TAKUYA&ミッツ、台湾出身AARON新曲でコラボ

503

台湾出身のアーティスト、AARONが3月18日に日本での1stシングル「MOISTURIZING」をリリース。これを記念した記者会見が本日3月20日に東京都内で行われた。

写真左からTAKUYA、AARON、ミッツ・マングローブ。

写真左からTAKUYA、AARON、ミッツ・マングローブ。

大きなサイズで見る(全6件)

歌手としてだけでなく俳優としてもアジア各国で活躍し、2011年6月にミニアルバム「THE NEXT ME」で日本ソロデビューを果たしたAARON。今回の作品は初の日本オリジナルシングルで、収録曲2曲の作曲とプロデュースをTAKUYAが、タイトル曲の作詞をミッツ・マングローブが手がけている。タイトル曲「MOISTURIZING」はジャジーな雰囲気を漂わせたクールなサウンドとロマンチックで官能的な歌詞が絡み合う、これまでのAARONの楽曲とは異なる雰囲気のナンバーだ。

AARONとTAKUYAは2013年に行われたライブイベント「a-nation'13」にて、佐久間正英率いるスペシャルバンドでの共演を通じて知り合った仲。AARONはTAKUYAの印象を「すごく男らしくて、何にも縛られない自由な雰囲気があります」と語り、TAKUYAも「今までいろんな人の横でギターを弾いてきたけど、彼は“持ってる”なと思いましたね」と返した。

AARON

AARON[拡大]

この共演が縁となって今回の作曲とプロデュースが実現したが、作詞はTAKUYAからミッツにオファーをしたとのこと。ミッツに作詞を依頼した理由についてTAKUYAが「見てのとおり、いい男なんで……」と話し始めると、ミッツが「えっ、AARONがだよね!? 誤解されちゃうよ!(笑)」と突っ込み笑いを誘う。改めてTAKUYAは「“イケてる男子”にこだわりがある人に歌詞を書いてほしいなと思って。それで『そうだ、ミッツがいるじゃないか』と思ったんです」と話し、ミッツも「オファーはうれしかったけど、この人正気かな?と思って(笑)。でも『いい男に言わせたい、歌わせたいことを詞に託してほしい』ということだったんで、一生に一度でいいから経験したいシチュエーションを書いてみました」と語った。

台湾で放送されている日本のテレビ番組を観てミッツを知っていたというAARONは「ミッツさんはいろいろな経験をされてて、背も高いけど学歴も高いんだなと(笑)。そんな人が書いてくれる詞なので期待に応えられるか心配でしたが、自分でも気付かなかった新しいAARONを見つけられました。これからもお2人と一緒にお仕事ができるとうれしいです」とコメント。TAKUYAも「こんなにいい曲ができることはなかなかなくて、奇跡に近いと思っています。自信作なのでぜひ聴いてください」とアピールした。

なお、AARONは本日3月20日(金)21:00より、ニコニコ生放送の特別番組に出演する。ゲストとしてTAKUYAも登場するので、ぜひチェックしてみよう。

ニコニコ生放送「AARON'S BAR 2~素のAARONに迫る90分~」

配信日時:2015年3月20日(金)21:00~23:00(予定)
配信URL:http://live.nicovideo.jp/watch/lv212929381

この記事の画像・動画(全6件)

TAKUYAのほかの記事

リンク

関連商品

このページは株式会社ナターシャの音楽ナタリー編集部が作成・配信しています。 TAKUYA の最新情報はリンク先をご覧ください。

音楽ナタリーでは国内アーティストを中心とした最新音楽ニュースを毎日配信!メジャーからインディーズまでリリース情報、ライブレポート、番組情報、コラムなど幅広い情報をお届けします。