映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

「8年越しの花嫁」土屋太鳳、結婚式場で佐藤健に迫る「私のドレス姿どうですか?」

2594

土屋太鳳(右)のベールを上げる佐藤健(左)。

土屋太鳳(右)のベールを上げる佐藤健(左)。

8年越しの花嫁 奇跡の実話」の公開直前イベントが本日11月28日に東京・アーフェリーク白金にて開催され、佐藤健土屋太鳳が登壇した。

実話をもとにした「8年越しの花嫁 奇跡の実話」では、結婚式の直前に倒れ意識不明となった花嫁・麻衣を待ち続ける青年・尚志の苦悩と愛が描かれる。結婚式場で開催されたこのイベントに、2人はタキシードとウエディングドレスの装いで登場。「いつもとはまったく違った緊張感があります。ちょっとソワソワしてます」と顔をこわばらせる佐藤に対して、土屋は「たくさんの夫婦がスタートを切るこういう場所に立つことができて、幸せな空気を感じております。きっと愛の空気なんだろうな」と笑顔で話す。

タキシード姿について土屋から「この距離で拝見すると、迫力がありますね」と言われた佐藤は、「いつもこの距離だったと思うけど!?」とツッコむ。土屋はさらに「撮影のときは尚志さんだったけど、今日は健先輩のタキシード姿なんだなと思って。髪型が違うから動揺してしまった。今日は世界中の女性を代表してしっかり立とうと思いました」と続ける。登場時の自身のエスコートを、佐藤は「40点くらいですね。もうちょっと心にゆとりを持ってやりたかったんですけど、緊張しちゃって」と辛口採点。また劇中で着用したものと同じウエディングドレスで登場した土屋は、自ら佐藤に「健先輩、私のドレス姿どうですか?」と迫る。「前代未聞だよ、そんな花嫁!」と笑われながらも、「もちろん、おきれいです」と言われると照れた表情を浮かべた。

イベントでは、この日のために制作された“ハチハナツリー”がお披露目に。結婚を控えるカップルたちが8年後への思いをつづったカードで作られたこのツリーを見て、土屋は「愛ですね。愛の言葉がたくさん詰まってるんだなと思って、とても幸せな気持ちです」とコメントする。

後半には、観客とのQ&Aコーナーを実施。「この映画に出演して、結婚したくなりましたか?」という質問に、佐藤は「もともと、いつかしたいという気持ちはあった。実際に尚志さんと麻衣さんにお会いして、間違いなくそこに夫婦という1つの理想の形を見ることができたので、より憧れが強くなりました」と回答する。一方土屋は「いつかは結婚に“挑戦”できたらいいな」と独特な言葉遣いで笑いを起こした。さらに理想のプロポーズを聞かれると、佐藤は「プロポーズに理想を持つのは女性じゃないですか? 男はできるならやりたくない、気の重くなるイベントの1つだと思いますね」と苦笑いし、「もし自分が本当にやるとしたら、かなりさりげなくしかできないかな」と話す。続いて土屋は「相手の方が一生懸命考えてくれたものが一番うれしい。やっぱり35億分の1に出会いたいですね(笑)」と発言し、「ね!」と佐藤に同意を求める。それを受け佐藤は「巻き込んだね、今(笑)。35億ってどうしても言いたかったんだね」とクールに返した。

最後に土屋は「8は末広がりですし、横にすると無限大という意味があるので、とても縁起がいい数字。この場所で『8年越しの花嫁』という作品に無限大の愛情を注ぐことができて幸せに思います」と挨拶。また佐藤は「土屋さんはちょっととぼけたところもあるんですけど、現場では本当に難しい芝居を要求されて、それに全力で応えていた。ここまで相手の女優さんを応援しながら一緒にお芝居したのは初めてです。土屋さんの芝居を観るだけでも、お金を払ってこの映画を観る価値がある」と絶賛。そして「8年間の末に起こる最高の奇跡に、きっと幸せな気持ちになっていただけると思います」と映画をアピールし、イベントを締めくくった。

「8年越しの花嫁 奇跡の実話」は12月16日より全国でロードショー。

(c)2017「8年越しの花嫁」製作委員会

映画ナタリーをフォロー