音楽ナタリー - 最新音楽ニュース

Helsinki Lambda Clubからアベヨウスケ脱退

282

Helsinki Lambda Club。右端がアベヨウスケ(Dr)。

Helsinki Lambda Club。右端がアベヨウスケ(Dr)。

Helsinki Lambda Clubからアベヨウスケ(Dr)が脱退する。

アベはHelsinki Lambda Clubの前身バンドから、バンドの屋台骨を支えてきたメンバー。彼と、ほかの3人とで目指すべく方向性にズレが生じていき、メンバー全員で何度も話し合った結果アベがバンドを去ることとなった。アベのラストライブは12月28日に東京・新代田FEVERにて行われるHelsinki Lambda Club主催のフロアライブ「Helsinki Lambda Club vs. 愛はズボーン“タイマン、タイマン、タイマン!!”」。チケットは残りわずかとなっている。アベ脱退後、Helsinki Lambda Clubはサポートメンバーを迎えて活動を継続する。

橋本薫(Vo, G)コメント

まず、音楽に人生を捧げようとする狂った人間達が、数人集まってずっと添い遂げられること自体が奇跡に他ならないと思います。
アベくんとは前身バンドの時代を含めると約5年ほど一緒に音を鳴らしてきましたが、この度それぞれの道を歩むことになりました。応援してくれている皆様が悲しみに暮れることも、脱退なんてよくあることだと思うのも人それぞれだと思いますが、何より大事なのはバンドのその後だと考えています。立ち止まる必要があれば立ち止まりますが、僕含むメンバー全員がまだヘルシンキラムダクラブで表現したいことがあり、かつメンバーの脱退を受けてもバンドをより良いものにしていく自信があるので、バンドは続きます。まだ良くなると信じているので続く、それだけです。
なので、今後も阿呆な我々がどんな音楽を作っていくのか楽しみにして頂ければ幸いです。盲信してもらう必要はないので、魅力がなくなったかどうかの判断は、その後を観て聴いて頂いてからでもいいんじゃないかなと。
ひとまずアベくん長い間支えてくれてありがとう!! 皆さんも現体制、残り3本のライブでお会いできたら!!

「Time,Time,Time」発売記念ガチンコ2マンフロアライブ Helsinki Lambda Club vs. 愛はズボーン“タイマン、タイマン、タイマン!!”

2017年12月28日(木)東京都 新代田FEVER
<出演者>
Helsinki Lambda Club / 愛はズボーン

音楽ナタリーをフォロー