音楽ナタリー - 最新音楽ニュース

ももクロ&しんちゃん、女子高にサプライズ登場でJK大歓喜

1212

ももいろクローバーZ、野原しんのすけ、蒲田女子高等学校生徒。

ももいろクローバーZ、野原しんのすけ、蒲田女子高等学校生徒。

ももいろクローバーZが本日4月10日に東京・蒲田女子高等学校にサプライズで登場。同校の生徒約350人の前で4月13日に公開される映画「映画クレヨンしんちゃん 爆盛!カンフーボーイズ ~拉麺大乱~」の主題歌「笑一笑 ~シャオイーシャオ!~」を披露した。

蒲田女子高等学校ではこの日、新学期が始まったばかりの生徒に秘密で映画「映画クレヨンしんちゃん 爆盛!カンフーボーイズ ~拉麺大乱~」の公開記念イベントがスタートした。まず体育館に集められた生徒の前に弘中綾香(テレビ朝日アナウンサー)が司会進行役として登場。その後、幕の間からひょっこりと野原しんのすけが顔を出した。幕が上がると、ももクロが姿を見せ、野原しんのすけと共に明日4月11日発売のニューシングル「笑一笑 ~シャオイーシャオ!~」の表題曲を披露。突然のももクロの登場に体育館は大歓声に包まれた。

トークコーナーでは玉井詩織と高城れにが女子校出身であることを話し、「男の先生はハーレムって言われがちだけど、全然そうじゃない!」「手を叩いて笑う!」などと“女子校あるある”を繰り出して生徒たちの共感を誘った。佐々木彩夏が「ひたすら眠くない?」と語りかけると、生徒が一斉に「眠いー!」と答えるも、佐々木は「でも大丈夫。そのうち眠くなくなる! 高校時代が一番眠かった」と自身の経験を話した。高城は「でも休み時間になった途端に眠気が吹っ飛ぶよね」と話をつなげたあと、高校を卒業してから7年が経つことを述べつつ、「制服を着れるうちを誇りに思ったほうがいいですね。高校時代に戻れたら制服着てディズニーとか行きたいなあ」とコメント。百田夏菜子は「学校を卒業すると、怒られないのがさびしくなっちゃう。廊下を走るな!とか言われるのもこれが最後だなって思ったときそう感じたなあ」と自身の思い出を振り返った。

ももクロと野原しんのすけは、「JKたちよ」「映画館へ急げ!!」と書かれた巻物を広げ、生徒と一緒に集合写真を撮影。にぎやかな雰囲気でサプライズイベントを締めくくるかと思いきや、百田が「それでは皆さん! 今日はせっかく来たのでもう1曲!」と伝え、再び大歓声が巻き起こる。ももクロは生徒たちに向けて「走れ!」を届け、笑顔でイベントを締めくくった。

音楽ナタリーをフォロー