音楽ナタリー - 最新音楽ニュース

今市隆二「RILY」ポップアップストア明日オープン、年内の目標は“納期”

1633

今市隆二

今市隆二

三代目 J SOUL BROTHERS from EXILE TRIBEのボーカル・今市隆二が、本日10月18日に東京・BN Studioで行われた「2019 RILY POP UP」のマスコミ向け発表会に登場した。

明日10月19日から22日までの期間限定で開催される「2019 RILY POP UP」は、今市がクリエイティブディレクターを務めるウェアコレクション「RILY」のポップアップストア。今回のコレクションは今市が10月30日にリリースする初のCDシングル「RILY」と連動したもので、ポップアップストアでは楽曲「RILY」のミュージックビデオの世界観を味わいながら、MA-1やライダースジャケットなど18種類25アイテムを試着、購入することができる。

今市は「RILY」のアイテムを身に纏って記者たちの前に登場。マイケル・ジャクソンのプリントがあしらわれたTシャツについて「マイケル・ジャクソンは自分がアーティストをやるうえでの一番の理想です。今回コラボレーションできてとてもうれしいです」と述べ、ほかにもマイケルからのインスピレーションを受けてハットを制作したことを明かした。またウェアコレクションのディレクションを手がけるうえで難しかった点について聞かれると「求められるものを作りたいという思いもあるので、手に取りやすいアイテムを1つずつ考えながら作っています」と回答。記者から「女性におすすめのアイテムは?」という質問が飛ぶと「『RILY』のロゴを新しくしたので、このロゴが入っているアイテムはおすすめですね」と話しつつも、「個人的にはマイケルからインスピレーションを受けたTシャツとハットですね(笑)」と笑顔で話した。

楽曲「RILY」のミュージックビデオで使用されたドラムセットやギターなどが展示された店内について、今市は「MVの世界観をアパレルと混ぜて表現したいと思っていました。照明や楽器類もそうですけど、かなりMVの世界観に近くて満足してますね」とうれしそうに語る。また楽曲のイメージについて「カッコいい女性と、その女性に惑わされる男性の心情を表現しました」と述べ、「自分がソロでやっている音楽性もオールディーズなものを取り入れているので、自然とアパレルやMVにもそういう部分が反映されている。昔のものをリバイバルすることで新しいものが生まれると思います。アシッドジャズの要素を取り入れた新曲『RILY』を新鮮に感じてくれる人もいると思うので満足してますね」とコレクション全体に込めたこだわりを語った。

グループでの活動やソロ活動、ウェアコレクションのディレクションなど多忙を極める今市。記者から「今年もラストスパートですが、『年内中にこれはやるぞ!』という仕事はありますか?」という質問に対して、「納期ですよね(笑)。納期に縛られているので、それをいかにクリアするかですね」と答えた。またメンバーからの反応について聞かれた今市は「前回はがんちゃん(岩田剛典)が『欲しいです』と言ってくれたのでプレゼントしました」と話しつつも、「メンバーも来てくれたらうれしいですけど……あまり来ないかな(笑)」と冗談混じりに答えて会場の笑いを誘った。囲み取材後には、ファンクラブの会員60名が招待され「RILY」のMVを上映。今市は最後に「RILY」のロゴが入ったオリジナルデザインの風船を集まったファン1人ひとりに手渡しながら見送った。

2019 RILY POP UP

2019年10月19日(土)~22日(火・祝)東京都 BN Studio

RYUJI IMAICHI「RILY」収録曲

CD

・RILY
・Church by the sea
・夜明け前
・これが運命なら
・RILY(Instrumental)
・Church by the sea(Instrumental)
・夜明け前(Instrumental)
・これが運命なら(Instrumental)

DVD

・RILY(Music Video)

音楽ナタリーをフォロー