何があっても進むぞぇ!鈴木蘭々「キミとボク」リモート演奏動画公開

233

鈴木蘭々がバンドメンバーと共に「キミとボク」をリモート演奏する様子を収めた動画をYouTubeで公開した。

1990年代にはタレント活動と並行してアーティストとしても活躍し、「泣かないぞェ」「なんで なんで ナンデ?」などのヒット曲を持つ蘭々。今回リモート演奏動画を公開した「キミとボク」はフジテレビ「ポンキッキーズ」でおなじみの楽曲で、YouTubeの概要欄には「キミとボク」の歌詞の一部に加え、「この歌のスキャットみたいに明るく軽快な感じで何があっても進むぞぇ!」とメッセージがつづられている。バンドメンバーは立川智也(B)、矢吹卓(Piano)、武藤良明(G)、瀧山清貴(Drum Programming, Per)、細田幸子(Cho)の5人。立川は鈴木の歌唱について「ワンテイクでこのクオリティ(歌直し一切無し)の蘭々は天才だと思った」と自身のTwitterアカント(@TachikawaTomoya)でコメントしている。

なお蘭々のYouTube公式チャンネルには、30周年ライブを経て制作された新曲のミュージックビデオも随時アップされている。

関連記事

鈴木蘭々のほかの記事

リンク

このページは株式会社ナターシャの音楽ナタリー編集部が作成・配信しています。 鈴木蘭々 の最新情報はリンク先をご覧ください。

音楽ナタリーでは国内アーティストを中心とした最新音楽ニュースを毎日配信!メジャーからインディーズまでリリース情報、ライブレポート、番組情報、コラムなど幅広い情報をお届けします。