小袋成彬「Selfish」MVが「ショートショート フィルムフェスティバル」話題賞受賞

115

小袋成彬の楽曲「Selfish」のミュージックビデオが短編映画祭「ショートショート フィルムフェスティバル & アジア2018」の話題賞を受賞した。

小袋成彬

小袋成彬

大きなサイズで見る(全3件)

「ショートショート フィルムフェスティバル & アジア」は俳優の別所哲也が代表を務める国際短編映画祭で、別所は「Selfish」MVについて「物語と音楽が一体となり、観るものの心を揺さぶる作品です。映像におけるフィルムの質感は、小袋成彬さんの詩の世界観を新鮮かつどこか懐かしい映画的世界へと昇華させていたと思います」とコメント。また本作の監督を務めた石田悠介は「このビデオは小袋君から曲・アルバムのコンセプトやその背景にある色々なエピソードを聞くところから始まり、小袋君の音と言葉の世界をビジュアルで自分なりに表現しようと努めました」と述べている。本作は小袋にとって初のMVであり、デビュー作品が「ショートショート フィルムフェスティバル & アジア 2018」で話題賞を受賞するのは今回が初めてとなる。

なお小袋は10月に東阪ツアーを実施。10月5日に大阪・Music Club JANUS、10日に東京・WWW Xでワンマンライブを行う。このうち東京公演のチケットはソールドアウトしている。

この記事の画像・動画(全3件)

石田悠介 コメント

このビデオは小袋君から曲・アルバムのコンセプトやその背景にある色々なエピソードを聞くところから始まり、小袋君の音と言葉の世界をビジュアルで自分なりに表現しようと努めました。このような賞を頂き、これからも音楽と映像の独特な関係性を作り出せるように頑張ろうと思いました。賞の関係者、また制作スタッフの皆さん、本当にありがとうございました。

別所哲也 コメント

既成概念に捉われない音楽と映像の化学反応を期待するミュージックビデオ部門で上映された「Selfish」は、まさに1篇のショートフィルム。物語と音楽が一体となり、観るものの心を揺さぶる作品です。映像におけるフィルムの質感は、小袋成彬さんの詩の世界観を新鮮かつどこか懐かしい映画的世界へと昇華させていたと思います。

小袋成彬 東阪ワンマンツアー

2018年10月5日(金)大阪府 Music Club JANUS
2018年10月10日(水)東京都 WWW X

全文を表示

関連記事

小袋成彬のほかの記事

リンク

このページは株式会社ナターシャの音楽ナタリー編集部が作成・配信しています。 小袋成彬 の最新情報はリンク先をご覧ください。

音楽ナタリーでは国内アーティストを中心とした最新音楽ニュースを毎日配信!メジャーからインディーズまでリリース情報、ライブレポート、番組情報、コラムなど幅広い情報をお届けします。