YOSHIKI、国立国際医療研究センターに1000万円寄付

996

YOSHIKIX JAPAN)が、自身の運営する米国非営利公益法人YOSHIKI FOUNDATION AMERICAを通じて、国立国際医療研究センターに1000万円を寄付したことを発表した。

YOSHIKI

YOSHIKI

大きなサイズで見る(全2件)

国立国際医療研究センターは感染症や免疫疾患などを研究する日本政府管轄の医療機関で、現在世界中で感染が拡大している新型コロナウイルスについても研究を進めている機関。組織内のセンター病院はナショナルセンターとしては唯一の総合病院で、特定感染症に関しても日本で最大の病床数を確保している。

YOSHIKIは日本で緊急事態宣言が発令される前からSNSを通じて新型コロナウイルス感染者対策の重要性を呼びかけていたが、日本での感染人数が1万人を超えた今、医療崩壊を憂慮し、医療従事者たちへのサポートとして寄付を決断。「今僕らが一番サポートしなければならないのは、こうしている間にも新型コロナウイルスの患者さんの治療に当たっている医療に従事する人達だと思います。少しでも力になればと思い、寄付をさせていただきました。今、苦悩に耐えながら自粛をしている皆さん一人一人の思いやその行動は、自分がさせていただいた寄付の何百倍、何千倍も、医療機関の人達への力になっていることを、自分も含めて再認識できればと思っています」とコメントしている。

YOSHIKI コメント

自分の住むアメリカでは新型コロナウイルスによる死者が4万人を超えてしまいました。残念ながら、日本でも感染が広がっていると聞きました。未だ収束の兆しが見えないなか、自分自身も含め、自分の生きるエンターテインメント業界、そしてあらゆる業界の方々が経済的にも精神的にも苦しんでいます。心が痛いです。
ただ、今僕らが一番サポートしなければならないのは、こうしている間にも新型コロナウイルスの患者さんの治療に当たっている医療に従事する人達だと思います。少しでも力になればと思い、寄付をさせていただきました。
今、苦悩に耐えながら自粛をしている皆さん一人一人の思いやその行動は、自分がさせていただいた寄付の何百倍、何千倍も、医療機関の人達への力になっていることを、自分も含めて再認識できればと思っています。
そして、音楽家としても皆さんの心の支えになれるように努力したいと思います。

国立国際医療研究センターコメント

当センターは、医療・研究・教育・国際協力の分野において、わが国と世界の人々の健康と福祉の増進に貢献するという理念があり、ミッションの一つとして感染症その他の疾患の本態解明、実態把握並びに高度先駆的及び標準的予防、診断、治療法を開発し、臨床現場への応用の為の医薬品及び医療機器の開発の推進がございます。
まさに、これまでYOSHIKI様が支援してきた内容に合致しているのではないかと考えます。
今日の日本の危機的状況の中、職員一丸となってこの難局を打破すべく、これまでもそしてこれからも奮闘してまいります。

この記事の画像(全2件)

関連記事

YOSHIKIのほかの記事

リンク