音楽ナタリー - 最新音楽ニュース

=LOVEが笑顔でデビュー曲届けたラクーアライブ、プロデューサー指原のアドバイスは

175

=LOVEと指原莉乃(HKT48)。

=LOVEと指原莉乃(HKT48)。

=LOVEが本日9月5日に東京・東京ドームシティラクーアガーデンステージにて、デビューシングル発売記念イベントを行った。

明日9月6日リリースのシングル「=LOVE」でデビューを果たす彼女たち。イベント前に行われた囲み取材にはメンバーのほかプロデュースを手がける指原莉乃HKT48)も登場し、グループにエールを送った。

現在の心境を司会者から問われると、「=LOVE」でセンターを務める高松瞳は「3日前まで実感が湧かなかったんですけど、駅前にポスターを貼っていただいたり、宣伝トラックが走っていたりして、うれしい気持ちでいっぱいです」と喜びを明かす。プロデューサー・指原の印象を問われた齊藤なぎさは「かわいくて優しくて面白くて……大好きです」とぽつり。指原が「ありがとう。本当ですか? 一番好きなのは誰ですか?」と尋ねると、「山本さや……指原莉乃さんです!」と笑顔で返していた。

=LOVEにどんなグループになってほしいかという質問を受け、指原は「やっぱり私の力だけじゃ秋元康を超えられないので、みんなが秋元康を潰す勢いでがんばってほしいですね(笑)。私からはそんなこと言えないから、みんなにそういう気持ちでいってほしいなと」と冗談交じりに語る。またグループのコンセプトについては「あえて『普通』を選びました。AKBグループはじゃんけん大会をしたりプロレス興行を成功させたりと常に挑戦していて、乃木坂は清楚系、欅坂はアーティスト系の楽曲が多い中で、逆に『普通のアイドル』がいないんじゃないかって」と説明した。

AKBグループにはない魅力はどこかと聞かれた指原は、「私の口からは言いづらいですけど、みんな痩せてますね(笑)。これは私の趣味なんですけど。すごく厳しく言っているので」とプロデューサーらしい一面をのぞかせる。高松はオーディションを受けたときから現在までに約10キロ痩せたと告白し、取材陣を驚かせた。

デビュー曲について佐々木舞香は「指原さんは『推しを見つけたファンの気持ち』を書いたとおっしゃっていたんですけど、私は私たちのことを見つけたときの指原さんの気持ちとかも入っているんじゃないかなと思いました」とコメント。音嶋莉沙は「たくさんの人に愛される曲になればいいなって思います」、齊藤なぎさは「3曲とも素敵でかわいらしくてカッコよくて。大好きな曲なので、ぜひ聴いていただきたいです」とアピールする。また高松はデビューまでの道のりを振り返り「過酷な合宿を乗り越えてここまで来たので、私たちの成長をこれからも見守っていただけたらと思います」、大谷映美里は「デビュー前にも関わらずたくさんのことを経験させていただいて。ありがたい環境にいるので、初心を忘れずにこれからも12人でがんばりたいです」と意気込みを述べた。

初々しい彼女たちの様子を温かく見守っていた指原は、「=LOVEにアドバイスしたいこと」を問われると「変な質問をしてくるおじさんにも笑顔で対応すること」と即答し取材陣を笑わせる。また「思ったよりも普通にAKBのファンが(=LOVEに)流れてるのにびっくりして。『そんなあっさり?』みたいな(笑)」と打ち明け、場内の空気を和ませた。また指原がグループに抱く目標として「私が先輩たちに東京ドームに連れていってもらったように、いつかはみんなにも東京ドームに立ってほしいなと思います」と語ると、=LOVEメンバーは口々に「立ちたいです」と答え、今後の活動への意欲を示した。

囲み取材後、=LOVEはミニライブを実施。集まったファンのコールを一身に受けながら、デビュー曲「=LOVE」やシングルのカップリング曲「記憶のどこかで」「スタート!」を笑顔でパフォーマンスした。彼女たちは大盛り上がりの観客を眺め「こんなたくさん人が来てくれると思ってなかったから、本当にうれしいです! 全力でがんばっていきますので、応援よろしくお願いします!」と挨拶。ミニライブ後には握手会を行い、ファンとの交流を楽しんだ。

※「高松瞳」の高ははしご高が正式表記。

音楽ナタリーをフォロー