音楽ナタリー - 最新音楽ニュース

BLUE ENCOUNT「もっと光を」が住野よる新刊テーマソングに

793

BLUE ENCOUNTの「もっと光を」が、3月2日発売の小説家・住野よるの新刊「青くて痛くて脆い」のテーマソングに決定。同作のイメージムービーで使用されている。

2015年1月にシングルとしてリリースされた「もっと光を」は、ブルエンのライブの定番曲としてファンの間で愛されているナンバー。今回のタッグは「青くて痛くて脆い」のストーリーと楽曲の歌詞の世界がリンクすることから、ブルエンファンである住野たっての希望で実現した。

住野は「『もっと光を』は、ブルエンから光を貰う曲であるのと同時に、聴いた人それぞれが他の誰かに光を届けようとすることの出来る曲なのだと、一人のファンとして感じています。『青くて痛くて脆い』にも、そんな物語であってほしい」「BLUE ENCOUNTの皆さんにとって、そしてBLUE ENCOUNTのファンの皆さんにとっても特別な『もっと光を』という曲の力をお借りして、『青くて痛くて脆い』が多くの方達の心まで届くように願っています」とコメントしている。

イメージムービーは「青くて痛くて脆い」の特設サイトおよびYouTubeにて公開されており、書籍の発売以降は一部書店でも公開予定。

住野よる コメント

「青くて痛くて脆い」に、「もっと光を」の力を貸していただけないだろうか。そんなことを思ったのは、「この本のPVにかっこいい曲を使いたい」という話が出た時でした。作者がBLUE ENCOUNTのファンであるということがまず大前提にありました。そこから、歌詞が物語の趣旨にぴったり合っていることや、江口さんが以前から拙作を読んでくださっていること、自身の作品で初めて色が題名に入っていることなどたくさんの理由があがり、その中でも「もっと光を」を使わせていただけないかと考えた最も大きな理由は、作者がライブで聴く度に読者さん達のことを思い出す曲だからでした。「もっと光を」は、ブルエンから光を貰う曲であるのと同時に、聴いた人それぞれが他の誰かに光を届けようとすることの出来る曲なのだと、一人のファンとして感じています。「青くて痛くて脆い」にも、そんな物語であってほしい。読んだ人が光を感じられるように、その光をまた他の誰かに各々の形で届けられるように。「もっと光を君に届けたくなったよ」という歌詞は、読者の皆さんに「青くて痛くて脆い」を読んでもらう上で、作者が込めた想いそのものです。BLUE ENCOUNTの皆さんにとって、そしてBLUE ENCOUNTのファンの皆さんにとっても特別な「もっと光を」という曲の力をお借りして、「青くて痛くて脆い」が多くの方達の心まで届くように願っています。

音楽ナタリーをフォロー