草なぎ剛「週刊文春」巻頭グラビアに女優・凪沙として登場、巻末では素顔を明かす

2706

草なぎ剛が主演を務める映画「ミッドナイトスワン」と週刊誌「週刊文春」がコラボレーション。9月24日発売の「週刊文春」の巻頭グラビア「原色美女図鑑」に、草なぎが同作で演じるトランスジェンダーの主人公“凪沙”として登場する。

草なぎ剛扮する凪沙。(撮影:みなもと忠之) (c)文藝春秋

草なぎ剛扮する凪沙。(撮影:みなもと忠之) (c)文藝春秋

大きなサイズで見る(全4件)

9月25日に公開される「ミッドナイトスワン」は内田英治監督のオリジナル脚本で、トランスジェンダーとして日々身体と心の葛藤を抱え新宿を舞台に生きる凪沙と、親から愛を注がれず生きるもバレエダンサーを夢見る少女・一果(服部樹咲)の姿を通して“切なくも美しい現代の愛の形”を描くラブストーリー。「原色美女図鑑」では、映画の中で描かれなかった凪沙の姿を写真家のみなもと忠之が撮影したカットを掲載する。これまで巻頭グラビアに男性タレントが登場する際には「原色美女図鑑」ではなく、「原色美男図鑑」とコーナータイトルを変更していたが、今回は32年間の歴史の中で初めて男性タレントが「原色美女図鑑」のグラビアに起用された。

また草なぎは巻末のグラビア「男の肖像」にも登場。タレント・草なぎ剛としてのオンからオフまでさまざまなシーンに密着し撮影された写真には、番組収録を楽しむ姿やその合間に見せる真剣な眼差し、愛犬・クルミちゃんとのツーショットなど、いくつもの表情が切り取られている。インタビュアーはノンフィクションライターの金子達仁氏が務め、「ミッドナイトスワン」への役作りや共演者とのエピソードはもちろん、草なぎの表現者や役者としての素顔に迫る。

今回の「週刊文春」とのコラボについて草なぎは「皆さんのお力添えによって、1カット1カット撮るごとに、僕の中の“凪沙”が出てきた感じがありました。僕より、周りのスタッフが凪沙というキャラクターを愛してくれてるので、その気持ちに応えられるように頑張りたいな、と。きっと、いいものになってるんじゃないかなと思います」とコメントを寄せている。

なお映画公開日の9月25日にはみなもと撮り下ろし写真を載せた電子書籍「ミッドナイトスワン SPECIAL CINEMA BOOK」が発売される。

※草なぎ剛の「なぎ」は弓へんに前の旧字体、その下に刀が正式表記。
※みなもと忠之の「みなもと」はさんずいに首が正式表記。

この記事の画像(全4件)

草なぎ剛のほかの記事

リンク

このページは株式会社ナターシャの音楽ナタリー編集部が作成・配信しています。 草なぎ剛 / ミッドナイトスワン の最新情報はリンク先をご覧ください。

音楽ナタリーでは国内アーティストを中心とした最新音楽ニュースを毎日配信!メジャーからインディーズまでリリース情報、ライブレポート、番組情報、コラムなど幅広い情報をお届けします。