ピエール中野プロデュースの有線ピヤホン付きCD「#ピヤホンで聴こう」発売

342

ピエール中野(凛として時雨)がプロデュースするイヤホン「HSE-A1000PN」、通称“有線ピヤホン”が付属するコンピレーションCD「#ピヤホンで聴こう」が12月16日にリリースされる。

ピエール中野(撮影:フジイセイヤ)

ピエール中野(撮影:フジイセイヤ)

大きなサイズで見る(全2件)

V.A.「#ピヤホンで聴こう」に付属するHSE-A1000PN。(撮影:フジイセイヤ)

V.A.「#ピヤホンで聴こう」に付属するHSE-A1000PN。(撮影:フジイセイヤ)[拡大]

有線ピヤホンは、1700円という低価格でありながらクオリティの高い音質を楽しむことができるイヤホンとしてSNSなどで話題となっているアイテム。コンピ盤には、レッドとゴールドをかけ合わせた特別限定カラー「リミテッドレッド」のイヤホンが付属する。なおコンピ盤の収録曲は本日9月7日21:00より、中野のTwitterアカウント(@Pinakano)にて毎日1曲ずつ紹介される。

中野はCDの収録曲について「ピヤホンで聴いていて楽しい楽曲、新しい発見を感じる楽曲、感動する楽曲、イヤホンのポテンシャルを測るのに適した楽曲などを基準にセレクトしています。このコンピを聴いてもらうことによって、音楽とイヤホンの楽しさ、面白さを提案していきたいと考えています」と選曲の基準を明かしている。

この記事の画像(全2件)

ピエール中野(凛として時雨)コメント

音楽をレコーディングする現場では、より良い音を届けるために計り知れないほどの労力と技術と時間が費やされています。
楽器ひとつひとつの音作りから、奏法、録音マイク、ミックス、マスタリングなど、様々な音にこだわる工程を経て、楽曲はリスナーに届けられているのです。

では、リスナーが音楽を聴く環境はどうでしょうか。送る側がどれだけこだわったとしても、受ける側の環境が整っていなければ、本当に届けたかった音楽を伝えることは出来ないと思って取り組んだプロジェクトが「ピヤホン」です。

リリース後、反響は凄まじく、今まで聴こえなかった音が聴こえる、ライブ会場にいるみたい、今まで使ってたイヤホンは何だったんだ…、などなど様々な感動の声が届いてきました。
聴く環境を整えることで、音楽をより楽しめることがわかったので、次は音楽そのものの提案もしていきたいと思いこのコンピの発案に至ります。

ピヤホンで聴いていて楽しい楽曲、新しい発見を感じる楽曲、感動する楽曲、イヤホンのポテンシャルを測るのに適した楽曲などを基準にセレクトしています。

このコンピを聴いてもらうことによって、音楽とイヤホンの楽しさ、面白さを提案していきたいと考えています。
作り手の音楽が受け手にしっかり届く環境を整える役割を、しっかりと果たしていきたいです。            

ピエール中野

全文を表示

関連記事

凛として時雨のほかの記事

リンク

関連商品

このページは株式会社ナターシャの音楽ナタリー編集部が作成・配信しています。 凛として時雨 の最新情報はリンク先をご覧ください。

音楽ナタリーでは国内アーティストを中心とした最新音楽ニュースを毎日配信!メジャーからインディーズまでリリース情報、ライブレポート、番組情報、コラムなど幅広い情報をお届けします。