Michael Kanekoが1stアルバム「ESTERO」リリース、リード曲にラッパーDaichi Yamamoto参加

67

Michael Kanekoが8月19日に1stアルバム「ESTERO」をリリースする。

Michael Kaneko

Michael Kaneko

大きなサイズで見る(全2件)

Michael Kaneko「ESTERO」ジャケット

Michael Kaneko「ESTERO」ジャケット[拡大]

ESTERO(初回限定盤)

Michael Kaneko「ESTERO(初回限定盤)」
Amazon.co.jp

ESTERO(通常盤)

Michael Kaneko「ESTERO(通常盤)」
Amazon.co.jp

本作にはMichael Kanekoの王道とも言える弾き語りの曲や、バンドサウンドの楽曲など全11曲が収録される。リード曲の「Breakdown」は、ラッパーのDaichi YamamotoをフィーチャーしHiro-a-keyが日本語詞を書いた、英語と日本語がシームレスに行き来するダンスチューン。Michael Kanekoがギターのみならずキーボード、ベース、プログラミングのすべてを手がけプロデューサーとしての手腕を発揮した1曲となっている。

アルバムは初回限定盤と通常盤の2形態が用意され、限定盤にはMichael Kanekoが影響を受けたというOasisやジャスティン・ビーバーなど新旧楽曲のカバーを収めた特典ディスクが同梱される。

この記事の画像(全2件)

Michael Kaneko コメント

みなさん、お待たせしました。1stアルバム「ESTERO」を8月19日にリリースします。2年10ヶ月ぶりのCDリリースとなります。長く待っててくれた方、本当にありがとうございます。心を込めて作曲・作詞・アレンジした11曲。世に出すのが僕は楽しみでたまりません。そして、みなさんの前でこの新曲たちを演奏できる日が来るのを祈っています。「ESTERO」どうぞよろしくお願いします。

Michael Kaneko「ESTERO」収録曲

DISC 1

01. Breakdown feat. Daichi Yamamoto
02. Circles
03. Alive
04. These Nights
05. This Game
06. Everything That I Had
07. Runaway
08. Tides
09. Voices
10. When We Were Young
11. Someday

初回限定盤 DISC 2(タイトル / オリジナルアーティスト)

Sounds From The Den vol.2: Acoustic Covers
01. How Deep Is Your Love(Bee Gees)
02. Sorry(Justin Bieber)
03. Day 1(HONNE)
04. Skinny Love(Bon Iver)
05. Sincerity Is Scary(The 1975)
06. Easily(Bruno Major)
07. Virtual Insanity(Jamiroquai)
08. Don't Look Back In Anger(Oasis)

Michael Kanekoのほかの記事

リンク

関連商品