音楽ナタリー - 最新音楽ニュース

“ニセ3人娘”も来た!23年目の「AAA」でPerfume、ポルノ、神木隆之介ら豪華共演

582

フィナーレの様子。(写真提供:アミューズ)

フィナーレの様子。(写真提供:アミューズ)

12月1日に東京・日本武道館にてライブイベント「Act Against AIDS 2015『THE VARIETY 23』~23年目のちょこっとリニューアル!武道館の中心であれもこれも叫ぶ!!~」が開催された。

「世界エイズデー」の12月1日にあわせ、1993年より毎年開催されているエイズ啓発イベントの「Act Against AIDS」。23回目の開催となる今年の公演には24組36人のアーティストが参加し、ライブパフォーマンスやポエトリーリーディングなど、公演タイトル通りバラエティに富んだステージを展開した。

開演時間を迎えると岸谷五朗寺脇康文三浦春馬の3人がタモリ風の扮装をしてステージに登場する。彼らは「ミュージックステーション」のテーマ曲「#1090 ~Thousand Dreams~」に乗せて出演者を舞台上に招き、「準備ができたみたいなんで、いったんCMです」という言葉でイベントをスタートさせた。

トップバッターを務めたのはポルノグラフィティ。新藤晴一(G)のかき鳴らす情熱的なアコースティックギターの音色と共に、1曲目には「オー!リバル」が届けられた。続く「幸せについて本気出して考えてみた」では岡野昭仁(Vo)がステージの両サイドに長く伸びた道を歩きながら歌声を響かせる。彼は「皆さん、暴れて帰りましょう!」と呼びかけ、観客は拳を突き上げてこの声に応じた。ラストナンバーの「ハネウマライダー」ではタオル回しで会場が一体となる。客席の熱気に、岡野は「皆さんありがとう。今日はきっと素敵な1日になりますから!」と伝えてライブを終えた。

続けて登場した岸谷香は「ママ友でもあるちさ子ちゃんに来てもらいました」と高嶋ちさ子を呼び込む。2人は「世界でいちばん熱い夏」「M」の2曲をセッションし、岸谷のさわやかな歌声と高嶋の豊かなバイオリンの音色が会場に響き渡った。サンプラザ中野くんと小峠英二(バイきんぐ)によるユニット・坊坊主はパッパラー河合とともにステージへ。バックバンドのラウドな演奏に乗せて、薄毛の人を励ます応援歌「励メタル」を披露した。中野くんは「ハゲましあってるかい!?」と叫び、小峠はこれに「ボーボー!」と返す。中野くんの「みんな歌えるよ!」という曲紹介からドロップされた「RUNNER -30th ANNIVERSARY Ver.2015」では中野くんも小峠もステージを駆け巡り会場を盛り上げ、小峠は「こうやって武道館に立たせていただけるなんて……なんて日だ!」と感激していた。

イベントの中盤には、Perfumeの“ニセモノ”が会場を沸かせる場面も。岸谷五朗が「今年も頼むぞ、3人娘よ!」と叫ぶと、ステージ上には逆光に照らされた3つのシルエットが浮かび上がる。Perfume「レーザービーム」のイントロに観客は大きな歓声を上げたが、その3人の正体は近藤春菜(ハリセンボン)、森カンナ吉高由里子によるPerfumeのパロディユニット。3人は力強い視線を客席に投げながらこの曲を歌い踊り、「はっちです」「ゆりちゃんです」「森カンです」「3人合わせてバキュームです!」と自己紹介した。はっちこと近藤は「私たちもやっと武道館に立てたね! 15年間やってきたけえ、うれしい!」と感激の表情を浮かべ、ゆりちゃんこと吉高も「今日は私たちのために集まって下さって、ホンマにありがとう!」と広島弁のイントネーションで挨拶した。進行役の寺脇と岸谷五朗がステージに登場すると、3人は前日の深夜まで近藤の自宅でダンスの練習をしていたことを明かす。近藤は「本物(Perfume)が付き合ってくれて、特訓しました」とPerfumeの3人に感謝を伝えた。

今秋上演されたミュージカル「RENT」に出演した堂珍嘉邦、TAKE(Skoop On Somebody)、ソニンら7人のキャストは劇中歌「RENT」「I'll cover you」をメドレー形式で披露。続く「Seasons of Love」では2012年度版のこのミュージカルに出演した賀来賢人石田ニコルが花道から姿を見せ、新旧のキャストが豊かなハーモニーを響かせる。リードボーカルを取ったソニンは圧倒的な声量で楽曲を歌い上げ、大きな喝采を浴びていた。

「RENT」チームの華やかなステージのあとには三浦、神木隆之介、吉高によるポエトリーリーディングが観客へ届けられた。ラオスで実施されているエイズ対策への支援活動を視察した三浦は「ラオスの子供たちとの交流を通して、生きることの尊さを学びました」と話し、森雪之丞「あなたに泣いてほしくて」を朗読。感情のこもった3人の語りに、観客はじっくりと耳を傾けた。彼らからバトンを受け取った寺脇、岸谷五朗ら地球ゴージャスの面々は「クザリアーナの翼」より「ジャメーリアよ!蜂起せよ」と、「星の大地に降る涙」主題歌のEXILE「愛すべき未来へ」を披露する。寺脇、岸谷五朗、三浦以外のキャストがステージを去ると、中野くんと神木が姿を見せ、5人は「Brave Love, TIGA」を熱唱。今回AAAに初参加した神木は「皆さんの作った大切な時間と場所に参加することができて幸せです!」と笑顔を浮かべた。

イベントのトリを務めたのはPerfume。彼女たちは、先ほど登場した「バキューム」とまったく同じ演出で「レーザービーム」を披露して会場を沸かせる。2曲を披露し終えると、あ~ちゃんは「うちらのニセモノがやって来たじゃろ? ステージでは大きなこと言ってたけど、裏では緊張してました(笑)。でもあの人、最強じゃね!」と近藤を絶賛。のっちも「皆さんとすぐに仲良くなってたね」と続いた。「P.T.A.のコーナー」ではクリスマスを意識したサンタクロースのポーズとトナカイのポーズで客席を盛り上げる3人。Perfumeと同じポーズをするオーディエンスを見つめたかしゆかは、客席に笑顔でOKサインを投げた。あ~ちゃんが「仕上がってきましたね。このまま行くよ!」と言うと「チョコレイト・ディスコ」がスタート。彼女たちの歌声に合わせて、観客は大きな「ディスコ!」コールを送る。ラストナンバーの「MY COLOR」でも3人は笑顔でリズムに乗り、花道を歩きながら客席へ手を振った。

ステージ上にこの日の出演者が勢ぞろいすると、イベントはフィナーレへ。出演キャストは全員で「一人じゃないから」を歌い上げる。挨拶のマイクを握った岸谷五朗は出演者とスタッフに感謝を伝え、寺脇は「みんなのエネルギーは世界の平和へつながると思います。来年もよろしくお願いします」とメッセージを送っていた。

Act Against AIDS 2015『THE VARIETY 23』~23年目のちょこっとリニューアル!武道館の中心であれもこれも叫ぶ!!~
2015年12月1日 日本武道館 セットリスト

ポルノグラフィティ

01. オー!リバル
02. 幸せについて本気出して考えてみた
03. サウダージ
04. ハネウマライダー

岸谷香 / 高嶋ちさ子

05. 世界でいちばん熱い夏
06. M

坊坊主 / パッパラー河合

07. 励メタル
08. RUNNER -30th ANNIVERSARY Ver.2015

吉高由里子 / 森カンナ / 近藤春菜(ハリセンボン

09. レーザービーム

ミュージカル「RENT」

10. RENT
11. I'll cover you
12. Seasons of Love

神木隆之介 / 三浦春馬 / 吉高由里子

13. あなたに泣いてほしくて(ポエトリーリーディング)

岸谷五朗 / 寺脇康文 / 藤林美沙 / 小林由佳

14. ジャメーリアよ!蜂起せよ

岸谷五朗 / 寺脇康文 / 藤林美沙 / 小林由佳 / 三浦春馬 / 平間壮一

15. 愛すべき未来へ

岸谷五朗 / 寺脇康文 / 三浦春馬 / サンプラザ中野くん / 神木隆之介

16. Brave Love, TIGA

Perfume

17. レーザービーム
18. Pick Me Up
19. チョコレイト・ディスコ
20. MY COLOR

オールキャスト

21. 一人じゃないから

音楽ナタリーをフォロー