音楽ナタリー - 最新音楽ニュース

「HiGH&LOW」雨宮兄弟に“ゼネラルプロデューサー”柳沢慎吾が猛アピール

570

左からTAKAHIRO、柳沢慎吾、登坂広臣。

左からTAKAHIRO、柳沢慎吾、登坂広臣。

昨日11月19日に東京・丸の内ピカデリーにて、映画「HiGH&LOW THE MOVIE 3 / FINAL MISSION」のヒットを記念した舞台挨拶が行われた。

舞台挨拶には雨宮雅貴役のTAHAHIRO(EXILE)、雨宮広斗役の登坂広臣三代目 J Soul Brothers from EXILE TRIBE)の“雨宮兄弟”が登壇した。約3年間にわたって兄弟役を演じてきた彼ら。司会者から「シリーズの中で思い出深い撮影」を尋ねられたTAKAHIROは、雨宮兄弟をフィーチャーした映画「HiGH&LOW THE RED RAIN」でのフィリピンロケを挙げ「楽しいこともたくさんありましたし、なんと言っても気温が体感50度くらいありました。そんな中革ジャンでアクションをやって、帰ってくる頃には体重も20kgくらい落ちていて……(笑)」と冗談を交えながら語る。またTAKAHIROが雨宮3兄弟の長男・尊龍役の斎藤工に憧れるあまりに「俺は斎藤工さんみたいになる」と宣言したことが彼自身の口から明かされると、登坂は「フィリピン史上一番笑いました」と振り返った。

その後舞台には「HiGH&LOW」シリーズの大ファンだという柳沢慎吾がシークレットゲストとして登場。彼は大歓声の中、半ば強引に観客とハイタッチをしながらステージにやってくると「うちの奥さんが(『HiGH&LOW』を)観てて、すっごい面白いってことで。そしたらあーた、僕もハマっちゃって! 小田原にいる実のお姉ちゃんも3回観てる」と挨拶も早々にマシンガントークを繰り広げる。“ゼネラルプロデューサー”として舞台挨拶に駆け付けたと言う柳沢は、その後も自由に「HiGH&LOW」への愛をアピール。彼が劇中の爆破シーンについて興奮した様子で話すと、TAKAHIROと登坂も「日本で使えるギリギリラインの爆薬を使って撮影したので、かなり迫力あるシーンに仕上がったと思います」と自信を覗かせた。

またTAKAHIROが柳沢に「出演してくださるとしたらどういった役がいいですか?」と質問すると、彼は「工ちゃんが長男でしょ? 次男、三男……四男」と自身を指差し、「この中で一番“としうえ~”!」とIKKOの“どんだけ~!”ふうに絶叫。登坂が「四男は年齢設定的に問題があるので、雨宮おじさんとか。伝説のおじさん」と提案すると「いいね! 近所のおじさんとかね。『おお、またやってるよー!』とか言ってね」と喜びを露わにする。しかし「SWORD地区にいそうですね」という登坂の言葉を「え? 蓄膿症?」と聞き返してしまい、TAKAHIROから「本当に映画ご覧になりましたか!?」とツッコまれていた。

最後にTAKAHIROはファンに対して「皆さんのおかげでこうして大ヒット記念舞台挨拶をさせていただくことができました。さらに盛り上げていければと思っていますので、よろしくお願いします!」とメッセージを送る。そして3人は「また会う日まで、あばよ!」と親指を立てて会場をあとにした。

音楽ナタリーをフォロー