V6長野博、ドラマ「ハケンの品格」にまっすぐで誠実な社長役で登場

970

V6長野博が、7月22日(水)放送の日本テレビ系ドラマ「ハケンの品格」第6話に出演する。

隅田フーズの社長・隅田厚役の長野博(V6)。(c)日本テレビ

隅田フーズの社長・隅田厚役の長野博(V6)。(c)日本テレビ

大きなサイズで見る(全2件)

「ハケンの品格」は篠原涼子演じる最強の派遣社員・大前春子の姿を通して、働く者の品格を問うストーリー。現在は第2シリーズとして、2007年に放送された第1シリーズから約13年後の続編が描かれており、春子と同じ会社で働く正社員・東海林武役の大泉洋や、里中賢介役の小泉孝太郎も続投している。

長野はまごころ弁当を作る隅田フーズの社長・隅田厚として登場。自身の役どころを演じるにあたり、「まっすぐで誠実なキャラクターをしっかりと出せるよう努めました」とコメントしている。なお長野が日本テレビのドラマに出演するのは2008年に放送された「ヤスコとケンジ」以来、約12年ぶりとなる。

長野博 コメント

13年振りに復活した大人気作である「ハケンの品格」に出させていただくと聞いて率直に嬉しかったです。
ゲストとしての出演は既にチームが出来上がっている場所へ入っていく事になるので、自然と馴染めるよう意識しました。演じる際は監督とお話しし、まっすぐで誠実なキャラクターをしっかりと出せるよう努めました。
篠原さん演じる大前春子さんの真直ぐな言葉がグッと入ってくるので、一緒にやっていて凄く楽しいです。
12年振りというのを知って、そんなに時間が経っているんだなと驚いたのですが、日本テレビが持つ色にうまく染まっていられたらなと思っています。是非見ていただけたら嬉しいです。

日本テレビ系「ハケンの品格」

2020年7月22日(水)22:00~

この記事の画像(全2件)

V6のほかの記事

リンク