22/7、デビュー3周年アニバーサリーライブで弾けた11人の笑顔

639

22/7のデビュー3周年記念ライブ「Anniversary Live 2020」が9月20日に東京・LINE CUBE SHIBUYA(渋谷公会堂)で行われた。

22/7「Anniversary Live 2020」の様子。(撮影:中原幸)

22/7「Anniversary Live 2020」の様子。(撮影:中原幸)

大きなサイズで見る(全16件)

2017年9月20日にシングル「僕は存在していなかった」でCDデビューした22/7はこの日からちょうど3年が経過したこと記念し、異なるセットリストで昼夜2公演のステージを展開。ライブは新型コロナウイルスの感染予防対策を徹底したうえで、収容人数の50%以内の動員および観客同士のソーシャルディスタンスの確保して実施された。また公演の模様はStagecrowdを通して有料生配信され、会場に足を運べなかったファンのもとにも届けられた。この記事では夜公演の様子をレポートする。

SEとオープニングムービーに合わせて登場した11人は、最初に「Rain of lies」「不確かな青春」の2曲を披露。会場の観客は着席したままで、声援を制限される観覧ではあったものの、ペンライトを振るなどしてステージ上のメンバーに向かってエールを送った。冒頭のMCでは今年2月に休養に入っていた倉岡水巴が「皆さんおひさしぶりです! いろいろとご心配おかけしましたが、倉岡水巴はすごく元気なので、今日も1日がんばります!」と笑顔で復帰を報告。リーダーの帆風千春は昨年12月以来の単独での有観客ライブを開催できた喜びを語り、「今日というの日を迎えることができたのは、22/7をずっと応援してくださっている皆さんのおかげです!」と感謝の気持ちを伝えた。

「半チャーハン」を披露する晴れた日のベンチ。(撮影:中原幸)

「半チャーハン」を披露する晴れた日のベンチ。(撮影:中原幸)[拡大]

会場のファンと生配信の視聴者への挨拶を終えた22/7は、今年1月から3月にかけて放送されたテレビアニメ「22/7」のエンディングテーマ「空のエメラルド」でライブを再開。恋の葛藤を激しい振り付けで表現した「人格崩壊」、切なくもさわやかな雰囲気の「循環バス」など5曲をノンストップで畳みかけた。また次のブロックでは、ファン投票によってメンバーの組み合わせが決まったユニット3組が三者三様のステージを繰り広げる。ユニークなユニット名を最初に聞いたときの印象をそれぞれ語ったのち、まず海乃るり、倉岡、高辻麗、武田愛奈による晴れた日のベンチがコミカルで明るいナンバー「半チャーハン」を元気いっぱいに披露。続いて河瀬詩、白沢かなえ、帆風、宮瀬玲奈による蛍光灯再生計画が大人の愛の歌「タトゥー・ラブ」をセクシーにパフォーマンスし、天城サリー、西條和、涼花萌による気の抜けたサイダーが“ゆるふわソング”である「ソフトクリーム落としちゃった」をキュートに歌唱した。

22/7「Anniversary Live 2020」の様子。(撮影:中原幸)

22/7「Anniversary Live 2020」の様子。(撮影:中原幸)[拡大]

個性あふれるユニット曲でライブを彩った11人は、その後9月30日にリリースするニューシングル「風は吹いてるか?」より、切ない片思いを描いたカップリング曲「ポニーテールは振り向かせない」を初披露する。さらにライブの人気曲であるアッパーチューン「未来があるから」「ロマンスの積み木」でファンのテンションを高めた彼女たちは、リズムゲームアプリ「22/7 音楽の時間」の主題歌である「風は吹いてるか?」をパフォーマンス。自分自身の殻を破る決意を歌った新曲を力強く響かせた。

アンコールではシリアスなナンバー「何もしてあげられない」が披露されたほか、TOKYO MXで放送中の22/7の冠番組「22/7 計算中」でMCを務めているお笑いコンビ・三四郎によるメッセージ動画が流され、同番組のBlu-ray全6巻の発売が決定したこと、11月25日にその1巻と2巻がリリースされることが発表された。そして帆風がこの日のステージが現メンバー11人による初ライブとなったことに触れて改めて感謝の気持ちを述べたあと、22/7は「11人が集まった理由」をラストナンバーとして歌唱。清々しい表情で「Anniversary Live 2020」の幕を閉じた。

この記事の画像(全16件)

22/7「Anniversary Live 2020」2020年9月20日 LINE CUBE SHIBUYA(渋谷公会堂)セットリスト

01. Rain of lies
02. 不確かな青春
03. 空のエメラルド
04. シャンプーの匂いがした
05. 人格崩壊
06. 願いの眼差し
07. 循環バス
08. 半チャーハン / 晴れた日のベンチ(海乃るり、倉岡水巴、高辻麗、武田愛奈)
09. タトゥー・ラブ / 蛍光灯再生計画(河瀬詩、白沢かなえ、帆風千春、宮瀬玲奈)
10. ソフトクリーム落としちゃった / 気の抜けたサイダー (天城サリー、西條和、涼花萌)
11. ポニーテールは振り向かせない
12. 未来があるから
13. ロマンスの積み木
14. 風は吹いてるか?
<アンコール>
15. 何もしてあげられない
16. 11人が集まった理由

全文を表示

関連記事

22/7のほかの記事

リンク

このページは株式会社ナターシャの音楽ナタリー編集部が作成・配信しています。 22/7 / 三四郎 の最新情報はリンク先をご覧ください。

音楽ナタリーでは国内アーティストを中心とした最新音楽ニュースを毎日配信!メジャーからインディーズまでリリース情報、ライブレポート、番組情報、コラムなど幅広い情報をお届けします。