荘厳なムードの中で「PLAYBACK」が披露されたあと、緞帳が降ろされたステージではバンドメンバー13名が「Lon de Don」「なないろ」「紅の詩」をインストメドレーとして演奏。ファミリーはペンライトを振りながら、その新鮮なアレンジを楽しんだ。緞帳が上がるとステージ上には大きな花のオブジェが多数設置されたカラフルなイメージに。メンバー5人は目にも鮮やかな黄色と青の衣装で現れ、「幸せの貼り紙はいつも背中に」を歌い上げた。

「イエローライト」を歌うエビ中とたむらぱん(左から3番目)。

「イエローライト」を歌うエビ中とたむらぱん(左から3番目)。[拡大]

続いては今回のワンマンライブ3公演とものゲストとなったたむらぱんが、メンバーと同じカラーリングの衣装で登場。たむらぱん提供の「大人はわかってくれない」「ポップコーントーン」でコラボレーションし、ファミリーを喜ばせた。衣装の切れ端で自作したというイヤリングを付けたたむらぱんは、エビ中の魅力を「もともと好きだったけど、一緒にいるともっと好きになるよね」と語り大きな拍手を浴びる。そして今回のライブのために制作された新曲「イエローライト」を6人で熱唱した。この曲について星名は「ずっと私たちを見てくれていたんだと思える曲」、真山は「これからもこの曲を成長させていきたいです」と話し、メンバーにとって特別な曲になったことを印象付けた。

ホーン隊とカスタネットでセッションする中山莉子(中央)。

ホーン隊とカスタネットでセッションする中山莉子(中央)。[拡大]

「私立恵比寿中学 バンドのみんなと大学芸会2020 エビ中とニューガムラッド」最終公演の様子。

「私立恵比寿中学 バンドのみんなと大学芸会2020 エビ中とニューガムラッド」最終公演の様子。[拡大]

たむらぱんがステージを去ったあと、柏木は2月から新しいツアー「私立恵比寿中学 Best at the moment series『6Voices』」を開催することを発表。ツアータイトルを間違えてしまい「時を戻そう(笑)」と言い放って客席を和ませる場面もありつつ、来年もファミリーを楽しませるという彼女たちの姿勢をアピールした。「仮契約のシンデレラ」「YELL」に続いては、キレのあるホーンズイントロから「オメカシ・フィーバー」へ。中山のキュートなパフォーマンスとド派手なサウンドでファミリーを大いに盛り上げつつ、間奏ではバンドメンバーを1人ずつ紹介。ストリングスの4人は年の瀬にふさわしく「お正月」の一節を奏で、ホーンズ隊のパフォーマンスでは中山がカスタネットをたどたどしく叩いてみせる。ベーシスト・高原未奈のソロでは柏木がホイッスルを吹き鳴らすなど、エビ中とバンドメンバーが一体になったプレイで観客を熱狂させた。

「ジャンプ」を熱唱するエビ中。

「ジャンプ」を熱唱するエビ中。[拡大]

ファミリーの全力のクラップで盛り上がった「HOT UP!!!」に続いては「ジャンプ」へ。ドラマー・MIZUKIが刻む力強い低音、ストリングス隊の流麗なアンサンブル、5人の気迫に満ちたボーカルが会場内に響き渡る。大サビの「今だ!」のシャウトは休養中の安本彩花に代わり、中山が叫んだ。最後の曲に入る前、柏木は今年を振り返りつつ「うれしいこと、楽しいことと同じくらい悩んだり苦しんだりすることもあります。でもエビ中はずっとずっとみんなのそばにいます。この曲がすべての人に届きますように」と語りかけた。ラストナンバーは「スーパーヒーロー」。直前の柏木の言葉を表すような5人の真摯な歌声に、ファミリーはそれぞれの形でエールを送った。

「私立恵比寿中学 バンドのみんなと大学芸会2020 エビ中とニューガムラッド」最終公演の様子。

「私立恵比寿中学 バンドのみんなと大学芸会2020 エビ中とニューガムラッド」最終公演の様子。[拡大]

バンドメンバーがアウトロを奏でる中、メンバーは改めてこの日のゲストとして出演したオリビア、吉澤、たむらぱんを紹介。星名の「これからもエビ中と一緒に歩んでください!」という言葉で今年の大学芸会は締めくくられた。

このライブの中継映像は12月31日(木)16:00より、フジテレビTWO/TWOsmartで再放送される。なおライブ中に発表されたツアー「私立恵比寿中学 Best at the moment series『6Voices』」は2月6日より、全国5会場で6公演が行われる。

この記事の画像(全90件)

「私立恵比寿中学 バンドのみんなと大学芸会2020 エビ中とニューガムラッド」2020年12月27日 東京ガーデンシアター セットリスト

SE. ebiture
01. Family Complex
02. キャンディロッガー
03. ラブリースマイリーベイビー
04. ハイタテキ!
05. Go!Go!Here We Go!ロック・リー
06. SHAKE! SHAKE! 
07. EBINOMICS
08. I'll be here
09. 愛のレンタル
10. 自由へ道連れ
11. 曇天
12. ねぇ中学生
13. 面皰
14. PLAYBACK
15. 幸せの貼り紙はいつも背中に
16. 大人はわかってくれない
17. ポップコーントーン
18. イエローライト
19. 仮契約のシンデレラ 
20. YELL
21. オメカシ・フィーバー
22. HOT UP!!!
23. ジャンプ
24. スーパーヒーロー

「私立恵比寿中学 バンドのみんなと大学芸会2020 エビ中とニューガムラッド」バンドメンバー

Arrangement / 音楽監督:橋本しん(Sin)
Keyboard:鈴木栄奈
Bass:高原未奈
Drums:MIZUKI(真空ホロウ)
Guitar:YASHIRO
Guitar:瀬川千鶴
Saxophone:中村有里
Trumpet:山崎千裕
Trumpet:レイチェル(東京ブラススタイル)
Trombone:石橋采佳
1st Violin:島田光理
2nd Violin:加藤かな子
Viola:筒田咲紀
Cello:大浦萌

全文を表示

※記事初出時、本文およびキャプションに誤りがありました。お詫びして訂正します。

読者の反応

しゃおぴん @Ichiban_ariga10

画像90枚天才すぎる

【ライブレポート】エビ中が総勢13名の女性バンドメンバーと大学芸会、吉澤嘉代子やたむらぱんも登場(写真90枚) https://t.co/mo8lZ8Umxu

コメントを読む(17件)

関連する特集・インタビュー

関連記事

私立恵比寿中学のほかの記事

リンク

関連商品

このページは株式会社ナターシャの音楽ナタリー編集部が作成・配信しています。 私立恵比寿中学 / 吉澤嘉代子 / たむらぱん の最新情報はリンク先をご覧ください。

音楽ナタリーでは国内アーティストを中心とした最新音楽ニュースを毎日配信!メジャーからインディーズまでリリース情報、ライブレポート、番組情報、コラムなど幅広い情報をお届けします。