G-FREAK & locofrank、幕張をポジティブな空気で染め上げる

234

PIZZA OF DEATH RECORDS主催のライブイベント「SATANIC CARNIVAL'15」が、本日6月20日に千葉・幕張メッセ 国際展示場9-11ホールで開催中。この記事ではEVIL STAGEでライブを行ったG-FREAK FACTORYlocofrankのライブの模様をレポートする。

G-FREAK FACTORY(撮影:瀧本 JON...行秀)

G-FREAK FACTORY(撮影:瀧本 JON...行秀)

大きなサイズで見る(全10件)

G-FREAK FACTORY

茂木洋晃(Vo / G-FREAK FACTORY)(撮影:瀧本 JON...行秀)

茂木洋晃(Vo / G-FREAK FACTORY)(撮影:瀧本 JON...行秀)[拡大]

G-FREAK FACTORYのステージは、楽器隊がジャムセッションでオーディエンスを迎える形で幕を開けた。ダビーなサウンドでフロアが程よく温まった頃、茂木洋晃(Vo)が登場。「『SATANIC CARNIVAL'15』、G-FREAK FACTORY初見参!」と雄叫びをあげ、ハードなギターリフがさく裂する「Unscramble」からライブをスタートさせた。茂木は早速客席エリアに降り、オーディエンスとともに暴れまくる。フロアとステージの垣根を取り払ったところで、ポジティブなメッセージを込めたレゲエチューン「日はまだ高く」を届けた。

髭面に長髪というワイルドなルックスの茂木は「こう見えても、清潔感だけは意識してます。G-FREAK FACTORYです」と冗談をかますも、続く「島生民」では一転してシリアスなムードを醸し出す。重厚なバンドサウンドに乗せて、茂木は現代社会や音楽に対する思いの丈を叫び、観客を圧倒していく。そしてG-FREAK FACTORYのライブは、優しいサウンドが観客を包み込む「EVEN」でクライマックスへ。「また会えたらいいね」という茂木の言葉が力強く場内に響きわたった。

locofrank

locofrank(Photo by Teppei Kishida)

locofrank(Photo by Teppei Kishida)[拡大]

森勇介(G, Vo)が爪弾くメランコリックなギターでライブの始まりを告げたlocofrankはまず、「STARLIGHT」でフロアを埋め尽くすオーディエンスの熱狂に火を点ける。さらに3人は時間が惜しいとばかりに、小気味いいサウンドで観客を踊らせる「Mountain range」、高速のパンクチューン「Before It's Too Late」などを矢継ぎ早に投下。木下正行(Vo, B)は激しく動き回りながら伸びやかに歌い上げ、曲の合間に「幕張、いこうぜ!」と威勢よく叫びオーディエンスを煽っていく。

EVIL STAGEに集まる観客の数は時間が経つにつれて増えていき、バンドの演奏にはそれとともにますます力がこもっていく。またメンバーが発するポジティブな空気がフロアにも伝播し、オーディエンスは笑顔で3人のプレイを受け止める。そして8曲が立て続けに披露されたあと、木下が最初で最後のMCを実施。「ライブハウスをそのまま持ってきたようなカーニバルが大好きです。最後までケガなく帰れよ!」と叫んだ彼は、別れの挨拶代わりに「START」を届けてEVIL STAGEをあとにした。

この記事の画像(全10件)

関連する特集・インタビュー

G-FREAK FACTORYのほかの記事

リンク

このページは株式会社ナターシャの音楽ナタリー編集部が作成・配信しています。 G-FREAK FACTORY / locofrank の最新情報はリンク先をご覧ください。

音楽ナタリーでは国内アーティストを中心とした最新音楽ニュースを毎日配信!メジャーからインディーズまでリリース情報、ライブレポート、番組情報、コラムなど幅広い情報をお届けします。