音楽ナタリー - 最新音楽ニュース

金木和也が新作でロックにイメチェン、GLIM SPANKYやAqua Timezメンバー参加

294

「がらんどう」ミュージックビデオのワンシーン。

「がらんどう」ミュージックビデオのワンシーン。

金木和也が3枚目のミニアルバム「大人」を2017年1月18日にリリースする。

今回の作品は過去2作のポップなイメージとはイメージを一新した、バンドサウンドを全面に押し出した1枚。リード曲「がらんどう」は若者の葛藤を表現した疾走感のあるロックナンバーで、ギターを亀本寛貴(GLIM SPANKY)、ベースをOKP-STAR(Aqua Timez)、ドラムを刄田綴色(ex. 東京事変)が演奏している。また、ラストの収められる「そっと大人に」はいしわたり淳治が歌詞を書いている。

彼のYouTube公式チャンネルでは本日11月30日より「がらんどう」のミュージックビデオを公開中。ディレクションは、女性メンバーのみで構成される映像創作ユニット「ピンクじゃなくても」が担当しており、金木本人がダンスに初挑戦したシーンも盛り込まれている。

ジャケットイラストは1stミニアルバム、2ndミニアルバムに続き笠井由雅子(Day Starter)が担当。デザインは、京都を拠点に活動するバンド・SATORIの内藤ちゃん(Dr)が手がけている。

金木和也「大人」収録曲

01. がらんどう
02. No rain No rainbow
03. 肌荒れ
04. 幸せへのまわり道
05. 不幸だった
06. そっと大人に

音楽ナタリーをフォロー