音楽ナタリー - 最新音楽ニュース

斉藤朱夏、信頼するファンに素顔見せた初のワンマンライブ

4926

斉藤朱夏(撮影:Viola Kam[V'z Twinkle])

斉藤朱夏(撮影:Viola Kam[V'z Twinkle])

斉藤朱夏が本日11月7日に東京・TSUTAYA O-EASTでワンマンライブ「朱演 2019『くつひもの結び方』」を開催した。

今年の8月にミニアルバム「くつひも」をリリースし、ソロアーティストデビューを果たした斉藤。初のソロワンマンライブとなる本公演ではミニアルバムや11月20日にリリースする1stシングル「36℃ / パパパ」の収録曲を披露し、会場に集まったファンとライブを楽しんだ。

ステージと客席を隔てる幕がゆっくりと左右に開くと、そこにはバンドメンバーを引き連れた斉藤の姿が。斉藤はミニアルバムの“くつひも盤”でもおなじみの赤いシューズボックスをイメージしたステージを踏みしめ、「あと1メートル」をたおやかに歌い上げた。イメージカラーの赤に染まった満員の会場を何度も見渡した斉藤は、「朱演 2019『くつひもの結び方』開演!」と高らかに宣言。「今日という1日が最高の日になるように、みんな盛り上がる準備はできてるー?」と観客を煽り、ミニアルバムのリードトラック「くつひも」を生き生きと届けた。

斉藤は「誰よりも弱い人でかまわない」をバンドが奏でる温かみのあるサウンドに乗せて歌唱。透明感のある歌声を響かせ、「初めて楽曲を届けるからみんなどういうノリでくるんだろうと思ってたんだけど、みんなの顔を見ながら歌うのは楽しいし、新鮮だし、いろんな表情が見れてうれしいです」と顔をほころばせた。「世界にたくさんの人がいる中で、みんなに出会えたことが奇跡だし、運命だなって。いろんな巡り合わせがあって、今日という日を共有できるのがすごくうれしいです」としみじみと語った斉藤は、「その巡り合わせってどうやってつながってるんだろうと思ったときに、きっといろんな糸でつながれてるんだろうなと思ったんですよ。みんなとこうして出会えたことが本当にうれしい。私がソロアーティストデビューできたのは、みんながいてくれるからだと思います」と真摯に思いを伝える。そして「今日はいろんな糸で結ばれた皆さんに、私の大好きな歌を届けたいなと思います」と述べ、中島みゆきの「糸」を歌い始める。マイクスタンドの前に立った斉藤は1つひとつのフレーズを丁寧に歌い上げ、観客から大喝采を浴びた。

温かな空気が広がる中、斉藤はミニアルバムのオープニングナンバー「ことばの魔法」を披露し、エモーショナルな歌声を響かせる。そして自身が今まで人に見せてこなかった部分も描いたというミニアルバムの制作を振り返り、「私は頑固だし、『完璧なものしか絶対に見せない』『泣き顔なんて見せない』って思ってました。でも、みんなの前に立つとすごく安心するし、心が落ち着いて自分のそういう気持ちがほどかれて、すごく恥ずかしい気分になります」と照れ笑い。「私はみんなに絶大なる信頼を置いていて、だから今こうしてステージに立ててるんだなと思います。これを機に、いろんな弱い部分もみんなにもっと見せていこうと思いました。弱い部分の私も受け入れてくれるかな?」と彼女が問いかけると、観客は大きな拍手と歓声で応えた。

「リフレクライト」では大きなコールが沸き起こり、軽やかなリズムに合わせて赤いペンライトの光が揺れる。斉藤はそんな会場を笑顔で見渡しながら、晴れやかにこの曲を歌い上げた。ピースフルな空気の中、次に斉藤が歌い始めたのは高橋優の「明日はきっといい日になる」。ポップなメロディに乗せて、ポジティブなメッセージを観客に届けた。そしてニューシングルからユニークな歌詞が印象的な新曲「しゅしゅしゅ」を初パフォーマンス。タオル回しによる旋風が巻き起こり、場内は大盛り上がりとなった。

あまりの会場の熱気に斉藤は「すごいね、みんな!」と感心した様子。「私のライブに遊びに来てくれて、本当にありがとうございます!」と感謝の思いを伝え、「そんないつも支えてくれてるみんなだけど、やっぱり私はみんなの一番のヒーローになりたいと思ってる。歌を通して背中を押したい。ときにつまづいたり転んでしまうかもしれないけど、そんな私でも隣にいてくれる?」と真っすぐに思いを述べた。最後に披露されたのは、ミニアルバムのラストナンバー「ヒーローになりたかった」。伸びやかな歌声を響かせ、「生きてく中でつらいこと、悲しいこと、悔しいこともいっぱいあるかもしれない。でも大丈夫! みんなには私がいる! だから安心して!」と観客に頼もしい言葉を送った。

熱いアンコールに応えて再び姿を見せた斉藤は、現在放送中のテレビアニメ「俺を好きなのはお前だけかよ」のオープニングテーマ「パパパ」を初披露。跳ねるような鍵盤やカッティングギターの音色に乗せて、みずみずしい歌声を響かせた。その後は3月にZeppツアーが行われることも発表され、会場は歓喜に包まれる。「ありがとう!」という声が場内に飛び交うと「ありがとうなのはこっちの台詞だよ!」と斉藤はファンに感謝し、「みんなと遊ぶ約束ができたので、私はそれに向かって走っていきたいと思います」と目を輝かせた。そして斉藤は「ここにいる君と運命の赤い糸を結びましょう!」と告げ、「くつひも」をもう一度パフォーマンス。華やかにテープが舞う中、弾けるような笑顔で初のワンマンライブを終えた。

斉藤朱夏「朱演 2019『くつひもの結び方』」11月7日 TSUTAYA O-EAST セットリスト

01. あと1メートル
02. くつひも
03. 誰よりも弱い人でかまわない
04. 糸(オリジナル:中島みゆき)
05. ことばの魔法
06. リフレクライト
07. 明日はきっといい日になる(オリジナル:高橋優)
08. しゅしゅしゅ
09. ヒーローになりたかった
<アンコール>
10. パパパ
11. くつひも

斉藤朱夏「朱演 2020『タイトル未定』」

2020年3月8日(日)大阪府 Zepp Osaka Bayside
2020年3月18日(水)愛知県 Zepp Nagoya
2020年3月21日(土)東京都 Zepp Tokyo

音楽ナタリーをフォロー