音楽ナタリー - 最新音楽ニュース

西川貴教「イナズマロック」が10周年、豪華競演に15万人が熱狂

3825

LUNA SEAと西川貴教。

LUNA SEAと西川貴教。

西川貴教(T.M.Revolution)主催の野外フェス「イナズマロック フェス 2018」が、9月22、23、24日に滋賀・烏丸半島芝生広場で開催された。3日間とも天候に恵まれた今年の「イナズマロック フェス」では、有料エリアの「雷神ステージ」、無料エリアの「風神ステージ」「龍神ステージ」の計3ステージに3日間で100組以上のアーティストや芸人が出演し、合計15万人の観客を動員した。

2008年に滋賀ふるさと観光大使に就任した西川。彼は「音楽を通じて地元にお返しがしたい」という思いから、滋賀県の全面バックアップのもと2009年に「イナズマロック フェス」をスタートさせた。「イナズマロック フェス」はこの10年で西日本最大級のイベントに成長。雷神ステージでは、ロックバンドだけでなく、アイドルやダンスボーカルグループまで多彩なアーティストがパフォーマンスを行った。またステージ転換の間にはヒロシ、トレンディエンジェル、ひょっこりはん、U字工事、じゅんいちダビットソン、アインシュタイン、アキラ100%など、話題のお笑い芸人が出演。誰でも無料で入場できるフリーエリアには、アーティストやアイドルのライブが行われる風神ステージ、ご当地キャラクターや芸人が出演する龍神ステージ、飲食ブースや滋賀県観光PRコーナー、キッズエリアなどが設けられ、地元の家族連れなども多く訪れてにぎわった。この記事では雷神ステージの模様をレポートする。

■9月22日

雷神ステージのオープニングアクトは、滋賀県出身のLenny code fiction。2017年にもオープニングアクトとして出演を予定していたが、イベントの中止により出演ならず、この日1年越しに「イナズマロック フェス」でパフォーマンスを披露した。彼らは「ずっとライブハウスでプレイしてきて、今イナズマのステージに立っています」と地元での晴れ舞台を喜び、新曲「Make my story」など4曲を披露した。ステージ両脇のスクリーンにイベントの10年の歴史を振り返るVTRが流れたあと、西川がステージに登場。彼は深く一礼し、「ようこそ滋賀へ! ようこそイナズマロック フェスへ! 来てくれた皆さんのおかげでこの天気になりました。去年一昨年、この場所で悔しい思いをしました。だからこそ、10周年があります。関わってくれた皆さん、集まってくれた皆さんに感謝して……行くぞ! イナズマロック フェス、スタート!」と開会を宣言した。西川はそのまま西川貴教名義でパフォーマンスをスタート。3月にリリースした西川貴教名義での1stシングル「Bright Burning Shout」をはじめ、hide「ever free」のカバー、11月14日リリースの2ndシングル「His/Story / Roll The Dice」の収録曲など6曲をプレイし、MCでは「今回の『イナズマロック フェス』で一番キャリアが浅く、一番フレッシュです」と来場者を笑わせた。10月5日に配信リリースされるFear, and Loathing in Las Vegasとのコラボ楽曲「Be Affected」では、Fear, and Loathing in Las VegasのSo(Vo)とMinami(Vo, Key)もステージに登場し、ステージを盛り上げた。

ROTTENGRAFFTYは「『イナズマロック フェス』! 初めましての人も、そうじゃない人も、ぶっとべー!」と声を上げ、ラストの「金色グラフティー」まで全6曲を披露。和楽器バンドは「千本桜」でライブをスタートさせ、11月14日リリースのニューシングル「細雪」の表題曲なども熱演した。「イナズマロック フェス」初出演となる欅坂46は「サイレントマジョリティー」や「二人セゾン」「風に吹かれても」など5曲をパフォーマンスし、会場を盛り上げる。ゴールデンボンバーのステージでは鬼龍院翔(Vo-karu)が、西川が生放送で鬼龍院の住所をばらしたことが原因と噂される「共演NG説」を完全否定。彼らは昨年リリースした47都道府県別限定シングルから、滋賀バージョンの「やんややんやNight~踊ろよ滋賀~」を披露したり、樽美酒研二(Doramu)が、T.M.Revolution「HOT LIMIT」のスーツを細い赤紐にアレンジした衣装で登場するなど、趣向を凝らしたパフォーマンスで会場を盛り上げた。

滋賀県出身で、この10年の中で西川を除いて最多出演しているUVERworldは「WE ARE GO」「ODD FUTURE」「Q.E.D」「IMPACT」、未発表曲の「EDENへ」など9曲をプレイ。「『イナズマロック フェス』マジで最高だな!」と叫んだTAKUYA∞(Vo)は「自分たちも昔は観客側にいて、いいライブを見ると悔しくて、あんな風になりたいと走ってきたからこそ今ステージに立てている。このライブを見た人が何かを感じたら、(何かを)始めてみてほしい」と来場者にメッセージを送った。1日目のトリは西川とインディーズ時代から交流のあるバンドLUNA SEA。RYUICHI(Vo)は「出演できて光栄です。10回を迎えたイベント、すごいと思います」と西川を賛辞した。LUNA SEAは昨年リリースした最新アルバム「LUV」から「Hold You Down」を披露したほか、「Dejavu」「ROSIER」「WISH」といった人気曲も熱演。最後にRYUICHIが「主催者に登場していただきましょう」と西川をステージに呼び込み、LUNA SEA初期の代表曲「PRECIOUS...」をコラボパフォーマンスした。

■9月23日

オープニングアクトのThinking Dogsは「イナズマ、楽しんでますか。初めましての方も多いので、名前を覚えていただきたい」と話し、9月26日発売の最新シングル「言えなかったこと」の表題曲など4曲を披露。その後、レインボーカラーのアフロヘアのウィッグをかぶった三日月大造滋賀県知事が、毎年おなじみの「We love イナズマ! We love 琵琶湖!」と挨拶した。NICO Touches the Wallsは「本当は去年もここにいるはずだったんですが、嵐で今年にキャリーオーバーされてしまいました。今年は思い切りリベンジしましょう!」と話し、「VIBRIO VULNIFICUS」など、全5曲を演奏。BiSHは「DA DANCE!!」「beautifulさ」「BiSH-星が瞬く夜に-」など6曲をパフォーマンスした。

超特急はT.M.Revolution「HOT LIMIT」の衣装をアレンジしたそれぞれのカラーのボディスーツを着て、同曲のイントロに乗って登場。彼らは10周年という節目を迎えた「イナズマロック フェス」に出演できる喜びと共にメンバーのタカシが誕生日であることを明かす。そして「西川さんからは(誕生日プレゼントに)全力のビンタをいただきました!」とうれしそうに報告した。6人は「Believe×Believe」など全6曲を披露し、ステージを下りた。04 Limited SazabysのGEN(B, Vo)は「今年もイナズマのステージに立てること、光栄に思います」と挨拶。そして音楽に興味を持ったきっかけが西川で、小学校1年生のときには「西川貴教になりたい」と思っていたというエピソードを披露した。4人は「swim」「My HERO」「Squall」などライブ定番曲を中心に8曲プレイし、出番を終えた。

Fear, and Loathing in Las Vegasは「Return to Zero」でライブをスタート。「Let Me Hear」「Party Boys」などを届けた。続いて登場したのは、西川がボーカルを務めるバンドabingdon boys school。2006年にデビュー、「イナズマロック フェス」には初回から4年連続で出演したが、2012年以降は活動休止状態だった。西川は「6年ぶりにイナズマに帰ってきたぞ! もし帰ってくるならこの場所しかないと思ってた」と叫び、バンドとしてのブランクを感じさせない圧巻のステージを見せる。ラストナンバーの「キミノウタ」で西川が感極まると、それに気付いた客席から大きな手拍子が沸き起こる一幕も。MICRO(HOME MADE 家族)を迎えた「LOST REASON」など全6曲をプレイすると、客席からは惜しみない拍手が送られた。

2日目のトリを務めたTHE ORAL CIGARETTESは「イナズマはみんなで作っていくフェス。去年一昨年も悔しい思いをみんなと共有しました」「俺らみたいな若造をトリにしてくれた西川さんの懐の広さに感謝」と話し、「カンタンナコト」「DIP-BAP」「狂乱 Hey Kids!!」「Everything」など8曲をエネルギッシュにパフォーマンス。アンコールでは「天気とか災害は逃れられないもの。つらい思いをした人がいるけれど、ずっと向き合っていかなくてはいけない。だからこそ『晴れたね、俺ら(雨に)勝ったね』って、最後に大好きなアニキと1曲やりたい」と、西川を呼び込んでライブを「Rel」で締めくくった。

■9月24日

オープニングアクトのベリーグッドマンは最新シングル「ライオン(2018New Ver.)」を含む全6曲を披露。橋川渉草津市長の挨拶に続いて登場したTHE RAMPAGE from EXILE TRIBEは「西川さん、『イナズマロック フェス』10周年おめでとうございます」「音楽好きな方、一緒に楽しんでもらえたらうれしいです」と話し、「Lightning」「LA FIESTA」「Only One」など全9曲をパフォーマンスした。Sonar Pocketのライブは「好きだよ。~100回の後悔~」でしっとりとスタート。彼らは「ファンファーレ」「365日のラブストーリー。」など全5曲を届けた。また高身長のko-daiは「西川さんにおいしいごはんをたくさんご馳走になって、こんなに大きくなりました」と、西川との交流を明かした。イベント初出演となるBLUE ENCOUNTは定番曲「もっと光を」などを披露。田邊駿一(Vo, G)は「初出演でメインステージのアクトをさせてもらえるなんて」と喜び、7歳年上の姉が高校生のときに初めて行ったライブがT.M.Revolutionで、その姉が帰宅後ライブの興奮冷めやらぬまま幼い田邊をつかまえて「お前、歌手になれ!」と言ったというエピソードを披露した。

2年連続出演となるKEYTALKは「桜花爛漫」「Summer Venus」とアッパーチューンを連射。「MURASAKI」「MATSURI BAYASHI」「MONSTER DANCE」などをプレイした。HYは代表曲「AM11:00」でライブを開始。「エール」や「ホワイトビーチ」などライブでの定番曲を含めて5曲を届けた。ENDRECHERIは「HYBRID FUNK(short ver.)」をはじめとするグルーヴィなナンバーで観客を魅了。最後の「FUNK SESSION」では女性コーラスがハイトーンで「イナズマローーーーーーック!」と歌い上げ、客席から大きな歓声があがった。

3日間の大トリはもちろんT.M.Revolution。黒いジャケットにメタルの甲冑風の装飾がついた衣装に身を包み、観客の大歓声に迎えられて登場した彼は8人の女性ダンサーを引き連れ「WHITE BREATH」「HIGH PRESSURE」「HOT LIMIT」と、おなじみのナンバーを繰り出す。「2年ぶり、いや3年ぶりにこのステージで『イナズマロック フェス』のファイナルを飾ることができて、本当にうれしいです。全員の願いです、ありがとうございます」と笑顔を見せる。「FLAGS」「SWORD SUMMIT」「DOUBLE DEAL」とハードなナンバーを畳み掛け、観客を熱狂させた。最後に西川は「全員でラストの曲、やっちゃっていいすか。忙しなくて申し訳ないけど、これもイナズマらしくていいでしょ」と苦笑いし、出演アーティストと共に琵琶湖をテーマにしたナンバー「Lakers」を歌った。最後に西川は「これまでこのイベントに少しでも関わってくれた人、フリーエリアでもいい、ここに来てくれたことがある人、全ての人に、ありがとうございました」と感謝の意を伝え、そして「また会おうぜ!」と来年も「イナズマロック フェス」を開催することを約束。空には大きな花火が打ち上がり、10周年の「イナズマロック フェス」は大団円を迎えた。

音楽ナタリーをフォロー