音楽ナタリー - 最新音楽ニュース

柏木由紀がランジェリーブランドのアンバサダー就任、付ける下着は「その日の気分次第」

366

柏木由紀

柏木由紀

ランジェリーブランド「Ravijour」が新プロジェクト「Upgrade」をスタート。プロジェクトのアンバサダーに柏木由紀AKB48、NGT48)が就任し、本日4月25日に東京・CROAK Prime Studioで行われた記者会見に出席した。

このプロジェクトは、“女の子”から“大人の女性”への成長をテーマとしたもの。株式会社ベリグリの代表取締役の服部稔は「柏木さんにはアイドルとして次のステップに踏み出したいと意向がある。アイドルとしてだけではなく、大人の女性として生きる柏木さんを『Ravijour』というフィルターを通して、日本の女性に発信できたら」とアンバサダー起用に至った理由を説明。「Ravijour」の新作ランジェリーを着用し登場した柏木は「今回はとても重要な役割を任されたなと緊張しつつも、うれしく思っています。世の中の女性の皆さんと一緒に成長していくような気持ちでアンバサダーを務められたら」と意気込んだ。彼女は“大人の女性”への成長というテーマについて「私は今年27歳になります。“大人の女性”への切り替えをしていきたいと思っている時期なので(プロジェクトの)コンセプトに共感しました。私も下着を選ぶときに自分のテンションが上がるものを身に付けて、今日も仕事がんばるぞという気持ちになっています」とコメント。下着のモデルをするにあたって準備したことを司会者に問われると「いろんなデザインの下着を着させていただくので、たくさんカタログを読んで勉強しました。どうやったらデザインがかわいく見えるのかなって」と熱意をのぞかせた。

「Ravijour」では今年度の冬コレクションとして、柏木とのコラボ商品を発売予定。柏木は商品のデザインについて「下着をデザインするプロの方にはどうしても叶わないと思ったので、自分の好きなものやアイドルの衣装からインスピレーションをもらいながら、女の子のテンションが上がるようなデザインを何度も話し合いながら試行錯誤して考えていきました」と語り、「どんな色が好きな方にも一押しの色を選んでいただけるように、3種類のカラーを用意しています」とこだわりのポイントも明かした。「Ravijour」のオフィシャルウェブストアでは税込1万円以上商品を購入した人を対象に、新作ランジェリーを着用した柏木を3Dで見ることができるVRキットを配布。VRキットをのぞき自分のランジェリー姿を見た柏木は「めちゃめちゃ恥ずかしいですね」とはにかみながらも「えー、すごい! 下から上まで……カメラマンになった気分です!」と楽しんでいた。

フォトセッション後の囲み取材で“大人の女性”になったと思った瞬間を問われた柏木は「AKBでも最年長になったので、仕方なく実感しています……」と苦笑いしながらも「でも、アンバサダーをやらせていただいて、大人になると言うことを前向きに捉えられるようになりました」とポジティブにコメント。さらに彼女は“大人の女性”になるために行っていることについて「自立している女性って素敵だなと思うので、掃除をまめにするようになりました(笑)。ファッションも少しずつシンプルなものに、そして下着にもこだわるように最近なりましたね」と語り、普段付けている下着について「色と形は問わず、その日の朝の気分次第で選んでいます。ピンクや白といったかわいらしいものから、赤や黒まで」と明かした。自身は出馬しない今年のAKB48選抜総選挙について“がんばってほしいメンバー”を尋ねられると「あー! 誰だろうな……」と彼女は迷った様子を見せた後「みんながんばってほしいですけど、兼任しているNGT48のメンバーはくるんじゃないかな。グループが新潟県に応援していただいているのを感じる。期待を込めて、応援しています」と目を輝かせた。その後彼女はこれまでの選抜総選挙でどのような下着を付けていたのか問われると「本当のことを言っていいですか?」と前置きをし「透けたら怒られるので、ベージュ……(笑)。今思えば勝負下着とか付けておけばよかったな」と明るく笑い、会見を締めくくった。

「Ravijour」では、商品の購入者を対象とした柏木のイベントやコラボフェアなどさまざまなキャンペーンが行われる。

※記事初出時、本文に誤りがありました。訂正してお詫びいたします。

音楽ナタリーをフォロー