音楽ナタリー - 最新音楽ニュース

ありがとうFANKS!TM NETWORK30周年公演締めくくる

3916

「TM NETWORK 30th FINAL CONCERT」3月22日公演の様子。パフォーマンスを終え、FANKSの前に立つTM NETWORK。

「TM NETWORK 30th FINAL CONCERT」3月22日公演の様子。パフォーマンスを終え、FANKSの前に立つTM NETWORK。

TM NETWORKが3月21、22日に神奈川・横浜アリーナでワンマン公演「TM NETWORK 30th FINAL」を実施。この記事では22日公演の模様をレポートする。

オープニング映像にTM NETWORKの3人と、サポートメンバーの阿部薫(Dr)、葛城哲哉(G)、松尾和博(G)、Ruy(Percussion)の名前が1人ずつ表示されるたび、横浜アリーナに集まった約1万人のFANKS(ファンの総称)から拍手が巻き起こる。そしてステージ後方からメンバーが登場し、トーキングモジュレーターの音色が印象的なナンバー「RHYTHM RED BEAT BLACK」をプレイ。宇都宮隆(Vo, G)は独特なステップを踏みながら歌い、観客を盛り上げていく。続けてバンドは火柱の演出を交えて「Children of the New Century 2015」を、流れ星の映像とともに「Here, There & Everywhere」を演奏した。

小室哲哉(Key)が総合演出を担当した今回のステージで、コンセプチュアルなパフォーマンスが色濃く打ち出されたのは中盤の「A Day In The Girl's Life」から始まる“CAROL組曲”。彼らは過去のライブの模様やコンセプト作品「CAROL」の主人公、キャロル・ミュー・ダグラスが登場する映像などを多用して「CAROL」収録曲を次々と披露。宇都宮の合図とともに音や映像がすべて止まるという演出が行われた際には、オーディエンスも息を潜めて展開を見守った。そして組曲の最後を飾ったのは「Just One Victory」。宇都宮がドラマティックな楽曲展開に合わせて手を挙げると、FANKSも引き寄せられるように腕を掲げた。

休憩を挟んでスタートした後編で最初に歌声を披露したのは木根尚登(G, Key)。彼は葛城とRuyを率いてステージ中央に立ち、大きな月の映像をバックにエキゾチックなバラードナンバー「月はピアノに誘われて」を披露した。そして小室は自らのソロ演奏で「Self Control(方舟に曳かれて)」「DIVE INTO YOUR BODY」のフレーズを挟みながら強烈なエレクトロサウンドを放ったのちに、阿部とRuyによる躍動的なリズム、木根のしっとりとしたアコースティックギターサウンドを合わせ、宇都宮の登場とともに「GET WILD」のパフォーマンスへと移行。楽曲の終盤には自らの目の前に設置されたシンセサイザーの1つをスタンドから抱えステージ前方へ歩み出て、観客の前でトリッキーなサウンドを繰り出したのちにシンセを放り投げる。シンセがステージの床に叩きつけられると同時に、花火の炸裂音が会場に鳴り響いた。

その後はミラーボールに反射する光が会場を包んだ「We Love The Earth」、宇都宮が「30周年みんなありがとう!」と声を発すると同時に金銀のテープが発射された「Be Together」などアンセムが続く。「I am」では木根、宇都宮、そしてショルダーキーボードを提げた小室がそれぞれステージ前方にて名残惜しそうに観客を見守るシーンも。そして最終曲「Fool On The Planet」を終えると、3人はステージ中央に。FANKSから温かい拍手を浴び、CO2に包まれながらステージ上から姿を消した。

TM NETWORK「TM NETWORK 30th FINAL CONCERT」
2015年3月22日 横浜アリーナ セットリスト

01. RHYTHM RED BEAT BLACK
02. Children of the New Century 2015
03. Here, There & Everywhere
04. SCREEN OF LIFE
05. Birth
06. CAROL 2015 M1
07. A Day In The Girl's Life
08. Carol (Carol's theme I)
09. Gia Corm Fillippo Dia
10. CAROL 2015 M2
11. In The Forest
12. Carol (Carol's theme II)
13. Just One Victory
14. 月はピアノに誘われて
15. あの夏を忘れない
16. TK SOLO~ Get Wild 2015
17. We Love The Earth
18. Be Together
19. I am
20. Fool On The Planet

音楽ナタリーをフォロー