音楽ナタリー - 最新音楽ニュース

ちんぽやくざデビューライブで酩酊状態、“法律”破り客の顔に焼酎吹きかける

909

ステージ上で酒を飲み始めるちんぽやくざ。

ステージ上で酒を飲み始めるちんぽやくざ。

昨日4月3日に東京・下北沢SHELTERで行われたイベント「しろゴリラpresents『フリースタイルゴリラゴリラ』」にて、3月に結成されたばかりの女性2人組アイドルユニット・ちんぽやくざがデビューライブを実施。グループ名のインパクトもあってちんぽやくざは大きな注目を集め、彼女たちが初めてステージに立つこのイベントはニコニコ生放送で生中継された。

ちんぽやくざの出番になるとステージに座卓が置かれ、メンバーのちさ&るりちょが登場。固唾を呑んで見守る観客の前で、2人は座り込んで焼酎を飲み始めた。酒を飲み干した2人は、この日の1曲目として「ちんぽ」を連呼する「ちんぽやくざのテーマ」を歌いながら酩酊状態で大暴れ。曲が終わるとそれぞれ「鏡月2本空けてます、ちさです!」「テキーラ14杯飲んでます、るりちょです!」と、自己紹介代わりにこの日の飲酒量を報告した。

高速ドラムンベースの楽曲「ふすまやぶり100連発!!」では、毛筆で「法律」「約束」「沈黙」「世界新記録」などと書かれた半紙をちさが次々と拳で破っていく。さらに2人は男性客の1人をステージに引っ張り上げて、口に含んだ焼酎を彼の顔に吹きかけた。酒まみれになって呆然として立ち尽くすその男性をそのまま放置して、2人はライブを続行。その後、突然会場に“ちんぽファーザー”を名乗る男性の声が流れ、彼女たちに「声が全然出ていない」とダメ出しをした。

ちんぽファーザーに言われるがまま2人がステージ上で発声練習を始めると、会場からは「なんだこの茶番は!」「金返せ!」と罵声が飛ぶ。声の調子がよくなった2人は、エレポップ調の「すばる」「STAP細胞はありまぁす」を披露。「ちんぽとかやくざとか普段言えないから、ライブに来て憂さ晴らしに叫んでください」と挨拶し、最後にタイトル未定の激しいナンバーをパフォーマンスした。どんどん酔いが回ってきている彼女たちは、ベロベロになりながらフロアにダイブ。会場を混沌の渦に巻き込んで2人はステージを去った。

なお「しろゴリラpresents『フリースタイルゴリラゴリラ』」ではちんぽやくざのほか4組のアーティストがライブを行い、ライブの合間にはMCバトル大会が開催された。一番手のクリトリック・リスは、股間に装着したテルミンを時折鳴らしながら汗だくで絶唱。フロアの女性客に股間のテルミンを触らせて観客とのスキンシップを楽しんでいた。校庭カメラギャルは髪を振り乱しながらアグレッシブにラップを繰り出し、MCでは6月6日に東京・下北沢SHELTERで初のワンマンライブが決まったことを報告した。

掟ポルシェによる打ち込みデスメタルプロジェクト、ド・ロドロシテルは爆音ノイズの中で白目をむきながら、深くディレイをかけたマイクに向けて絶叫。その不気味なキャラクターのままデスボイスで観客に話しかけ、会場に笑いを起こした。トリを務めたライムベリーは堂々としたステージングでライブを展開。終了時間が押したため18歳未満のMC MISAKIはラストの1曲に参加できなかったものの、会場はこの日一番の盛り上がりになった。

またMCバトルでは、出場者のほとんどがフリースタイル未経験という状況の中、セルラ伊藤(絶対忘れるな)が初心者ながら持ち前のセンスを発揮してスギム(クリトリック・リス)、吉田靖直(トリプルファイヤー)、どついたるねんの山ちゃん率いる山村軍団、たっぴー(でぶコーネリアス)らを相手に9連勝。ラスボスとして登場したMC MIRI(ライムベリー)と好勝負を繰り広げつつ惜敗したが、会場から惜しみない拍手が贈られた。

さらにエキシビジョン試合として、ライムベリーのMC MIRI&MC MISAKI対スギム&トリプルファイヤー吉田のタッグマッチも実施。MIRIによるスキルフルなラップとMISAKIによる「キモイキモイキモイ!」の連呼に押されて完敗した男性チームは、観客からの「帰れ」コールを受けてステージを去った。

音楽ナタリーをフォロー