音楽ナタリー - 最新音楽ニュース

ETAカウントダウン、歌い手やボカロPたちと盛大に年越し

659

「EXIT TUNES ACADEMY FINAL COUNTDOWN SPECIAL 2014-2015」東京・TOKYO DOME CITY HALL公演の様子。

「EXIT TUNES ACADEMY FINAL COUNTDOWN SPECIAL 2014-2015」東京・TOKYO DOME CITY HALL公演の様子。

音楽レーベル・EXIT TUNES主催のカウントダウンイベント「EXIT TUNES ACADEMY FINAL COUNTDOWN SPECIAL 2014-2015」が、12月31日から1月1日にかけて東京・TOKYO DOME CITY HALLで開催された。

オープニングアクトのアニソンディスコが新旧織り交ぜたアニソンを畳み掛けるDJプレイで会場を温めた後、ステージに登場したのはETAの常連である__(アンダーバー)。彼はライブの定番曲「ギガンティックO.T.N」をフロアに叩き込みオーディエンスのテンションを一気に引き上げた。その後も灯油「マトリョシカ」、kradness「ラズベリー*モンスター」、YM「センセーショナル」といったアッパーチューンが矢継ぎ早に披露されていく。現役女子高生の歌い手・いかさんは男声と女声を巧みに使い分けた“1人デュエット”を歌唱して観客たちを驚かせた。

ライブの中盤には、まじ娘とみきとP、YMによる「世田谷ナイトサファリ」や松下とMayumi Morinagaによる「きょうもハレバレ」など、多彩なコラボステージが展開される。またニコニコ動画の“踊ってみた”カテゴリなどで人気を博すギルティ†ハーツやアルスマグナは、ボーカロイドの歌声に合わせてキレのあるダンスを披露。またluzやkradnessといった歌い手たちのステージにも姿を現し、オーディエンスは普段観ることのできない“歌ってみた”と“踊ってみた”の共演を楽しんだ。

ぐるたみんが新曲「Journey」とシングル曲「センセーション・シグナル」を歌い上げると時刻は23:57に。ステージ上に出演者たちが駆けつけると会場全体で年明けまでのカウントダウンが行われ、お祭り騒ぎの中、新たな1年の幕が開けた。ぐるたみんと164は年明け1発目に「天ノ弱」を演奏し、ライブを再開させる。その後登場したりょーくんはMCの中で、4月のツアーをもって歌い手を卒業する旨をオーディエンスに告知。突然の発表に会場から戸惑いの声が上がる中、りょーくんは「ありがとうございました」と観客たちに感謝の気持ちを口にし「青」を歌唱した。

__(アンダーバー)の「こちら、幸福安心委員会です。」では、ゲストとしてサンリオピューロランドからハローキティが駆けつける。ハローキティは観客とともに「アンダーバーは?」「最高です!」のコール&レスポンスに合わせた振付を観客と一緒に披露し、一体感のあるステージを演出した。ぐるたみんの「千本桜」でステージの幕は一旦閉じたものの、観客たちのアンコールを受けて出演者たちはステージ上に再び姿を現す。彼らはこの日のラストナンバー「いーあるふぁんくらぶ」を観客とともに大合唱し、新たな年明けを祝うイベントはフィナーレを迎えた。

音楽ナタリーをフォロー