「そして、バトンは渡された」永野芽郁の父演じた田中圭、どや顔したくなる

1

1478

この記事に関するナタリー公式アカウントの投稿が、SNS上でシェア / いいねされた数の合計です。

  • 192 1282
  • 4 シェア

そして、バトンは渡された」の大ヒット御礼舞台挨拶が本日11月4日に東京・新宿ピカデリーで行われ、キャストの永野芽郁田中圭が登壇した。

「そして、バトンは渡された」大ヒット御礼舞台挨拶の様子。左から田中圭、永野芽郁。

「そして、バトンは渡された」大ヒット御礼舞台挨拶の様子。左から田中圭、永野芽郁。

大きなサイズで見る(全7件)

「そして、バトンは渡された」ポスタービジュアル

「そして、バトンは渡された」ポスタービジュアル[拡大]

本屋大賞を受賞した瀬尾まいこの同名小説を前田哲が映画化した本作。4回名字が変わった主人公・優子と血のつながらない父“森宮さん”、自由奔放な魔性の女・梨花と義理の娘みぃたんという2つの家族が、優子のもとに届いた手紙をきっかけに交差していくさまが描かれる。永野が優子、田中が森宮さん、石原さとみが梨花を演じた。

永野芽郁

永野芽郁[拡大]

田中圭

田中圭[拡大]

永野は「ここに来るまでの間に、観に行ってきたよと友人から連絡があって。泣きすぎてマスクがびしょびしょで、替えのマスクを持ってくればよかったと言っていました。友達も泣いてくれるんだなとうれしかったです」と反響を伝える。もともと原作のファンで優子を娘に演じてほしいと熱望していた永野の母も作品を鑑賞したそうで、永野が「母から電話が掛かってきて、3秒間くらい沈黙だったんです。間違い電話かと思っていたら、鼻が詰まっていて本当に泣いていたんだなという声で。『泣きましたー』と喜んでいました(笑)」と述べると、田中も「引くぐらい泣いたとか、何回泣いたよとか言ってくれる人が多いです。泣くポイントがたくさんあるんですよね!」と語った。

左から田中圭、永野芽郁。

左から田中圭、永野芽郁。[拡大]

本作で初共演を果たした永野と田中。永野は「いつかご一緒できたらいいなと思っていたんですが、初めて現場でお会いして、田中さんは一瞬で好きになる魅力が爆発している人だなと思いました」と言い、「そんな人が自分の父親を演じてくれて本当にうれしかったです。森宮さんは優しくて温かくて、優子だけじゃなく、周りの皆を気付かないうちに包んでくれているような人だなと思っていたので、田中さんはすごくぴったりで、ただ安心して付いて行こうと思いました」と絶賛する。田中は照れながら「芽郁ちゃん自身も、優子ちゃんみたいにずっとキラキラした笑顔を見せていて、現場も明るかったです。一緒にお芝居をしているときも、完成品を観ても優子ちゃんのお父さんを演じさせていただいてよかったなと、どや顔したくなりました(笑)。本当に幸せでした」と伝えた。

左から田中圭、永野芽郁。

左から田中圭、永野芽郁。[拡大]

永野が「『お芝居の向き合い方が似ているなと思った』と田中さんが言ってくださったことがあって、すごくうれしかったです」と明かすと、田中は「現場でのスタンバイ中から本番が始まるまでの自分の持って行き方だったり、アプローチの仕方や受け取り方が、いい意味で女優さんっぽくなく、切り替えが自然ですごく好きでした」とコメント。そして、今後はどんな役で共演してみたいか?という質問が飛ぶと、永野は「上司と部下をコメディで演じたいです!」と答え、田中は「芽郁ちゃんをいじり倒したいです。台本にないこととか言って、シンプルに困らせたいです(笑)」と返した。

「そして、バトンは渡された」は全国で公開中。

この記事の画像・動画(全7件)

(c)2021 映画「そして、バトンは渡された」製作委員会

読者の反応

  • 1

映画ナタリー @eiga_natalie

【イベントレポート】「そして、バトンは渡された」永野芽郁の父演じた田中圭、どや顔したくなる
https://t.co/kRcgfL5hPT

#そしてバトンは渡された #永野芽郁 #田中圭 https://t.co/dW5gMu5CGU

コメントを読む(1件)

関連記事

永野芽郁のほかの記事

リンク

関連商品

このページは株式会社ナターシャの映画ナタリー編集部が作成・配信しています。 そして、バトンは渡された / 永野芽郁 / 田中圭 / 前田哲 の最新情報はリンク先をご覧ください。

映画ナタリーでは映画やドラマに関する最新ニュースを毎日配信!舞台挨拶レポートや動員ランキング、特集上映、海外の話題など幅広い情報をお届けします。