音楽ナタリー - 最新音楽ニュース

GLIM SPANKYが聖地武道館で初ワンマン「ロックキッズとして感慨深い」

454

「GLIM SPANKY LIVE AT 日本武道館」の様子。(photo by HAJIME KAMIIISAKA)

「GLIM SPANKY LIVE AT 日本武道館」の様子。(photo by HAJIME KAMIIISAKA)

GLIM SPANKYが昨日5月12日、初の東京・日本武道館ワンマンライブ「GLIM SPANKY LIVE AT 日本武道館」を行った。

老若男女幅広い層の観客8000人が大きな声援を送る中ステージに登場したGLIM SPANKYは、「アイスタンドアローン」で初武道館のライブをスタートさせた。スクリーンには曲ごとにさまざまな映像が投影され、音楽とアートが融合したGLIM SPANKYならではのステージが展開される。8曲を終えたところで、松尾レミ(Vo, G)は「こんなにロックが好きな友達が集まったから、今日はそういうロックを楽しむ夜にしましょう」と観客に呼びかけた。

その後は映画「ONE PIECE FILM GOLD」の主題歌「怒りをくれよ」、テレビ朝日系ドラマ「警視庁・捜査一課長 season2」の主題歌「美しい棘」といったタイアップナンバーが続き、現在放送中の「警視庁・捜査一課長 season3」の主題歌に採用されたバラードナンバー「All Of Us」はこの日が東京でのライブ初披露となった。松尾は「ここはロックの聖地で、The Beatlesだったり、ボブ・ディランだったり、Led Zeppelinだったり、数々のスター達がやってきた同じ環境で。いや、当時とは違うかもしれないけどこういう音を聴いてやっていたんだと思うとロックキッズとしてはすごく感慨深いです」と改めて武道館のステージに立てた喜びを語り、亀本寛貴(G)は「武道館をやるにあたり、取材をしていて、とにかくカッコいいことをやろうと話していました。決まったときには正直埋まるのかなと思っていました。これ以上チケットがないという状況ではなかったので、お客さんがいなくて、寂しい武道館だったらどうしようと松尾さんと話していました。でも、始まった瞬間から、こんなに素敵な景色を見させていただきました。やってきて本当によかったと思いました。ありがとうございます」と会場に集まったファンへ感謝の思いを述べた。

ライブ後半には映画「不能犯」の主題歌「愚か者たち」や、ライブ定番曲「大人になったら」などが歌われ、会場には涙を流す観客の姿も。アンコール含む25曲を熱唱した松尾は「こうやって自分たちが好きな音楽を、好きなファッションで、好きな思想でこうやって曲げずにやり続けていても、こうやった仲間になってくれる、あなたたちがいるので私たちはやり続けることができています。本当にありがとうございます」と目の前の8000人に胸の内を伝えた。

GLIM SPANKY「GLIM SPANKY LIVE AT 日本武道館」
2018年5月12日 日本武道館 セットリスト

01. アイスタンドアローン
02. 焦燥
03. 褒めろよ
04. MIDNIGHT CIRCUS
05. 闇に目を凝らせば
06. BIZARRE CARNIVAL
07. The Trip
08. お月様の歌
09. ダミーロックとブルース
10. ミュージック・フリーク
11. いざメキシコへ
12. 怒りをくれよ
13. 吹き抜く風のように
14. 美しい棘
15. The Flowers
16. All Of Us
17. 愚か者たち
18. NEXT ONE
19. END ROLL
20. In the air
21. サンライズジャーニー
22. 大人になったら
<アンコール>
23. さよなら僕の町
24. リアル鬼ごっこ
25. Gypsy

音楽ナタリーをフォロー