音楽ナタリー - 最新音楽ニュース

コレサワ、金木和也&あいみょんと歌声つないだ弾き語りの一夜

200

コレサワ(撮影:小坂茂雄)

コレサワ(撮影:小坂茂雄)

コレサワが6月17日に東京・青山 月見ル君想フにて自主企画ライブ「こしょこしょばなし」を行った。

このイベントにはコレサワのほかに金木和也、あいみょんが出演。3人はアコースティックギターを手に、思い思いの弾き語りライブを披露して集まったファンを楽しませた。

トップバッターで登場した金木はギターを構えると、カントリー調のナンバー「ダーウィン」でライブをスタートさせる。彼が威勢よくギターをかき鳴らすと観客からは大きな歓声が上がり、彼はその勢いのままに「がらんどう」をパワフルに披露した。

金木は「滋賀県から来ました、金木和也です」と自己紹介。続けてこの日のライブタイトルに絡め「“こしょこしょばなし”をひとつ」と切り出すと、ライブ前にコレサワが「金木くんVネックめっちゃ似合ってる」とTwitterでつぶやいたのを見て、私服のVネックTシャツのまま本番のステージに立っていることを明かした。会場が笑いに包まれると、彼は「こしょこしょ歌います」と「不幸だった」をプレイ。自身の後悔を歌にしたというこの曲を、静かに語りかけるように歌う。最後に届けられたのは新曲の「とは」。優しいギターの音色に歌声を重ねた金木は「今日は楽しんで帰ってください」と客席に語りかけて自身のステージを終えた。

「どうせ死ぬなら」の情熱的なアカペラで1曲目からオーディエンスを強く惹きつけたのは、2番手のあいみょん。まくしたてるように力強く歌う独特なスタイルで楽曲を歌い上げると、続けて天才バンド「君が誰かの彼女になりくさっても」のカバーを披露した。

「生きていたんだよな」ではステージ上が真っ赤な照明に照らされ、あいみょんは熱のこもった語りを自身のかき鳴らすギターに乗せる。友人のことを歌ったというミドルテンポナンバー「○○ちゃん」でフロアを盛り上げた彼女は、「世界一かわいい、ピュアなラブソングをやって終わります」と最後に「貴方解剖純愛歌 ~死ね~」をプレイ。オーディエンスによる大きな手拍子に体を揺らしながら、毒っ気たっぷりな言葉で好きな人への思いを歌うこの曲を楽しそうに届けていた。

コレサワは「ラビッシュムーン」でしっとりとライブをスタートさせ、小さな“こしょこしょ声”で「こんばんは。今日はたくさん歌うんで、楽しんで帰ってください」と観客に語りかけた。続く「ショートカットに憧れて」ではオーディエンスの手拍子が彼女の歌声を彩り、コレサワは柔らかな笑みを浮かべる。4曲目に披露されたのは、新曲の「フライデー」。「ミュージシャンや芸能人が恋愛沙汰でニュースをにぎわせているけど、そんなことは世間では日常茶飯事。目立つ人だから取り上げられてしまうんやな」と感じた思いを歌にしたというこの曲を、彼女は柔らかな歌声で歌い上げた。

続く「君のバンド」で自然に手拍子が起こると、コレサワは「今日はバンドメンバーがいないからコーラスがないんです。知ってる人がいたら歌ってください!」と呼びかけ、ファンと歌声を合わせて一体感を作り出す。自身の父親への思いを歌う「おやじ」がプレイされると、ライブはクライマックスへ。大きな満月がステージ奥に映し出され、その下に立つコレサワは「あたしを彼女にしたいなら」でキュートな歌声を響かせた。

アンコール前にはコレサワの新しいミニアルバム「ジエイポップ」のリリースが発表され、ステージに戻った彼女はこの作品に収録される「J-POP」を初披露。力強いリズムを刻みながら楽曲を歌い上げ「『ジエイポップ』、よろしくお願いします!」と叫ぶ。続くナンバー「ミッドナイトを駆け抜けて!」でライブは終幕。最後に最高潮の盛り上がりを生み出したコレサワは、ファンに「ありがとうございました!」と大きく手を振りながら、ステージをあとにした。

コレサワ弾き語り企画「こしょこしょばなし」
2016年6月17日 青山 月見ル君想フ セットリスト

金木和也

01. ダーウィン
02. がらんどう
03. ラッキー
04. 不幸だった
05. 大丈夫
06. とは

あいみょん

01. どうせ死ぬなら
02. 君が誰かの彼女になりくさっても(天才バンド)
03. 強がりました
04. 生きていたんだよな
05. ○○ちゃん
06. 貴方解剖純愛歌 ~死ね~

コレサワ

01. ラビッシュムーン
02. ショートカットに憧れて
03. 最終電車
04. フライデー
05. 君のバンド
06. 笑えよ乙女
07. おやじ
08. あたしを彼女にしたいなら
<アンコール>
09. J-POP
10. ミッドナイトを駆け抜けて!

音楽ナタリーをフォロー