音楽ナタリー - 最新音楽ニュース

さくらしめじ、BLITZワンマンでスペシャル連発!伊藤一朗と“親子共演”も

1608

さくらしめじ(撮影:ハヤシサトル)

さくらしめじ(撮影:ハヤシサトル)

さくらしめじが昨日12月9日に東京・マイナビBLITZ赤坂にてワンマンライブ「菌育 in the 家(はうす)スペシャル」を開催した。

ライブは田中雅功の「赤坂ー! 楽しんでいきましょう!」という元気いっぱいの呼びかけで幕開け。2人は「あやまリズム」を弾き語りでプレイし、冒頭からさわやかなハーモニーを会場に響かせた。続く「せきがえのかみさま」で上手と下手の端に置かれたお立ち台に立った雅功と高田彪我は、その場に設置されたマイクに顔を寄せて表情豊かに曲を歌い上げる。間奏で彪我が「“席替え”しまーす!」と言うと、2人はポジションをチェンジ。すると、上手のマイクが雅功より背の高い彪我に合わせてあったため、雅功は少し背を伸ばして歌わなければいけない状況に。彼は歌いながら「誰、『身長足りてない』とか言った人!」とアドリブで言い放ち、ファンの笑いを誘っていた。

自己紹介を挟み、その後も彼らは2人だけで次々と楽曲を届けていく。4曲を終えてのMCでは2人がヤイリギターでオーダーメイドのアコースティックギターを作ったことが報告され、彼らはギターネックにキノコのマークが刻まれた新しい“相棒”を観客にお披露目した。雅功は「K. Fukami」、彪我は「高田イリヤン」とそれぞれのギターに名前を付けたといい、2人は「カッコいいでしょ?」と満足げな笑顔を浮かべる。このギターで初めて披露されたのは「さんきゅう」で、2人は温かみのある音色を響かせながら、優しいハーモニーで会場を満たした。

「ひだりむね」をパワフルにプレイすると、雅功はここで「“スペシャル”なのは、新しいギターだけじゃないんです!」と告げる。彼は「僕ら初めて、スペシャルゲストをお迎えしております!」と続け、この日のゲストである伊藤一朗(Every Little Thing)を呼び込んだ。予想外の人物の登場に騒然となる会場を見渡し、伊藤は「すごいねー。こんばんわ!」とマイペースに挨拶。さくらしめじの5thシングル「あやまリズム」で2人がEvery Little Thingの「fragile」をカバーしたことからこの日の共演が叶い、雅功と彪我によるカバーについて伊藤は「すごくフレッシュで、やっぱり『若いっていいな』って。今日リハをやっていても、初心に戻る気持ちにさせてもらえたんだよね」と感想を伝えた。

その後3人のセッションで披露された「fragile」で、彪我は透明感に満ちたリードボーカルを聞かせる。雅功は深みのある低音のユニゾンで彪我の歌を支え、伊藤は切なさを帯びた音色を紡ぐ技巧的なソロで2人の歌声を彩った。静かに熱いコラボを展開する舞台上の3人を、観客も息を飲むようにして見つめる。曲を終えると伊藤は「2人の息がピッタリでびっくりした!」とひと言。この言葉にさくらしめじは安どの笑顔を浮かべ、伊藤が「なんか、親子共演って感じだったね」と言うと、雅功は「いつか本当の親子みたいになれるよう、僕ら精進していきます!」と誓っていた。

伊藤を見送ると、ステージには入れ替わりでバックバンドのメンバーが姿を見せる。ライブ後半はバンドスタイルで届けられ、「ふうせんはなび」でギターをかき鳴らしながら勢いよくステージ前方に飛び出した2人。「ケセラセラララ」では楽しげな演奏にオーディエンスも小気味よく体を揺らし、フロアからは「ケセラセラセラ ララ」というシンガロングが湧き起こった。また「菌育」の恒例企画となっている彪我の即興ソングコーナー「即興3ワードソング」も、この日はスペシャルバージョンとして雅功が担当することに。観客から集めた「消費税」「消防車」「サッカー」というワードを使いその場で曲を作ることになった雅功は、頭を捻りながらも語りのパートを盛り込んだロック調の楽曲でコール&レスポンスを巻き起こし、彪我に向かって「君はいつもこんな気持ちなんだね……!」と照れ笑いを浮かべていた。

スポットライトに照らされた雅功の切ない歌声から始まる「きみでした」ではスノーマシンの演出が曲の世界観を際立たせ、2人とバンドはドラマティックな演奏でオーディエンスを引き付けた。ライブが佳境に差し掛かると、2人は会場の熱気を一層引き上げるべくここで新曲「スタートダッシュ」を投下。この曲は雅功と彪我の激しいギターの応酬から始まる疾走感のあるポップチューンで、2人はエネルギッシュなパフォーマンスでオーディエンスを盛り上げる。続く「ねこの16ビート」の“ねこダンス”で会場がひとつになると、彪我は「お腹空きましたかー!?」と大きな声で会場に呼びかける。雅功と観客が「空いたー!」と返すと、彪我の“卵かけごはん愛”を歌うアッパーチューン「てぃーけーじー」へ。顔を寄せ合い1つのマイクで楽しそうにハーモニーを響かせる2人の姿にファンが熱狂すると、間奏では彪我が卵かけごはんの早食いに挑戦。雅功による実況のもと、彪我はおいしそうにこれを平らげて「もう一杯食べたーい!」と笑顔を弾けさせた。そして、本編ラストの「えそらごと」では無数のシャボン玉がステージを華やかに飾る中、雅功が「うれしいときや悲しいとき、皆さんの日常にそっと寄り添える音楽を届けていきます!」、彪我が「僕たちさくらしめじ、皆さんにスペシャルを届けられるようにこれからもがんばっていきます!」と力強く宣誓。晴れやかな表情で歌声を響かせ、舞台袖へと姿を消した。

アンコールの声に応えて再度ファンの前に姿を見せた2人は「もっと皆さんの近くで歌を届けたいと思います」と宣言し、フロアの中央に設けられたミニステージへと歩みを進めた。ファンの歓声が湧き起こる中、雅功は「僕らが初めて2人で作った曲を」と「おもいでくれよん」をタイトルコールする。2人はマイクを通さずにこの曲を弾き語りし、彼らを360°囲むオーディエンスは柔らかな手拍子の音を響かせる。会場は大きな一体感に包まれ、雅功と彪我はくるくると会場を見渡しながら楽しそうに笑顔を浮かべていた。

2人がステージに戻ると「菌育 in the 家(はうす)」の最終公演が東京・日比谷野外大音楽堂で実施されることがサプライズ発表され、2人は全身で喜びを表現した。バンドセットで披露されたこの日のラストナンバーは「みちくさこうしんきょく」。曲中のコール&レスポンスのパートで彼らが「今日のライブ最高だったよ、っていう人!」と呼びかけると、オーディエンスは大きな歌声で2人の呼びかけに反応していた。

さくらしめじ「菌育 in the 家(はうす)スペシャル!」
2017年12月9日 マイナビBLITZ赤坂 セットリスト

01. あやまリズム
02. せきがえのかみさま
03. だるまさんがころんだ
04. おたまじゃくし
05. さんきゅう
06. ひだりむね
07. fragile
08. ふうせんはなび
09. ケセラセラララ
10. かぜいろのめろでぃー
11. きみでした
12. スタートダッシュ
13. ねこの16ビート
14. てぃーけーじー
15. えそらごと
<アンコール>
16. おもいでくれよん
17. みちくさこうしんきょく

音楽ナタリーをフォロー