映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

「8年越しの花嫁」佐藤健が土屋太鳳に手紙朗読「命に向き合える唯一無二の女優さん」

2207

「8年越しの花嫁 奇跡の実話」初日舞台挨拶の様子。

「8年越しの花嫁 奇跡の実話」初日舞台挨拶の様子。

本日12月16日、「8年越しの花嫁 奇跡の実話」の初日舞台挨拶が東京・丸の内ピカデリーにて行われ、キャストの佐藤健土屋太鳳薬師丸ひろ子杉本哲太浜野謙太中村ゆり、監督の瀬々敬久が登壇した。

本作は、YouTubeに投稿された動画をきっかけに話題となり、書籍化もされた実話を映画にしたもの。結婚式の直前に倒れ意識不明となった花嫁・麻衣を待ち続ける青年・尚志の苦悩と愛が描かれる。尚志を佐藤、花嫁の麻衣を土屋が演じた。

佐藤は「1年前くらいに岡山で撮影していたのですが、撮影してるというよりも岡山人として生活してるって感覚が強かった。その延長線で現場に立ちたいなと思っていて。尚志さんという人の人生を生きさせてもらったような時間でした」と述懐する。土屋は「いろんな方々にたくさん愛情を注いでいただいたこの作品がいろんな劇場で封切られていると思うと胸がいっぱいです」と挨拶した。

浜野は佐藤と土屋の演技について「2人の並々ならぬ気合いがものすごく画に出てて圧倒された。そして瀬々監督の画力!」と感嘆したことを明かす。そして、「チャラい先輩役の僕は、役作りといったら撮影の前日に岡山でナンパして飲み歩いたくらいなんですけど」とエピソードを披露して客席を沸かす。瀬々は作品について「人生の試練というのは普通の人々にもいつか訪れることもあると思う。本人たちの努力のほかに周囲の人々の愛でがんばれた2人の映画だと思いますので、皆さんが共有できる話だと思います」とアピールした。

続いて、8年に合わせて8段の大きなクリスマスケーキが壇上に運び込まれる。結婚式のように土屋が佐藤にファーストバイトをし、客席を盛り上げた。さらに、サプライズで佐藤が土屋への思いを綴った長文の手紙を朗読することに。佐藤は「こんなにも素敵な作品でともに人生を歩めたこと、心よりうれしく思います」と感謝を述べ、「現場で僕に向けてくれたそのエネルギーが僕のガソリンであり、もはや役作りのすべてでした。命というものに本当の意味で向き合うことのできる唯一無二の女優さん。この作品を終えた今、僕があなたに抱く印象です。『8年越しの花嫁 』僕の宝物です」と思いを読み上げた。

土屋は「去年いろんな作品をやっていて、気持ちが追いつかないでつらい部分もありました。こんなに素敵な物語で健先輩と一緒に作品を作れることを励みに踏んばっていた部分もあります」と述懐。そして「こんな素晴らしい役者さんと同じ時代に生きることができて、間に合ってよかったー!と思います。このお手紙を家宝にしたいと思います」と明るく語り、感激を露わにした。

「8年越しの花嫁 奇跡の実話」は全国でロードショー中。

(c)2017「8年越しの花嫁」製作委員会

映画ナタリーをフォロー