音楽ナタリー - 最新音楽ニュース

“主題歌の夢”叶えた超特急タクヤ、映画挨拶にリョウガ&ユーキ呼び込みサプライズ演出

2851

「どすこい!すけひら」公開記念挨拶の様子。

「どすこい!すけひら」公開記念挨拶の様子。

超特急のタクヤこと草川拓弥が出演する映画「どすこい!すけひら」の公開記念舞台挨拶が本日11月2日に東京・シネ・リーブル池袋で行われ、草川と主演の知英、共演の金子大地、りゅうちぇる、宮脇亮監督が登壇した。

11月1日に全国公開された「どすこい!すけひら」は同名マンガの実写化作品で、知英演じる元“どすこい女子”のエステティシャン・助平綾音を取り巻く三角関係を描くラブコメディ。草川は綾音が恋心を抱くスーパーアイドルの湊拓巳役で今作に出演している。また主題歌は超特急が担当し、新曲の「Don't Stop 恋」を本作に提供した。

自己紹介ののち、草川は「皆さまのおかげで昨日初日を迎えました。これからもっと愛される作品になったらいいなと心から願っています」と思いを語る。知英は「一番ドキドキしたり、うれしい日。これからはお客さんの作品だと思うので、公開を迎えられてうれしいです」と笑顔を浮かべた。トークセッションでは草川に対し、司会者から「現場ではライバル役の金子さんとバチバチしていた?」という質問が。草川はこれに「そんなにしてないです。絶妙な距離感で芝居したり、話したりしていましたね」と返し、金子も「しっかりと話せたのは打ち上げのときだったよね」と続く。また、映画初出演で綾音の親友・フレッドを演じたりゅうちぇるはその感想を問われ「フレッドが僕みたいでやりやすくて。『僕演技いける?』と思いました!」とハイテンションに回答。これには知英も「本当に頼りたい親友そのものでした!」と太鼓判を押していた。

またイベントの終盤には、草川がほかの登壇者にサプライズを仕掛ける場面も。「僕が出演する映画で主題歌を担当することが小さな夢だったので、今回超特急が主題歌を担当できて『こんなに素敵な機会はないな』と光栄でした」と切り出した彼は「知英さんはじめ金子さん、りゅうちぇるさん、監督、皆さんの力あっての作品ですし、すべての『どすこい!すけひら』チームがあってこの映画が作られたんだなと実感しています。僕にとってすごく思い入れのある作品の1つになりました」と感謝を伝える。そして「前置きがすごく長くなっちゃったんですけど、助っ人を呼んできました!」と、超特急のリョウガとユーキをステージに呼び込んだ。

観客から驚きの歓声が上がる中、草川からマイクを借りたリョウガは「普通に考えてみ? サプライズっていうのはさ、知名度がある方がやってきて『わあ、こんな方がここに!』って驚くというイベントなんですよ。僕たちが来たとしても『おおー、あ、超特急のメンバーですか』となるくらい。助っ人として何ができるのか?っていう……もう、(紫と赤で)若干の色味を持たせることくらいしか……でもありがとうございます。絶対観ます!」とまくしたてる。またユーキは「Don't Stop 恋」について「奇抜といいますか、目まぐるしい展開がある曲です。パフォーマンスもかなりジェットコースターのような仕上がりになっているので、パフォーマンス含めてこの曲を盛り上げて、いろんな方に映画を観ていただけたらと思っています!」と語った。

最後に超特急の3人から知英、金子、りゅうちぇる、宮脇監督に感謝の花束が手渡され、知英が締めの挨拶を行うことに。「すごい得しましたね、私たち」と笑顔を浮かべた知英は「草川さんがメンバーと一緒にいるところを初めて見たんですが、途端にテンションがグッと上がって(笑)。いいなあって思いました。サプライズありがとうございます」とコメント。そして「楽しい挨拶になりました。この映画をもっとたくさんの皆さんに観ていただけるよう、私たちもがんばります。皆さんも、友達に伝えてくださいね!」と呼びかけ、ステージをあとにした。

音楽ナタリーをフォロー